本文へスキップ

自律神経失調症-大阪駅の次 JR塚本駅1分の鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市西淀川区と淀川区の境、JR塚本駅から徒歩1分の自律神経失調症治療の鍼灸院です。

 自律神経失調症と鍼灸治療

  • 自律神経失調症と鍼灸治療

    はじめに

    西洋医学は『病因論』に立脚した医療のため、何等かの自覚症状がある場合にはその病因を探りますが、検査をしても病因を特定できないことがあります。その際に暫定的に付ける診断名が自律神経失調症です。ゆえにその対応(薬)に苦慮しています。そこで、鍼灸治療をご活用下さい。まずは自律神経失調症のお話をし、その後に鍼灸治療のお話をします。

    自律神経は、どのような神経?

    呼吸、血液循環、体温調節、消化・排泄、生殖、免疫などは無意識のうちに自動的に働いています。その働きを支えているのが自律神経です。自律神経には交感神経と副交感神経というアクセルとブレーキにあたる神経があり、ある事象に反応して自動的に調節しています。例えば、運動をすると呼吸や脈拍が上がり、運動を止めると呼吸や脈拍が元に戻ります。

    自律神経失調症は、どのような病気?

    何等かの身体の自覚症状を訴えると、何等かの疾患を鑑別するために自覚症状に見合う検査が行われますが、原因(異常)が認められないことがあります。現在の検査技術では自律神経を客観的に診断する検査はありませんが、臓器・器官などに異常がないために、暫定的(消去法的)に身体の働きに主導的な役割を果たす自律神経が乱れた状態(症状)と診断されます。ただ、特有症状によっては問診からそれに応じた診断(緊張型頭痛、片頭痛、過敏性腸症候群、更年期障害など)がなされることもあります。

    自律神経失調症は、こころの病?

    自覚症状に見合う臓器・器官などに異常がない場合、心理的・精神的な影響から現れた症状と捉えることができます。こころの病(精神疾患)は身体疾患の様に科学的・客観的に診断する方法がないため、問診票や問診から診断されます。ただ、ある精神疾患が疑わしくも、それとは断定できないことがあります。その際に先にお話した自律神経失調症を暫定的(流用的)に用いて診断します。ゆえに疑わしき精神疾患名と併せて診断されることもあります。それがこころの病、ストレスが原因とされる由縁です。

    自律神経失調症の治療は?

    内科など身体を診る診療科では身体症状に応じた薬剤が処方され、心療内科(精神科)では疑わしき精神疾患に応じた精神薬が処方されます。しかし、身体疾患や精神疾患という病因が特定されたわけではありませんので、お悩みの症状が軽減・回復しないことが往々にしてあります。

    そこで、鍼灸治療をご活用下さい。

    鍼灸治療は『病態論:一連の症状や症候に着眼する』に立脚した伝統医学で、『病因論』に立脚した西洋医学では病因が特定できず対応に苦慮する病態への治療法として注目され、西洋医学の補完医療、代替医療としての研究や活用が進む医療でもあり、その効能はWHO(世界保健機関)に認められています。自律神経失調症の病態:発症、経過、症状は十人十色です。お悩みの症状や気になることをそのままご相談下さい。

    1.古来よりの治療経験則の集積があります。

    自律神経失調症の様な症状は現代に始まった病ではなく、古来より人々を悩ましてきた病です。伝統医学(中国医学)は一般に馴染みがないために多くを語りませんが、経絡経穴、陰陽五行、気血津液、臓象などの医学体系をもち、先人が積み重ねてきた治療経験則の集積があります。

    2.全身機能のバランスを整えます。

    生命活動に主動的に働くものは西洋医学では自律神経になりますが、中国医学では経脈になります。自律神経が交感神経(活動系)と副交感神経(休息系)があるように、経脈も陽の経脈(活動系)と陰の経脈(休息系)があります。当院では独自の全身調整の処方施術から陰陽のバランスを整えます。

    3.身体症状に応じた治療を行います。

    一般に症状が1つに限定されることは少なく、症状に応じた薬剤があるとは言え、症状毎に様々な薬剤の服用は、多種多剤による副作用が懸念されます。その点、鍼灸は非薬物治療であり、病態論に立脚した治療法であり、西洋医学からの研究もあり、様々な症状を併せて治療ができます。

    4.こころ(情緒)の治療を行います。

    中国医学は心(こころ)は脳ではなく、五臓:心・肝・脾・肺・腎の臓に宿り、その各々に神、魂、意、魄、志という心(こころ)が宿ります。精神、精魂、意思、気魄、意志などの言葉がある様に心(こころ)は複雑なものですが、心(こころ)その調和・安寧を計ります。

    5.そのお薬と言えるものが「ツボ」です。

    ツボの由来は、
    治療の要所、鍼を刺し込むもの、灸をすえるものから日本では「壺:ツボ」と呼びますが、専門的にはツボに鍼や灸の刺激による治療作用が体内各所(脳、目、耳、鼻、口、頭顔・体幹・四肢の筋・骨、五臓六腑など)に通じ達することから「穴:ケツ」と呼び、その多くは経脈上にあることから「経穴」とも呼びます。
    ツボの数は、
    WHO(世界保健機関)の基準で361あります。その位置は、西洋医学的には神経上や血管上、筋上や筋間、腱上や腱下、骨縁や骨端などに存在します。ある意味、ツボは身体機能を働かせる受容器(センサー)とも言え、ツボ刺激によって起こる生体反応が、変調した身体機能を矯正すると考えられています。
    ツボの処方は、
    病態に応じてツボを適宜選択・組合せますが、病態把握、治療方針、臨床経験、知見からツボの処方は異なることがあります。当院では独自の全身調整の処方施術(種々の文献と臨床から考案した)と、悩みとなる症状に応じた伝統医学(中国医学)と西洋医学による処方施術を行います。
    鍼灸治療は、
    1回の治療で全ての症状を快方に向かわせることは難しいですが、1回1回の治療の積み重ねから症状が軽減・回復していきます。初めは週に1回程度の治療から始め、症状の回復状況から徐々に治療間隔を空けていけば良いでしょう。

    ▶診療時間・料金へ


鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269