本文へスキップ

腰痛治療の鍼灸院-塚本駅近(大阪市西淀川区淀川区)

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

腰痛治療の鍼灸院-大阪市西淀川区淀川区JR塚本駅1分の小西鍼灸院

 腰痛症と鍼灸治療

  •  腰痛症と鍼灸治療

    医学上の腰部とは背面の肋骨下端から尾骨までの範囲を呼び、腰痛とはその範囲に起った痛みの総称を腰痛症と呼び、腰部の範囲から臀部(尻)の痛みも含まれます。
    腰痛に大きく関わる要因は、厚労省では「重量物を頻繁に取り扱う」「腰を深く曲げたり、ひねったり、中腰をすることが多い」「長時間同じ姿勢で仕事をする」「不自然な姿勢を続けることが多い」「車両の運転等など全身振動に長時間さらされる」など腰部の筋肉に負担をかけやすい作業と報告しています。そして、 腰痛が長引くと、腰椎(骨)の病気注1)が心配になりますが、厚労省では腰痛の約85%は腰椎に異常は認められないと報告しています。
    つまり、ほとんどの腰痛は筋肉性で、筋肉に能力以上の負荷がかかることからの痛みと、それに伴う虚血性の痛み、代謝産物の蓄積による痛みです。さらにそれを引き金として神経痛覚の感受性が高まると(注2)、腰痛は意外に長引きます。ときに、マッサージしようとしても思う処に届かないことはありませんか。それは患部が腰部の浅層の筋肉ではなく深層の筋肉のためです(注3)。
    東洋医学(中国医学)では、経絡と呼ぶ機構(動静脈や神経を包括するもの)があり、それに連なる筋肉を経筋と呼びます。そして、不通即痛(通じざるは即ち痛み)とされ、経絡の疎通が悪くなると経筋に痛みが現れると説いています。また、腰者腎之府,転揺不能,腎将憊矣…「腰は腎の府であり、転揺(運動)できないのは、将に腎の憊(疲れ)である。」などの内臓の疲れによる腰痛や、女性では経行腰痛(生理に伴う腰痛)などの概念もあります。
    腰痛症に当院の鍼灸治療をご活用下さい。鍼灸はヒトに備わっている生体機能(ホメオスタシス、東洋医学では自然治癒力と呼ぶ)に対して鍼や灸の刺激からその機能を賦活させることにより病気を軽減・緩和する治療法です。尚、鍼や灸の治療点をツボ(経穴)と呼びます。当院ではゆっくりとお話をお伺いし、臨床経験と西洋医学・東洋医学の知見から腰痛症への総合治療(鍼灸治療)を行います。
    治療効果は比較的に即効性がありますが、症状の程度によっては幾度かの治療が必要になることもあります。その場合でも、週に1回程度の治療効果の積み重ねから症状は軽減・回復に向かって行きます。何かおかしいと感じた場合、日頃から腰痛をよく起こす場合は、その都度または定期的に鍼灸治療を受けることが、辛い腰痛の軽減、緩和、予防に繋がります。

    ▶▶診療案内へ

    診療時間、施術料、周辺地図、初診Q&Aなど。

    注1:腰椎(骨)の病気
    【腰部椎間板ヘルニア】腰椎と腰椎との間にあるのが椎間板で、外層の丈夫な繊維輪と中心部の髄核と呼ばれる組織とで構成されています。その繊維輪に亀裂が生じ、内容物の髄核が突出し、神経が圧迫されていることが画像診断検査から認められたものを椎間板ヘルニアと呼びます。根本治療は突出した髄核の除去手術です。
    【腰部脊柱管狭窄症】脊椎(背骨)には神経の通り道である脊柱管と呼ばれる孔があります。それが加齢から狭くなり、神経が圧迫されていることが画像診断検査から認められたものを脊柱管狭窄症と呼びます。根本治療は脊柱管の狭窄整形手術です。
    【腰部変形性腰痛症】加齢に伴って腰椎は誰でも変性します。画像診断検査から診断されますが、多くは歳相応の骨変性で、ときに腰椎の○番目が云々と言われます。尚、加齢に伴って筋肉の能力・柔軟性は衰えますので、筋肉性の腰痛が起こりやすいです。
    【腰椎すべり症】腰椎と腰椎は連結していますが、加齢から腰椎周りの靭帯がゆるみ、腰椎の連結部がすべった所見が画像診断検査から認められたものを腰椎変性すべり症と呼びます。でも、治療は痛み止め(湿布、内服、注射)やコルセットです。原因は靭帯のゆるみのため、腰部の筋肉への負荷が増すため、筋肉性の腰痛が起こりやすいです。▶戻る
    注2:神経痛覚の高まり
    末梢神経は繰り返し痛みが入力されると、その反応性が高まることが知られています。言わば、知覚過敏による痛みです。また、痛みは脳の修飾を受けるとされ、腰痛のストレスはもとより、日々のストレスも影響します。言わば、脳過敏による痛みです。鍼灸は知覚過敏や脳過敏の是正作用が認められています。▶戻る
    注3:腰部周りの筋肉
    体幹を支持する腰部は膜状の腱(腰背腱膜)で覆われ、腰背腱膜は固有背筋・広背筋・腰方形筋などの腱となり骨盤上部(腸骨陵)に付着しています。その深部には大腰筋や回旋筋、多裂筋があります。また、体幹の支持は臀部(尻)の筋肉も関与しています。鍼灸は筋緊張緩和、血行促進、疼痛緩和の作用が認められています。▶戻る

    ▶▶診療案内へ

    診療時間、施術料、周辺地図、初診Q&Aなど。

鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269