スマホだけで独学による宅建試験の合格が目指せる宅建の過去問アプリをご紹介します!

独学で資格取得 - 目指せ!宅建士 -
宅建士(宅地建物取引士)の資格取得を『独学』で目指す皆さんに役立つ情報を発信します!
宅建士(宅地建物取引士)のアプリ
宅建のおすすめ過去問アプリ【スマホで独学!】

更新日:2021年9月6日

 宅建試験に独学で合格を目指す場合、製本された市販のテキストと問題集を購入し、机に広げて勉強する、というのが一般的な勉強方法かと思います。

 しかし、最近では、スマホを使って解くことができるアプリ版の過去問題集や、スマホで読むことができるテキストなども出回るようになってきました。

 そこで、このページでは、そのようなスマホを使って独学で勉強できる宅建の過去問アプリについて、ご紹介していきたいと思います。

 なお、スマホで読めるテキスト(Kindle版テキスト)については、宅建のおすすめKindle版テキスト【スマホで独学!】のページでご紹介していますので、過去問アプリとKindle版テキストとを駆使すれば、スマホだけで独学による宅建試験の合格が目指せます!

【執筆者】
㈱モアライセンス代表 大西雅明

市役所に22年間勤めた元公務員。在職中に、宅建、行政書士、マンション管理士、土地家屋調査士等の資格試験に合格し、10年以上にわたり当サイトで情報発信している。

執筆者 大西雅明のプロフィール写真(宅建士、行政書士、マンション管理士、土地家屋調査士などの合格証書)
執筆者紹介

宅建のおすすめ過去問アプリ

 それでは、宅建の過去問アプリについて、おすすめ順にご紹介していきます。

おすすめアプリNo.1
宅建 過去問集 2021年版「スタケン」・・・370円

 宅建の過去問アプリとして、一番のおススメは、スタケンの「宅建 過去問集」です。

スタケン宅建過去問アプリのサンプル画像1 スタケン宅建過去問アプリのサンプル画像2

 このアプリは、オーナーズエージェント株式会社が開発した過去問アプリです。オーナーズエージョント株式会社というのは、宅建の通信講座「スタケン」を運営していることで有名ですね。

 この過去問アプリは、2020年までスタケン宅建講座の講師を担当していた田中謙次先生(Kenビジネススクール代表)が監修していますので、アプリとして抜群の信頼感があります。

 Kenビジネススクールは、宅建の登録実務講習の実施機関として国土交通大臣の登録も受けている会社で、その代表である田中謙次講師は、2004年からスクール事業を開始し、「うかるぞ宅建士」シリーズなど、宅建の受験対策の書籍を多数執筆しているほか、企業研修の講師としても幅広く活躍されている講師です。

 このアプリは、宅建試験の過去10年分の過去問が収録されており、分野別に、一問一答式として2000問、4肢択一式で500問を解くことができます。もちろん、一問ずつ丁寧な解説がついています。

 問題を解きながら、「弱点に追加」にチェックを入れておれば、後で苦手な問題だけを抽出して復習できるようになっています。

 このアプリは、本当にしっかりと作られており、操作もとてもスムーズです。

 特に便利な機能が、「四肢択一」の問題で、「仮選択ができる」という点です。四肢択一の問題というのは、問題文を順に読みながら、どれが正しくてどれが誤っているのか、というのそれぞれ判断していかないといけないわけです。さらに、どれか一つを選ぶというパターンだけでなく、組み合わせで解答するケースもありますよね。選択肢にア、イ、ウ、エとあって、その中で誤りのものを二つ選べ、というパターンですね。ほかにも、個数問題で、誤りがいくつあるか答えよ。とかもあります。

スタケン宅建過去問アプリのサンプル画像3 スタケン宅建過去問アプリのサンプル画像4

 このように、四肢択一の場合、どの選択肢が正しくて、どの選択肢が誤りで、といったことを画面上に記録できないとなかなか解きづらいんです、、しかし、このスタケンのアプリは、選択肢ごとに仮で選択できるようになっていますので、この点は、とても使い勝手がいいと思います。(当ページでご紹介している中で、この機能があるのはスタケンだけです。

 このアプリは有料となりますが、わずか370円で、負担も少ないかと思いますので、宅建の過去問アプリとしては、スタケンの宅建 過去問集を一番におススメします!

宅建 過去問集 2020年版「スタケン」
宅建 過去問集 2021年版「スタケン」
開発元:OWNER'S AGENT INC.
¥370
posted withアプリーチ

おすすめアプリNo.2
宅建 過去問 2021・・・無料

 次にご紹介するのは、「宅建 過去問 2021」です。こちらは完全無料の過去問アプリで、公告表示が入ります。

LLC宅建過去問アプリサンプル画像1 LLC宅建過去問アプリサンプル画像2

 このアプリでは、過去10年分の過去問演習ができるようになっており、分野別に、一問一答式4肢択一式が解けるほか、年度別で解くこともできます。

LLC宅建過去問アプリサンプル画像3 LLC宅建過去問アプリサンプル画像4

 1問ずつ丁寧な解説があり、図解までついている解説もあります。

 復習が必要な問題には自分でチェックを入れておけば、後でチェックが入っている問題だけ解くこともできます。

 有料のアプリに比べると作りやデザインはシンプルですが、完全無料で、ここまでできれば文句ありませんね!

宅建 過去問 2021
宅建 過去問 2021
開発元:Trips LLC
無料
posted withアプリーチ

おすすめアプリNo.3
宅建士 過去問題《受験用》・・・一部無料→480円

 次にご紹介するのは、「宅建士 過去問題《受験用》」です。こちらは有料となっており、480円です。

TK宅建過去問アプリサンプル画像1 TK宅建過去問アプリサンプル画像2

 無料版は、「LITE」として提供されていますが、4肢択一式が47問、一問一答式が141問のみ解けるようになっていますので、試しに無料版を使ってみて、気に入れば有料版にアップグレードしてみるという使い方でもいいかと思います。

 この過去問アプリの特徴は、とにかく様々な工夫がなされているという点です。

  • 問題文の図解「補図」の表示ができる
  • 強調表示」(問題文の重要な言葉を太字、正否を分けるキーワードに赤線)ができる。
  • 宅建試験の重要知識を整理した「資料」を表示できる。図解もあり。
  • 間違えた問題は自動で記録され、復習可能
  • 暗記ノートあり(重要知識をまとめたノートで、重要キーワードを目隠しして暗記できる)
TK宅建過去問アプリサンプル画像3 TK宅建過去問アプリサンプル画像4

 このように、様々な工夫があり、よく作り込まれていると感心します。ただし、若干、使いにくいと感じる部分があり、特に、4肢択一式の問題を解く際に、解説を読むには1肢ずつタップしないといけないというところが手間ですね。

 480円を課金するのなら、370円で安心して使えるスタケンの宅建アプリの方がおススメです。

「宅建士」過去問題《受験用》
「宅建士」過去問題《受験用》
開発元:TK office
¥480
posted withアプリーチ

おすすめアプリNo.4
宅建士 SmartAI - 2021年度版・・・一部無料→2,940円

 次にご紹介する過去問アプリは、「宅建士 SmartAI」です。

TAC宅建過去問アプリサンプル画像1 TAC宅建過去問アプリサンプル画像2

 このアプリは、宅建のテキストとして超有名なTACの「みんなが欲しかった!」シリーズの過去問題集「みんなが欲しかった!宅建士の12年過去問題集」をアプリ化したものです。

 無料版では、直近年度1年分のみが利用でき、過去12年分の過去問を利用するためには、2,940円の課金が必要になります。

 さすが大手だけあって、しっかりとした作りになっていますし、デザイン的にもキレイです。

TAC宅建過去問アプリサンプル画像3 TAC宅建過去問アプリサンプル画像4

 過去問は、一問一答式4肢択一式いずれもあり、1問ずつ丁寧な解説がついています。

 また、間違えた問題には自動的にチェックが入り、その問題だけ復習として解くこともできますし、自分で気になる問題に、ブックマークをつけておき、その問題だけ解きなおすこともできます。

 とにかく、しっかりしていますね。さすが2,940円です。

 ただし、370円のスタケンアプリや、完全無料のアプリもあるなかで、2,940円のアプリを購入する必要はないかなと思います。

 そもそも、TACの宅建独学道場の利用者が無料で使用できるようになっていることから、一般客が2,940円を払ってまで購入するようなことは、あまりないのかもしれませんね。

宅建士試験過去問題集SmartAI - 2021年度版
宅建士試験過去問題集SmartAI - 2021年度版
開発元:GUENOCROSS INC.
無料
posted withアプリーチ

宅建のおすすめ過去問アプリまとめ

 以上、おすすめの宅建過去問アプリについて、ご紹介してきました。

 最後に整理すると、やはりNo.1でご紹介しているスタケンの過去問アプリ圧倒的にナンバーワンです。

 ただし、370円の課金が必要になりますので、どうしても無料で使いたいという方には、No.2でご紹介している「宅建 過去問」を使っていただければいいかと思います。

 これらの過去問アプリを使えば、スマホだけで、宅建試験の過去問演習ができてしまいますね!

 なお、スマホで読める宅建テキストについては、宅建のおすすめKindle版テキスト【スマホで独学!】のページでご紹介していますので、このKindle版テキストと過去問アプリを駆使すれば、スマホだけで独学による宅建試験の合格が目指せます!

宅建試験に通信講座で絶対合格!イメージ写真

独学の学習が不安な方は、宅建の通信講座を合格者がおすすめ!【比較ランキング!】のページをご参照ください。
最安値は19,800円!

ホーム

当サイトはリンクフリーです。
Copyright (C) 2007-2021 株式会社モアライセンス All Rights Reserved.
 
menu