AMHが低い-大阪駅の次 JR塚本駅1分の不妊鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市西淀川区淀川区の境、JR塚本駅から徒歩1分の卵巣年齢が高い不妊治療の鍼灸院です。

 AMHについて

  • AMH:アンチミューラリアンホルモン

    AMHは原始卵胞から成長過程の卵胞(一次卵胞、二次卵胞、前胞状卵胞)から分泌されるホルモンです。ちなみに、卵胞チェックで見ている卵胞は前胞状卵胞からさらに成長した胞状卵胞です。
    そして、AMHは加齢と伴って分泌度が低下傾向を示すことが分かっています。そこで、年代別のAMHの平均値と比べて卵巣年齢が告げられますが、卵巣年齢が高いと言っても、妊娠率が下がるわけではなく、妊娠率は実年齢に伴って低下していきます。そのあたりはホルモン基礎値との総合判断になります。
    現にAMHが低い(卵巣年齢)が高いと指摘されても、そのものを治療されるわけではなく、一般の不妊治療と同じく、卵胞の成熟・排卵を助けるお薬が処方されます。ただ、原始卵胞から成長してくる卵胞が減ってきていることが示唆されますので体外受精を勧められることはあります。
    ただ、
    そもそも不妊症は原因不明が意外に多く、卵胞の成熟・排卵を助けるお薬が処方(内服・注射)されても、思うように卵胞が育たない、排卵できない、採卵できないことが往々にしてあります。また、体外受精をしても思うように妊娠できないことも往々にしてあります。
    そこで、
    プラスアルファの治療として鍼灸治療をご活用(ご併用)下さい。非薬物治療のためにお薬との相性を気にする心配がなく、お薬との相乗効果も期待できます。

    ▶当院の『不妊治療』へ


鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269