本文へスキップ

首こり肩こり-大阪駅の次 JR塚本駅1分の鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市西淀川区と淀川区の境、JR塚本駅から徒歩1分の首こり肩こり治療の鍼灸院です。

 首こり肩こりの鍼灸治療

  • 鍼灸治療とは

    簡単にいうと「鍼や灸でもってツボにアプローチするという身体に自然な非薬物療法」で、ツボとは一定の法則に基づく鍼灸の治療点です。そして、その有効性はWHO(世界保健機関)などの公的機関に認められ、西洋医学的にも健康増進や疾病の予防・治療に応用される医療です…▷詳細

    当院の首こり肩こり治療

    首こり肩こりと言っても、こりの部位や範囲、その程度は様々で、頭痛、めまい感、眼精疲労を伴うこともあります。当院ではお悩みの症状などをお伺いし、西洋医学の視点からの首・肩周囲などの治療に加え、東洋医学の視点からの全身治療を施すことにより、お悩みの症状の軽減、回復、予防を計ります。

    主な治療内容は以下の通りですが、治療内容は鍼灸院により差異がありますので予めご了承下さい。

    1.後頚帯の筋緊張の緩和

    筋緊張とは凝り(こり)のことです。初めは後頚帯の一部の筋肉の筋緊張ですが、次第に筋緊張は他の筋肉へ波及していき痛む範囲が広がったり、痛い部分を庇うことから代償的に筋緊張が移動することもあります。そして、筋緊張の持続から筋肉を構成する筋線維の一部が痙攣したり硬くなったり、筋線維を包む筋膜同士が密着して筋肉の伸縮を阻害することもあります。
    とは言え、それが起こっている後頚帯の範囲は首の後方・側方、肩部、肩甲部までと広範囲で、その筋肉は、後頭下筋、頭半棘筋、頭板状筋、斜角筋、胸鎖乳突筋、僧帽筋、肩甲挙筋、菱形筋、後鋸筋などがあり、表層から深層の筋まであります。ゆえに、当院では痛む部位・痛み方などからそれらを勘案してツボを処方します。
    尚、首こり肩こりのほとんどが筋肉性であることは言うまでもなく、病院で何等かの原因疾患を診断されている人でも、筋肉性の凝りである可能性は高く、当院の治療から症状の軽減・回復が期待できます。

    2.神経系へのアプローチ

    痛みには閾値(痛みへの感度)があり閾値に到達しないと痛みを感じませんが、痛みを反復あるいは継続すると閾値が低下し、痛覚が敏感になるとともに痛覚の領域も拡大していきます。その結果として、容易に痛みを引き起こし、痛みが持続したり、痛む範囲が広範囲になったりします。
    例えば、頸神経は第1~8まであり、頸神経の一部から構成される神経は後頭部・側頭部へ上行し、かつ頭部の三叉神経と吻合し、また頸神経の一部は肩や肩甲骨部、手腕の神経を構成します。ゆえに首こりが頭・肩・手腕への痛みや怠み(違和感)へ繋がることもあります。また、痛み信号は末梢の受容器から脊髄神経を介して脳へ上行します。ゆえに当院では、痛む局所だけでなく、末梢神経の走行や痛み信号が入力される脊髄神経部位を勘案してツボを処方します。
    尚、病院で何等かの原因疾患を診断されている人でも、当院は神経系へのアプローチを行いますので、首こり肩こりの軽減・回復が期待できます。

    3.東洋医学からの治療

    東洋医学(中国医学)では「不通即痛:通じざるは即ち痛み」といい、気血が通じなくなる(気血が停滞する)と痛みが起こると説き、一般に気の停滞は張った、重い感じなどの鈍い痛みが起こり、血の停滞は鋭い痛みが起こるとされています。そして、「通即不痛:通じれば即ち痛まず」と説くことから、当院では気血の流れを促進すべく、首・肩・肩甲部の経絡の走行を勘案してツボを処方します。
    また「肝主筋,肝主身之筋膜:肝は筋を主り、肝は全身の筋膜を主る」と説き、「肝蔵血:血流調節」「肝主疏泄:神経伝達」「肝気通目:目の活動」などの働きがあります。ゆえに肝の気血の乱れが、首こり肩こりだけでなく、頭痛、めまい感、目の疲れ、女性では生理不順や生理痛の要因になることもあります。ただ、それは一例ですので、当院ではお悩みの症状を伺い、中国医学による全身治療(ツボ処方)を行います。

    4.頭痛・眼精疲労・めまい感

    頭痛の多くは後頚帯の筋緊張が頭部の薄い筋肉(皮筋)に波及したり、頸神経叢の興奮によるもの(痛みの拡大)や、頸神経叢と吻合する三叉神経に波及したもの(神経の興奮の波及)です。とは言え、首こり肩こりが頭痛の原因ではありませんので、当院では総合的に治療します。
    現代はスマホ・パソコンが欠かせない生活のため、その操作による首こり肩こりだけでなく、眼精疲労を伴うことが多いです。また、眼精疲労は頭痛の原因の1つになります。ゆえに眼精疲労を伴う場合は、首こり肩こりと併せて眼精疲労も治療します。
    めまいには回転性と非回転性があり、非回転性(フアフアした感じ、浮遊感ともいう)をめまい感といいます。めまい感を引き起こす1つに頸性めまいがあり、頸部(首)の筋肉の過緊張とそれに伴う頸部交感神経(自律神経)の過緊張が原因とされています。ゆえに首こりを治療することで、めまい感の軽減・回復が期待できます。
    尚、東洋医学(中国医学)にも独自の頭痛、眼精疲労、めまい感の概念がありますので、当院では症状を良くお伺いして治療を行います。

    首こり肩こりの症状や程度は十人十色で、頭痛、眼精疲労、めまい感などを伴うこともあります。1回の治療で回復または回復に向かうことがあれば、状態により幾度か(週に1~2回程度)の治療が必要な場合もありますが、1回1回の治療効果の積み重ねから症状の程度が軽減・回復していきます。

    ▶診療時間・料金へ


鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269