本文へスキップ

坐骨神経痛-大阪駅梅田の次 JR塚本駅1分の鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市西淀川区と淀川区の境、JR塚本駅から徒歩1分の坐骨神経痛治療の鍼灸院です。

 坐骨神経痛の鍼灸治療

  •  はじめに

    坐骨神経痛とは「坐骨神経の支配領域、すなわち臀部(お尻)、下肢後面(太もも裏、ふくらはぎ)あるいは外側面(太ももの横)へ放散する疼痛自体、または疼痛を呈する症候群の総称」です。
    そして、坐骨神経痛は画像診断検査(X線、MRI、CT)から原因を調べ、原因が認められる場合はその原因疾患:椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などが診断名になります。したがって、坐骨神経痛が診断名の場合は、画像診断検査では分からない筋緊張による坐骨神経痛であることが多いです。ゆえに湿布・鎮痛薬の処方やブロック注射が行われますが、坐骨神経痛が思うように改善できないこともあります。
    そこで、当院の鍼灸治療をご活用下さい。それは、原因疾患が診断され、その治療を行っているにもかかわらず、思うように坐骨神経痛が改善されない人も同じです。腰痛のある場合はその治療も行います。
    鍼灸治療を簡単にいうと、薬剤とは異なる作用機序をもつ「ツボ」に鍼や灸でもってアプローチする「身体に自然な非薬物療法」です。「ツボ」は先人が長い年月をかけて見出した「東洋医学(中国医学)の知恵」で、その医術が「鍼灸治療」です。とは言え、その有効性はWHO(世界保健機関)などの公的機関に認められ、西洋医学的にも健康増進や疾病の予防・治療に応用される医療です

     当院の坐骨神経痛治療

    1.筋緊張をほぐします

    坐骨神経は、骨盤腔の梨状筋の下(梨状筋下孔)から出て、大殿筋に被われて、坐骨結節と大転子の間を上・下双子筋、内閉鎖筋、大腿方形筋、大内転筋の背側を通り、下肢背側を下降し足底まで延る神経です。
    そして、骨盤腔を出た辺り(お尻の深層)では、人体で最も太い神経(指ほどの太さ)のため、坐骨神経が走行する神経周りにある臀部の筋緊張(いわゆる凝り:こり)が坐骨神経を絞扼します。その状態が続くと、坐骨神経の領域に痛み、しびれ、違和感が起こります。ゆえに臀部の筋緊張をほぐすことが大切で、当院は痛む部位・痛み方などからそれら勘案してツボを処方します。もちろん、腰痛を伴う場合はその治療を行います。
    ちなみに、臀部の筋肉は腰部の支持や股関節運動に深く関与しており、不良な座位(猫背の座位、窮屈な座位、脚を組んだ座位、硬いまたは冷たい座面での座位)や不良な立位を続けたり、不良なランニングを引き金に坐骨神経痛が起こることが多いです。日頃から気が付くと臀部(お尻)を叩いている方は、日頃から臀部の筋緊張を引き起こしています。ただ、坐骨神経痛の発症までには至らないだけと言えます。

    2.神経に働きかけます

    痛みには閾値(痛みへの感度)があり閾値に到達しないと痛みを感じませんが、痛みを反復あるいは継続すると閾値が低下し、痛覚が敏感になるとともに痛覚の領域も拡大していきます。その結果として、容易に痛み、しびれ、違和感を引き起こし、それらが持続したり、それらの範囲が拡大(単にお尻だけでなく、太もも裏やふくらはぎにも拡大)することがあります。
    また、坐骨神経は仙骨神経叢の神経根(神経線維)を受ける神経で、仙骨神経叢は仙骨神経だけでなく、第4第5腰神経の神経根も構成に関わっています。したがって、腰痛の関連痛としても坐骨神経痛は起り得ります。
    ゆえに、当院では痛む部位だけでなく、痛み具合から仙骨部(仙骨神経叢)や、腰痛の有無にかかわらず第4第5腰神経近傍のツボにも処方します。もちろん、腰痛(腰部の筋緊張)のある場合はその治療を行います。

    3.東洋医学からのアプローチ

    東洋医学(中国医学)では「不通即痛:通じざるは即ち痛み」といい、経絡の気血が通じなくなる(気血が停滞する)と痛みが起こると説き、気の停滞は張った、重い感じなどの鈍い痛みが起こり、血の停滞は鋭い痛みが起こるとされています。そして、「通即不痛:通じれば即ち痛まず」と説くことから、当院では気血の流れを促進すべく、腰臀部の経絡の走行を勘案してツボを処方します。
    中国医学の足之太陽経(経絡)の流注の一部を紹介すると、脊柱を挟んで腰中に至り、腰中を下って脊(仙骨)を挟み、臀(尻)を貫き委中(膝裏)に入る。また、臀の外および大腿の外から委中に入る。次いで委中から下腿の後ろを通って外果(外踝)から足に至る。ゆえに、当院では足之太陽経に属するツボを用い、痛む部位以外にも施術(ツボ処方)することがあります。

    ▶診療時間・料金へ


鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269