希書自慢 西洋経済古書収集


限界主義




 時代を問わず限界主義の著作を集めた範疇です。順番を従来のアルファベット順から、初版本発行年順にしました。私蔵本で初版本でないものは、発行年の後ろに*を付けました


 著   者  /  書   名 /  初版発行年  本の詳細
ページへ
BERNOULLI, D. Specimen Theoriae Novae de Mensura Sortis 1738
ベルヌーイ      『危険の測定に関する新理論』
 
LONGFIELD, M. Lectures on Political Economy 1833
ロングフィールド    『経済学講義』
 
COURNOT, A. A. Recherches sur les principes mathématiques de la théorie des richesses 1838
クールノー       『富の理論の数学的原理に関する研究』
 
ELLET, C. Jr. An Essay on the Law of Trade 1839
エレット     『交易法則について』
 
DUPIT, J., De la meaure de l'utilité des travaux publics  1844
デュピュイ  「公共事業の効用の測定について」
 
 DUPIT, J., De l'influence des péages sur l'utilité des voies de communication 1849
デュピュイ  「通行税が交通路の効用に及ぼす影響について」
 
WALRAS, A. Théorie de la richesse sociale 1849
ワルラス、オーギュスト  『社会的富の理論』
LARDNER , D. Railway Economy 1850
ラードナ        『鉄道経済』
GOSSEN, H. H. Entwickelung der Gesetze des menschlichen Verkehrs 1854*
ゴッセン        『人間交易論』
 
JENNINGS, R. Natural Elements of political Economy  1855
ジェニングス    『経済学の自然的要素』
MANGOLDT, von H. Die Lehre vom Unternehmergewinn  1855 
マンゴルト         『企業者利潤論』
 
COURNOT, A. A. Principes de la théorie des richesse 1863
クールノー       『富の原理の理論』
 
HEARN, W.E. Plutology 1863
ハーン       『財富学』
 
MANGOLDT, H. von Grudriß der Volkswirthschaftslehre 1863
マンゴルド          『経済学綱要』
 
JEVONES, W.S. The Coal Question 1865
ジェヴォンズ      『石炭問題』
 
JENKIN, F. The Graphic Representation of the Law of Supply and Demand 1870
ジェンキン   『需給法則の図表的表現』
 
JEVONES, W.S. The Theory of Political Economy  1871
ジェヴォンズ     『経済学の理論』
  
MENGER, C. Grundsätze der Volkswirthschaftslehre 1871
カール・メンガー 『国民経済学原理』
 
WALRAS, L. Éléments d'Économie politique pure 1874* 
ワルラス、レオン   『純粋経済学要論』
 
EDGEWORTH, F.Y. New and Old Methods of Ethics 1877
エッジワース        『倫理学の新方法と旧方法』
 
MARSHALL, A.& M. The Economics of Industry 1879
マーシャル夫妻      『産業経済学』
 
WICKSELL, J. G. K. Några ord om Samhällsolyckornas... 1880
ヴィクセル          『常習的乱酔の主要原因とその対策』
  
EDGEWORTH, F.Y. Mathematical Psychics 1881
エッジワース        『数理心理学』
 
MENGER, C. Methode der Socialwissenschaft 1883
カール・メンガー  『経済学の方法に関する研究』
 
BÖEM-BAWERK E. v Kapital und Kapitalzins 1884
ベームーバベルク     『資本および資本利子』
 
WIESER, F. F. Über den Ursprung und die Hauptgesetze & Der Natürliche Werth 1884
ヴィーザー     『経済的価値の本源と主要法則』および『自然価値論』
  
LAUNHARDT , W. Mathematische Begründung 1885
ラウンハルト        『経済学の数学的基礎』
  
MARSHALL, A.  The Present Position of Economics et al. 1885
マーシャル      
『経済学の現状』 他
 
CLARK, J. B. The Philosophy of Wealth 1886
クラーク      『富の哲学』
 
WICKSTEED, P. H. Alphabet of Economic Science 1888
ウィックスティード     『経済学入門』
 
AUSPITZ & LIEBEN Untersuchegen über die Theorie des Preises 1889
アウスピッツ=リーベン  『価格理論研究』
 
PANTALEONI, M Principi Economia Pura 1889
パンタレオーニ    『純粋経済学』
 
MARSHALL, A Principles of Economics 1890
マーシャル     『経済学原理』
  
WICKSELL, J. G. K. Über Wert, Kapital und Rente 1893
ヴィクセル         『価値、資本および地代について』
 
PARETO,V. Cours d’Economie politique 1896
パレート     『経済学講義』
 
WICKSELL, J. G. K. Finanztheoretische Untersuchungen 1896
ヴィクセル         『財政学研究』
    
WICKSELL, J. G. K. Geldzins und Güterpreise 1898
ヴィクセル          『利子と物価』
 
PARETO,V. Manuale di Economia 1906
パレート     『経済学提要』

 




HOME