宇宙空間で君とドライブを

HOMEMAIL


「もてすぎる恋人を持つと、気苦労がたえないな。君は僕が守るから、安心してくれたまえ」

 地球と月の戦争が始まって八年。日本の戦災孤児院で、家事や育児に追われる少女、朝乃は突然、敵国の月面ドーム都市に落とされた。
 右も左も分からない世界で、そばにいるのはキザでナンパな優男、ドルーア。頼りになるのかならないのかよく分からない彼とともに、朝乃は行方不明の双子の弟を探す決意をするが……。

 甘い言葉をはくけれど恋人にはなってくれない男と、世界最高の超能力者らしい双子の弟。恋と超能力と星間戦争の、少女向けライトノベル。

ライトSF・恋愛・長編・連載中
一章から四章までのあらすじとキャラクター紹介

第1章

1 日常は、ある日いきなり崩れ落ちる

2 キスしたい

3 十七才ということは、二十三世紀生まれ

4 ダージリンとアールグレイがある

5 ロボットにも兵器にも興味が持てなかった

6 マナーの悪い女性ファン

7 月の低重力のために

8 亡命してきた日本人

9 君にぴったりの服

第2章

1 あわただしい孤児院の日常

2 十八才未満の少年兵

3 宇宙港

4 カレーライスを食べ終わるころには

5 恋人として不適切

6 エプロンとタブレット型コンピュータ

7 火星移住計画

8 世界最高の超能力者

9 彼のことが好きだ

第3章

1 月面都市では、人口的にしか雨は降らない

2 おなかの中の赤ん坊は今、何グラム

3 いつ英語を勉強したのかな

4 そらから降ってきた天使

5 忍者のまつえい

6 ドラマの役がらどおりの性格

7 レーザー銃で撃たれた

8 バスケットボールを続けている

9 誘拐未遂事件について

10 一緒にアイスを食べないか

11 プライドをかなぐり捨てて

12 恋人は作らないと約束した

13 星間戦争の歌姫

番外編

前日譚――ボードゲーム

前日譚――友人

前日譚――果報は寝て待て

最大限の愛想のいい笑み

密談

月面ドーム都市「浮舟」

うわさ好きのおばさん

My Home

第4章

1 地球と月の超長距離電話

2 バラの花がきれいに咲き誇っている

3 パスタを作るのも大事だけど

4 軍からの脱走について

5 エメラルドグリーンの瞳がとても素敵

6 特別な手紙

7 スプーンも曲がったし、ピンポン玉も浮いた

8 スペースデブリのせいで、死にかけた

9 真っ赤なルージュが似合う大人の女性

10 なんでゴシップ記事なんか読んだの

11 去年の誕生日に、何をしていた

12 平和や復興を象徴する星

番外編

前日譚――出撃前日、喫茶スペースにて

前日譚――イギリスまで飛んで、紅茶を頼む

第5章

1 怒った顔がかわいくて

2 宇宙軍を持ち、地球と戦争している

3 デニムのオーバーオールに、ボーダーシャツを着ている

4 せまい車内でふたりきりで、何をして過ごそうか

5 2088年に完成した人類初の月面都市

6 気持ちの悪い双子

7 子どもは戦場で病気になった

8 かわいらしいデザインのピアノで弾いている

9 うらやましいことにお金に困っていない

10 滞在許可証とパスポートだけでは不足

11 僕を信頼していただけませんか

12 ビーフ100%のハンバーガーにするつもりだ

13 食生活のちがいが、星間戦争の一因

番外編

地球から月まで1、3秒

第6章

1 ポトフに焼き立てのパン

2 家族と仲が悪いのは有名な話

3 月では、北極と南極にしか都市が存在しない

4 おばあちゃんは腰を抜かすほど驚いていた

5 僕のことが知りたいかい

6 いつ開戦してもおかしくない

7 心をつなげるのは、よくないことなんだ

8 宇宙飛行士として火星に行った

9 だからって、勝手に脱がすな

番外編

前日譚――宇宙戦艦サルモン

前日譚――ハリボテの世界

前日譚――やっぱり俺には超能力は不要です

前日譚――引っ越しの日

第7章

1 デートのような気分だった

2 強い力を持つ超能力者たちを戦場へ送る

3 世界を変えるという大仕事

4 好きな女性がいる

5 どこかに瞬間移動で飛んでいった

6 学校に通えば、友だちもできる

7 言語のちがいという高い壁

8 クリームチーズときゅうりをノリで巻いたアメリカンな寿司

9 僕と一緒にパーティーに行ってくれるかな

10 浮舟建設にかかわったエンジニア


HOMEMAIL


Copyright(c) 2016-2019 Mayuri Senyoshi all rights reserved.

-Powered by HTML DWARF-