本文へスキップ

首こり肩こり-大阪駅の次 JR塚本駅1分の鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市西淀川区と淀川区の境、JR塚本駅から徒歩1分の首こり肩こり治療の鍼灸院です。

 首こり肩こりの鍼灸治療

  •  はじめに

    凝り(こり)とは、筋肉が怠い、重い、張る、痛い感じが複合した極めて不快な感じを呼びます。それが、頭の後方の髪の生え際から、首すじ、背中上部に起こったものを『首こり』または『肩こり』と呼び、その違いは主観によるものです。
    背骨は頭蓋の中心よりも後方に位置するため、頭蓋は常に前方に曲げる力が加わっており、それを首の後側の種々の筋肉(後頚帯の筋)が支えています。よって、筋肉はある程度の緊張度を常に保持していますが、うつむきや、猫背(頭を突き出す)などの姿勢を伴う作業の多用・持続では、後頚帯の筋の緊張度が高まり、その結果として凝り(こり)が起こります。
    通常、凝り(こり)は数日程度で自然に回復しますが、緊張度が高まった状態から繰り返し筋肉に負荷をかける作業を行うと、自然では筋肉の緊張が解けず、凝り(こり)を発し続けます。ときに頭痛、めまい感を引き起こすこともあります。
    そこで、漫然と薬を使い続けたくない場合、薬が効かない場合、身体に自然な治療を求める場合は、鍼灸治療をご活用下さい。凝り(こり)や、頭痛、めまい感だけでなく、眼精疲労にも効果があります。

     鍼灸治療とは

    鍼灸治療とは、ツボに鍼や灸による刺激を与え、それによって起こる効果的な生体反応を利用し、生体機能の変調を矯正する医術です。古代中国を発祥とする伝統医学ですが、現代医学(西洋医学)からも注目され、薬の代替医療や、薬だけでは対応に苦慮する症候への補完医療として活用されています。
    凝り(こり)に対する当院の治療は以下の通りです。

    1.凝りの悪循環を断つ

    凝り(こり)の局所では、筋肉が持続的に緊張することにより血管が圧迫されて血行が阻害されます。その結果、酸素不足、代謝産物蓄積(乳酸、リン酸など)の蓄積される障害が起き、発痛物質(プロスタグランジン、ブラジキニンなど)が産生され、それらがさらに筋肉の緊張を亢進するという悪循環に陥ります。よって、凝り(こり)はその悪循環を断ち切ることが大切になり、鍼灸治療は様々な身体の機能に作用し、その悪循環を断ち切るのに有効です。
    骨格の支持・運動は種々の筋肉が強調して行っています。一般に凝りの中心となるのは僧帽筋とされていますが、頭の後方の髪の生え際から、首すじ、背中上部は、様々な筋が重層的な構造になり、悩みとなる凝りは僧帽筋の下に隠れている後頭下筋、板状筋、半棘筋、肩甲挙筋、菱形筋などです。よって、凝り方(症状)から凝っている筋肉を勘案して施術を行います。

    2.神経の興奮を鎮める

    痛みは神経の興奮(信号)が脳に伝達されることにより知覚しますが、痛み信号が繰り返し入力され続けると、脳に到達するまでの経路(伝達機構)に異常が生じ、痛覚が過敏になることが分かっています。その結果、末梢では疼痛領域と疼痛需要が拡大し、容易に痛みを引き起こします。つまり、痛みに変化する時間が短縮したり、痛みが持続したり、凝り(こり)が起こっていない部位まで痛みを感じることもあります。よって、痛みは神経の興奮を鎮めることが大切になり、鍼灸治療は神経の興奮を鎮める(痛みの伝達機構の異常を回復させる)のに有効です。
    尚、痛みは先に述べた悪循環にも関与し、痛みはさら筋肉の緊張を亢進させます。また、痛みは知覚神経のみならず、自律神経にも影響し、自律神経(交感神経)の興奮から血管が収縮することからさらに筋肉の緊張を亢進させます。鍼灸治療は自律神経にも作用します。

    3.頭痛、めまい感、眼精疲労

    頭痛に首こり肩こりが関与することが知られており、凝り(こり)を治療するだけでも頭痛の軽減・緩和が期待できますが、頭痛は、首こり肩こりだけでなく、頭の筋肉(皮筋)、目に関わる筋肉(外眼筋)、顎の筋肉(阻斜筋)も関与します。もちろん、それらに関わる知覚神経(三叉神経、後頭神経)や自律神経も関与します。よって、頭痛の発症、経過、痛み方をお伺いし、それらへの治療を行います。
    めまいには回転性と非回転性があり、非回転性(浮遊感:フアフアした感じ)をめまい感と呼びます。めまい感を引き起こすものに『頚性めまい』があり、頚部(首)の筋肉の過緊張とそれに伴う頚部交感神経(自律神経)の過緊張が原因とされています。よって、それらへの治療を行います。
    眼精疲労は目に関与する筋肉の凝り(こり)です。目を凝らす作業(良く見ようとじっと見つめる)を多用すると、無意識に眉根を寄せることから皺眉筋が凝り、水晶体を厚くするために毛様体筋が凝り、眼軸を寄せるために外眼筋が凝ります。それが眉根の痛みや目の圧迫感、目の奥の痛みを引き起こします。よって、それらへの治療を行いますが、目に鍼はできませんので、目の周囲などのツボに鍼をします。

    4.治療効果について

    ひとえに首こり肩こりと言っても、その病態は十人十色です。また、頭痛、めまい感、眼精疲労を伴う人もいます。1回の治療で劇的に改善される人がいれば、幾度かの治療が必要になる場合もあります。初めは週に1回(~2回)の治療から始め、症状の回復状況から徐々に治療間隔を空けていけば良いでしょう。
    尚、そもそも病気はその人にとっての弱い部分に現れやすく、首こり、肩こり、頭痛、めまい感、眼精疲労は体質、生活環境、特に作業性(仕事)が関与します。よって、何かおかしいなと思ったら鍼灸治療を受けることが辛い首こり、肩こり、頭痛、めまい感、眼精疲労の予防、ひいては健康増進に繋がります。

    ▶▶診療時間・料金へ

    尚、鍼は痛くない? 灸は熱くない等のご質問は『鍼灸Q&A』、鍼灸治療とはどういう治療?の詳細は『鍼灸とは』、JR塚本駅から当院までの地図は『アクセス』をご覧下さい。

鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269