本文へスキップ

腰痛治療-大阪駅梅田の次 JR塚本駅1分の鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市西淀川区と淀川区の境、JR塚本駅から徒歩1分の腰痛治療の鍼灸院です。

 腰痛の鍼灸治療

  •  はじめに

    腰周りの筋肉は常に体幹を支えることから疲労しやすい環境下にあり、筋肉の負担が増える中腰、不良な座位の持続・多用や、前屈、回旋、起立・重量物挙上の多用では腰周りの筋肉の疲労に拍車がかかり、腰周りの筋肉が固い、張る、重い、怠い感じから、次第に痛みに変わり、腰痛が持続します。
    加齢や運動不足は筋肉が痩せ衰えるために筋肉の疲労に拍車がかかります。また、筋肉が疲労した状態では、何気ない前屈、回旋、起立でも、瞬発的に筋肉に能力以上の負荷がかかって痛み、それを引き金に腰痛が持続することもあります。
    その原因は、日常生活上の不良姿勢や仕事・趣味などの作業性などによる筋疲労(血行不良、疲労物資の蓄積による筋緊張)から起こります。筋緊張の多くは自然に回復しますが、筋緊張がある状態から原因となる生活が続けば、筋緊張は自然にはほぐれず、次第にある局所から腰臀部に広がり、痛覚の過敏反応や自律神経の乱れが相まって、筋肉が凝った感じから次第に持続性の痛みに変化していきます。
    病院で何等かの診断(椎間板ヘルニア、すべり症、脊柱管狭窄症など)を受けていても、手術するほどではないと言われている場合は、筋緊張による腰痛であることが多いです。
    そこで、当院の鍼灸治療をご活用下さい。坐骨神経痛を伴う場合はその治療も行います。鍼灸治療を簡単にいうと、薬剤とは異なる作用機序をもつ「ツボ」に鍼や灸でもってアプローチする「身体に自然な非薬物療法」です。「ツボ」は先人が長い年月をかけて見出した「東洋医学(中国医学)の知恵」で、その医術が「鍼灸治療」です。とは言え、その有効性はWHO(世界保健機関)などの公的機関に認められ、西洋医学的にも健康増進や疾病の予防・治療に応用される医療です。

     当院の腰痛治療

    1.筋緊張をほぐします

    腰痛の大部分は腰部の凝り(筋肉の緊張)で、凝りは筋肉が固い、張る、重い、怠い、痛いなどが複合した極めて不快な感じをいいますが、次第に痛みの感じが強くなっていきます。
    初めは腰周りの一部の筋肉の筋緊張ですが、次第に筋緊張は他の筋肉へ波及していき痛む範囲が広がったり、痛い部分を庇うことから代償的に筋緊張が移動することもあります。また、筋肉を構成する筋線維の一部が痙攣した状態や、筋線維を包む筋膜がよじれた状態(筋膜の動き・滑りが不自由な状態)になることもあります。その結果、筋肉の伸縮を阻害するだけでなく、痛みが持続することになります。
    そして、腰と言っても、その範囲は腰のくびれ辺りからお尻までと広範囲で、その筋肉には、脊柱起立筋、腸腰筋、腰方形筋、大殿筋、中殿筋、小殿筋、梨状筋などがあり、表層の筋肉から深層の筋肉まであります。当院では凝りや痛む部位・痛み方などをお伺いし、それらを勘案してツボを処方して筋緊張をほぐします。

    2.神経に働きかけます

    痛みには閾値(痛みへの感度)があり閾値に到達しないと痛みを感じませんが、痛みを反復あるいは継続すると閾値が低下し、痛覚が敏感になるとともに痛覚の領域も拡大していきます。その結果として、容易に痛みを引き起こし、痛みが持続したり、痛む範囲が広範囲になったりします。また、痛み信号は末梢の受容器から脊髄神経を介して脳へ上行します。ゆえに当院では、痛む局所だけでなく、末梢神経の走行や痛み信号が入力される脊髄神経部位を勘案してツボを処方します。
    また、第4第5腰神経の神経線維は仙骨神経叢の構成し、仙骨神経叢から出た神経線維が坐骨神経を構成することから、腰痛の関連痛として坐骨神経痛(お尻、太もも、ふくらはぎの痛みや違和感)を引き起こすことがあります。ゆえに、当院は症状によっては坐骨神経の領域にもツボを処方します。

    3.東洋医学からのアプローチ

    東洋医学(中国医学)では「不通即痛:通じざるは即ち痛み」といい、経絡の気血が通じなくなる(気血が停滞する)と痛みが起こると説き、気の停滞は張った、重い感じなどの鈍い痛みが起こり、血の停滞は鋭い痛みが起こるとされています。そして、「通即不痛:通じれば即ち痛まず」と説くことから、当院では気血の流れを促進すべく、腰部の経絡の走行を勘案してツボを処方します。
    また、「腰者腎之府、転揺不能、腎将憊矣」といい、腰部は腎に依拠する府(部位)であり、腰が転揺(運動)できないのは、将に腎の憊(疲れ)であると説いています。ゆえに、当院では腎の働きを賦活すべく、それに応じたツボも処方します。ちなみに中国医学では、卵巣や子宮も腎に依拠する外候(器官)とされ、生理不順や生理に伴って腰痛が現れるとされています。

    ▶診療時間・料金へ


鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269