高プロラクチン血症:塚本駅(西淀川区淀川区)の鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

高プロラクチン血症の治療-大阪市西淀川区淀川区JR塚本駅1分の小西鍼灸院

 高プロラクチン血症

  •  高プロラクチン血症

    PRL:プロラクチン(乳腺刺激ホルモン)は脳下垂体から分泌されるホルモンです。脳下垂体からはFSH:卵胞刺激ホルモン・LH:黄体化ホルモンなども分泌されています。PRLとFSH・LHはシーソーの様な関係で、通常期はFSH・LHが優位に分泌され、妊娠期・産褥期・授乳期ではPRLが優位に分泌されます。ただ、断乳しても余韻的に高プロラクチン血症の状態が続くことがあります。その他の原因としては、下垂体腺腫、薬剤性(精神薬、胃腸薬、降圧薬、制吐薬、ピルなどの副作用)があります。原因の指摘がない場合はある種の体質やストレスが引き金になっていることが考えられます。
    それはさておき、問題はプロラクチンが優位に分泌されることによるFSH・LHの分泌が阻害されることで、その結果としての卵胞の発育遅延、ひいては排卵遅延および無排卵リスクです。
    よって、病院ではカバサールなどのプロラクチンの分泌を抑える薬剤が処方されますが、思うように卵胞の発育・排卵が得られないことがあります。
    そこで、病院が処方する薬剤だけに頼らず、別の角度から治療する当院の不妊治療(鍼灸治療)を併用してはいかがでしょうか。
    詳しくは『不妊症と鍼灸治療』をご覧下さい。


鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269