本文へスキップ

つわりの鍼灸院-大阪市西淀川区淀川区JR塚本駅1分

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

つわりの治療-大阪市西淀川区淀川区JR塚本駅1分の小西鍼灸院

 悪阻(つわり)の鍼灸治療

  •  はじめに

    伝統医学の鍼灸治療は、現代医学からも薬の代替医療や、薬だけでは対応に苦慮する症候への補完医療として活用される医療です。その治療法は身体への鍼・灸から効果的な生体反応を引き出すもので、その治療点をツボと呼びます。耐え忍ぶよりも、古来より悪阻(つわり)を治療してきた鍼灸治療をご活用下さい。

     当院の悪阻(つわり)の治療

    1.自ら治す癒す力を高める

    2.肝気上逆の緩和

    3.胃気虚の緩和

    4.治療効果と自宅療法


    1.自ら治す癒す力を高める

    悪阻(つわり)は西洋医学が妊娠によるホルモンの変化、東洋医学(中国医学)が妊娠による気血循環の変化とするものの、いずれもその変化に母体が順応しきれないこと、言わば「自ら治す癒す力の乱れ」から起こると考えられています。よって、自ら治す癒す力を整える(高める)施術を行います。
    気血循環は十四の経脈の協調によって営まれていますが、妊娠すると胞宮が閉じられ、経脈の協調の乱れた結果として悪阻(つわり)が起こります。よって、経脈の疎通を計る(経脈の調和を計る)施術を行います。これにより自ら治す癒す力が高まり、その結果として悪阻(つわり)の緩和に繋がります。
    欧米では自ら治す癒す力を高める医療をholistic medical careと呼び、鍼灸はその治療法として高く評価されています。漢方やハーブは生薬で、用法の誤りや過剰摂取では副作用がありますが、鍼灸は効果的な生体反応を引き出す治療のため、より身体に自然な治療法です。

    2.肝気上逆の緩和

    妊娠による気血循環の変化に母体が順応しきれないために悪阻(つわり)が起こるとお話しまたが、その病態としては胃気の上逆で、それを増長するものがストレス(肝気上逆)です。初産婦では身体の変化への不安・心配というストレス、経産婦では前回の悪阻(つわり)のトラウマというストレス、仕事や育児のある人ではそのストレスが、悪阻(つわり)を増長します。
    胞宮が閉じると胎児を養うために肝血が胞宮に集中するため、その結果として肝気が上逆し、それにつられて胃気も上逆します。よって、肝気の上逆を緩和する施術を行います。症状としては胃の不調(消化不良、吐き気、嘔吐)だけでなく、頭重・頭痛、口が苦い、肩こり、胸脇が張る、抑うつ感などを伴いやすいです。

    3.胃気虚の緩和

    元々に胃の働きの弱い人(胃気虚の人)は、そこに妊娠による胞宮が閉じることによる気血循環の変化が加わることにより、胃気の通降作用が阻害され胃気の上逆を増長します。元々に胃の働きが弱くない人でも冷飲食が過ぎると、胃の働きが弱くなりますので、やはり胃気の上逆を増長します。
    よって、胃の働き(胃気)を高める施術を行います。気になる腹部への施術は上腹部(みぞおち)への施灸にとどめ、手足のツボを用いて胃の働きを促進します。それを遠道刺(古代刺法)と呼びます。
    症状としては胃の不調(消化不良、吐き気、嘔吐)だけでなく、倦怠感、気力の低下、常に眠い、食臭過敏、流涎(よだれ)などを伴いやすいです。

    4.治療効果と自宅療法

    悪阻(つわり)は比較的に即効性がありますが、つわりは体質、性格、年齢、生活環境や仕事なども関与し、つわりの軽減・緩和の持続度には個人差があります。一回の施術で悪阻(つわり)を乗り切れることがあれば、悪阻(つわり)を乗り切るために幾度か(週に1~2回)の施術が必要になることもあります。
    ご希望の方には、施術効果をできるだけ持続させるために自宅療法を指導しております。手首の少し上のツボに皮内鍼(シールに0.9mmの鍼が付いているもの)を自宅でご自身で貼って頂きます。
    尚、悪阻(つわり)はセルフケアも大切です。食事を1日に3食と決めるのではなく、口当たりの良いもの・食べれるものを小分けに頻回に摂るのが良いでしょう。朝方や夕方など症状が現れやすい人は、起床時や夕刻前にクラッカーやビスケットなどを少し食べるのも方法です。
    どうしても食べれない際は、水分(できれば電解質を含む飲料:スポーツドリンクなど)だけでも補給するように心がけましょう。そして、環境や精神的な要素が影響しますので、強い臭い、喚起不足、高温多湿、騒音や緊張をともなう作業は避けることをお勧め致します。また、つわり中は歯磨きが億劫になりますが、マウスウォッシュなどで口腔ケアに気を配りましょう。

    ▶▶HOMEへ

    診療日・時間、施術料、周辺地図、よくある質問など。

鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269