本文へスキップ

片頭痛偏頭痛の治療-大阪市JR塚本駅1分の鍼灸院です

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

片頭痛偏頭痛の治療-大阪市西淀川区淀川区JR塚本駅1分の小西鍼灸院

 片頭痛(偏頭痛)

  • 1.片頭痛(偏頭痛)の話

    【ロキソニンのHPより】
    片頭痛は血管周辺に異常が起きる発作性の頭痛で、激しい痛みと吐き気を伴います。正確には、①痛みが拍動性である。②持続時間が4~72時間である。③頭痛が始まると、寝込んだりして生活に支障をきたす。④吐き気がしたり、吐いたりする。⑤頭痛発作が起きると、光や音に耐えられなくなる。
    現在最も有力視されているのは三叉神経血管説です。軟膜動脈および硬膜血管には、三叉神経から伸びた神経線維が張り巡らされています。何等かの原因で三叉神経が刺激を受けると、その刺激でセロトニンなどの神経伝達物質が血液中に出て脳の血管が拡張し、周囲に炎症が起こります。同時に血管周りに張り巡らされた三叉神経を圧迫するため、動脈が脈打つたびに拍動性の痛みが起こります。
    【EVE(イブ)のHPより】
    片頭痛はズキズキと脈打つような強い痛みで、光や音に敏感になったり吐き気などを伴います。また、頭や体を動かすと、頭に響いてさらにひどくなる傾向があります。一部の方ですが、頭痛の前兆として、視野の中に光があらわれることもあります。
    片頭痛の原因とメカニズムははっきりとは解明されていませんが、頭蓋骨内の血管が広がり炎症を起こしたためと考えられています。ストレスや疲労の他、女性に多いことから、女性ホルモンが何等かの形で関わっていると見られています。
    【バッファリンのHPより】
    片頭痛とは、こめかみから目にかけて、片側を中心に、ときに両側や後頭部までも脈打つように起こる頭痛です。片頭痛が起こるきっかけは、ストレス、ストレスからの解放、寝過ぎ、寝不足、女性ホルモンの変化(月経周期)、天候や気圧の変化、空腹、肩こり、アルコール等、実に様ざまです。
    片頭痛のメカニズムは、まだ完全には解明されておりません。以前は脳の血管が収縮して前兆が起こり、その後に血管が拡張して頭痛が起こると考えられていました。しかし、最近では脳そのものに原因があるという説(中枢起源説)や脳血管や三叉神経終末に原因が見られるとする説(三叉神経血管説)があります。
    ※『緊張型頭痛』『混合型頭痛』は各々の頁をご覧下さい。

    2.片頭痛(偏頭痛)の治療

    三叉神経血管説が有力なものの、その原因は未だ明確には解明されいませんし、市販薬は非ステロイド性抗炎症薬(俗に言う鎮痛薬)で、処方箋薬のトリプタン薬は血管収縮薬です。
    市販薬でも、処方箋薬でも、使い過ぎると副作用から返って頭痛がこじれ、それとは気づかずに服用が増え、さらに頭痛がこじれるという悪循環に陥ります。そこで、非薬物治療の鍼灸をご活用(ご併用)下さい。
    鍼灸治療は伝統医学であるがゆえの古来からの治療経験則の集積があり、西洋医学の視点からの研究でも効能が認められ、一部の大学病院においても活用されている治療法です。鍼灸は様々な角度からアプローチできる治療法で、その結果として頭痛の軽減、緩和、予防が期待できます。

    『片頭痛の引き金』
    三叉神経説は何等かの原因から三叉神経が刺激されることから起こります。その可能性に肩こり(首こり)があります。日本頭痛学会の元理事長の坂井氏の調査では、片頭痛の発症前に肩こり(首こり)を68%が自覚し、47%は前駆症状であったと報告しています。目の疲れも可能性があります。目の疲れによる目の痛みや眉根の痛みを知覚する神経は三叉神経です。鍼灸は肩こり(首こり)、目の疲れは適応症です。
    『鎮静(鎮痛)作用』
    痛みを和らげる効果(鎮痛効果)には、オピオイドを放出する神経細胞の働きが重要です。脊髄から脳へ伝えられる「痛み」の情報は、延髄のレベルで中脳水道周囲灰白質から放射されているオピオイド神経によって抑制を受けます。これをオピオイドの下降抑制と呼んでいます。鍼治療による鎮痛効果は、鍼の刺激を受けて起こる内因性オピオイドによって調整されていることが確認されています。
    『 抗ストレス作用』
    視床下部から放出されるオキシトシンは副腎皮質刺激ホルモン放出因子(CRF)の発現を阻止することで抗ストレス効果を発揮します。鍼治療の抗ストレス効果は、鍼が視床下部を刺激して、オキシトシンが発現され、それによって調整されるものと考えられています。慢性ストレス負荷後の鍼治療では、視床下部でオキシトシンが増え、CRFが減るのが確認されています。その結果、慢性ストレスにさらされても、内臓の機能異常が見られなくなります。
    『自律神経の調節作用』
    延髄にある細胞群「孤束核」は循環器系、呼吸器系、胃腸系から送られてくる求心性内臓情報を中枢に伝える”中継”の働きをします。近年では皮膚からの知覚を受け取り中継していることが分かってきました。孤束核は、内臓機能の調節に大きな役割を果たしている迷走神経(副交感神経)の起源である迷走神経背測核に隣接しており、一方で、脳幹にあり交感神経の起源である延髄吻側腹外側野にも投射して繋がっています。
    この孤束核が鍼刺激によって、ひとたび興奮すると、延髄にある迷走神経背側核と延髄吻側腹外側野の両方、あるいはどちらかが活性化して、自律神経(副交感神経と交感神経)機能は変化を受けます。これが自律神経調節の働きに繋がっていると考えられます。

    様々なお話しましたが、要は総合的な全身機能を調整する治療です。ヒトには自ら癒す治す力(恒常性またはホメオスタシスと呼ぶ)を有しています。欧米では自ら癒す治す力を高める医療をholistic medical careと呼び、鍼灸はその治療法として高く評価されています。
    只々、発症を待ち、発症後に頭痛薬に頼るのではなく、鍼灸治療をご活用(ご併用)してはいかがでしょうか。頭痛薬を服用しても残痛感が残る、頭重感が残る場合は、1回の治療でも効果が期待できます。片頭痛の発症頻度を抑える場合には、週に1回程度の治療を続けて経過観察することになります。いずれにせよ、頭痛薬の使い過ぎを避ける観点から、片頭痛の発症頻度を抑える観点から非薬物治療の鍼灸ごを活用(ご併用)してはいかがでしょうか。

    ▶▶HOMEへ

    診療日・時間、施術料、周辺地図、よくある質問など。

鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269