本文へスキップ

薬物乱用頭痛-大阪駅の次 JR塚本駅1分の鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市淀川区と西淀川区の境、JR塚本駅から徒歩1分の薬物乱用頭痛治療の鍼灸院です。

 薬物乱用頭痛

  • 1.薬物乱用頭痛とは

    頭痛薬の過剰服用の副作用から頭痛を引き起こしていると考えられる状態をいいます。
    診断基準としては、
    ①以前から頭痛をもつ患者において、頭痛が1ヶ月に15日以上存在する。
    ②1種類以上の頭痛薬を3ヶ月を超えて定期的(都度)に服用している。

    2.薬物乱用頭痛の原因

    頭痛は最も嫌な感覚の1つで、頭痛から逃れたい、仕事、学業、家事などへの支障などから、ついつい早め早めに市販薬や処方箋薬の頭痛薬を服用してしまうことや、頭痛が悪化しているとは思わず、頭痛が治らないためにさらに市販薬や処方箋薬を漫然と服薬または服用量を増やし続けることです。
    その結果として、頭痛薬の過剰服用が引き金となり、痛みに対する感受性が過敏になってしまうこと(痛覚過敏)が原因と考えられています。一般に頭痛薬は月に10日までの服用が推奨されています。処方箋が10日分迄なのはそのためです。
    尚、痛覚過敏は頭痛薬の副作用だけではありません。痛みを反復あるいは継続すると閾値(痛みを感受する値)が低下することが知られており、その結果として痛覚過敏を引き起こすこともあります。ゆえに頭痛を引き起こす原因(例えば、首こり肩こり、眼精疲労など)に対する治療も大切です。

    3.薬物乱用頭痛の問題

    病院においては、過剰服用の原因となった頭痛薬を中止し、その後に起こった頭痛は別の頭痛薬で対処します。そして、頭痛日記を記録し、頭痛が起こった日数、頭痛薬の使用日数を把握し、経過観察を行います。
    薬物乱用頭痛の治療成功率は高いとされるものの、再発性(1年以内の再発性)が高いともされています。また、頭痛は最も嫌な感覚のために、適正な頭痛薬の服用に戻すのが難しいともされています。
    したがって、

    ・服用しても効かなくなってきた

    ・服用しても残痛感・頭重感が残る

    ・薬理作用が切れると頭痛がぶり返す

    ・服用日数・用量が増えてきた

    ・頭痛薬を変えることが多い

    その様な場合は非薬物療法の鍼灸治療をご活用下さい。当院の頭痛治療は、発症してからの頭痛の回復(鎮痛)はもとより、発症前から治療を行うことにより頭痛の発症頻度の低減、仮に発症してもその痛みの軽減を計る治療です。

    詳しくは「当院の頭痛治療」をご覧下さい。


鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269