本文へスキップ

つわり治療-大阪駅梅田の次 JR塚本駅1分の鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市西淀川区と淀川区の境、JR塚本駅から徒歩1分のつわり治療の鍼灸院です。

 つわりと鍼灸治療

  •  つわりとは

    つわりとは「妊娠5~6週頃より出現する悪心、嘔吐、食欲不振、食嗜変化などの消化器症状」をいい、一般に朝方に悪心・嘔吐が現れることから、欧米では「morning sickness」と呼びます。しかし、実際には、悪心・嘔吐は朝方に限らず、夕方や夜に現れたり、食欲不振だけでなく、倦怠感、頭痛、よだれ等に悩む方も少なくありません。

    つわりの考え方と治療

    1.つわりと西洋医学

    妊娠16週頃には消失するとされますが、妊娠後期まで続くこともあります。そして、経過観察になる(我慢を強いられる)ことが多いですが、その我慢(ストレス)から症状が増悪することもあります。
    つわりの原因は諸説があるものの、未だ詳細な原因は解明されておらず、その治療は諸症状に対するものではなく、飢餓状態リスクに対する点滴(水・電解質・栄養補給)が主体になります。ときに飢餓状態(脱水・栄養失調)によっては入院管理になることもあります。また、諸症状に対する薬剤投与は、胎児への影響から極力避けることは言うまでもないでしょう。

    2.つわりと東洋医学

    東洋医学では「つわりは妊娠前あるいは妊娠後の心身の状態に加え、受胎による体内環境の変化から起る」と考えられています。具体的には以下の通りです。

    肝胃不和

    ストレスを受けると肝気が鬱結した状態になります。そして、妊娠すると、胎児を養うために血が胞宮に集結することによって肝血不足となり、相対的に肝気が高ぶりやすい状態になります。したがって、妊娠前から、あるいは妊娠後にストレスを受けると、肝気の巡行が乱れ、胃気に影響を侵し、胃気の上逆(正常の胃気は通降)が起こって悪心、嘔吐が起こります。口が苦い、胸脇が張る、頭痛、抑うつ感なども起りやすいです。
    ひとえにストレスと言っても、そもそも、つわりがストレス(特に初産では初めての経験)であり、仕事や家事、経産婦では育児などによるストレスもあります。

    胃気虚・胃陽虚

    胃気虚は、体質的に胃気の弱い(胃の働きが弱い)ところへ、妊娠によって胞宮が閉じるために胃の通降作用が障害されて、胃気の上逆が起こって悪心、嘔吐が起こります。お腹が張る、倦怠感、気力が湧かない、常に眠たいなども起こりやすいです。胃陽虚は、冷飲食、生食のし過ぎから胃気(胃の働き)が弱まっているところへ、妊娠によって胞宮が閉じるために胃の通降作用が障害されて、胃気の上逆が起こって悪心、嘔吐が起こります。胃がが痛む、温かいものを好む、冷えを感じることも起こりやすいです。
    尚、先に挙げた「肝胃不和」から胃気が弱り、「胃気虚、胃陽虚」を合併することもあります。

    痰飲

    脾胃(胃腸)が弱かったり、水分の摂り過ぎから痰飲が溜まると、胃気が通降できずに上逆を起して悪心、嘔吐が起こります。口が粘る、よだれ、胸が張る、息切れ、味覚低下なども起こりやすいです。
    尚、先に挙げた「肝胃不和、胃気虚、胃陽虚」から脾胃が弱り、「痰飲」を合併することもあります。

    3.つわりの鍼灸治療

    鍼灸治療とは

    鍼灸治療とは古代中国の先人達が編み出した医術で、伝統医学として受け継がれつつも、西洋医学の視点からも研究が進む医療です。その効能はWHO(世界保健機関)など様々な公的機関に認められています。
    よく耳にするツボは鍼灸の治療点で、ツボに鍼や灸による刺激を与え、それによって起こる効果的な生体反応を利用し、生体機能の変調を矯正する治療法です。

    当院のつわり治療

    当院では臨床経験や知見による独自の全身調整法に加え、諸症状に対応した治療を施し、つわりの軽減、回復を計ります。気になる腹部への施術はありませんが、上腹部(みぞおち)への施灸はあります。
    1回の治療で軽減・回復に向かうことがあれば、週に1~2回程度の治療が必要になる場合もありますが、1回1回の治療の積み重ねから症状は次第に軽減・回復していきます。
    頭痛、肩こり、腰痛のある場合には、その治療を併せて行います。妊娠したからといっても急に生活が変わるわけではなく、日常生活による頭痛、肩こり、腰痛になることがあります。
    できるだけ治療効果を持続させるための自宅療法をご希望の方にはその指導を行います。手首の少し上のツボに皮内鍼(シールに0.9mmの鍼が付いているもの)を自宅でご自身で貼って頂きます。
    尚、セルフケアも大切です。食事を1日に3食と決めるのではなく、口当たりの良いもの・食べれるものを小分けに頻回に摂るのが良いでしょう。朝方や夕方など症状が現れやすい人は、その前にクラッカーやビスケットなどを少し食べるのも方法です。どうしても食べれない際は、水分(できればスポーツドリンクの様に電解質を含む飲料)だけでも補給するように心がけましょう。そして、環境や精神的な要素が影響しますので、強いにおい、喚起不足、高温多湿、騒音や緊張をともなう作業は避けることをお勧め致します。また、つわり中は歯磨きが億劫になりますが、マウスウォッシュなどで口腔ケアに気を配りましょう。

    ▶診療時間・料金へ

鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269