高プロラクチン血症治療-大阪市JR塚本駅1分の鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

高プロラクチン血症の治療-大阪市西淀川区淀川区JR塚本駅1分の小西鍼灸院

 高プロラクチン血症

  • 高プロラクチン血症とその治療

    高プロラクチン血症:プロラクチンの血中濃度が高い問題は卵胞刺激ホルモンや黄体化ホルモンの分泌への影響による排卵障害(卵胞の発育遅延とその結果としての排卵遅延または無排卵)です。よって、病院ではプロラクチンの分泌を薬で抑制します。
    原因は、授乳期、授乳期の影響、薬剤(精神薬、胃腸薬、降圧薬、制吐薬、ピルなど)、下垂体腺腫、甲状腺異常が挙げられますが、原因不明が意外に多いです。よって、薬でプロラクチンの分泌を抑えても思うように卵胞が育たない、排卵できない、仮に排卵しても思うように着床・妊娠できない場合は、検査では表面化しない障害が妊娠を阻んでいると言えるでしょう。
    そこで、高プロラクチン血症にとらわれず、「妊娠しやすくする身体づくり」をご活用下さい。
    詳しくは不妊症の鍼灸治療をご覧下さい。
    *高プロラクチン血症以外のQ&Aもあります。

鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269