本文へスキップ

混合型頭痛って?-大阪尼崎駅間JR塚本駅1分の鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

混合型頭痛-大阪市西淀川区淀川区JR塚本駅1分の小西鍼灸院

 混合型頭痛

  •  混合型頭痛って?

    頭痛もちと自覚される人は緊張型頭痛や片頭痛の両方を持ち合わせることが多いです。それを混合型頭痛と呼びます。しかし、臨床的な診断名のため、緊張型頭痛または片頭痛と診断されることがあれば、その両方と診断されることもあります。よって、症状は緊張型頭痛や片頭痛の両方に該当します。
    以下、緊張型頭痛を「緊」、片頭痛を「片」とします。

    1.持続時間

    「緊」30分~7日間持続する。
    「片」4~72時間持続する。

    2.頭痛症状

    「緊」両側性の締め付け感または圧迫感で、痛みは軽度から中等度、日常動作から痛みは増悪しない。
    「片」片側性の拍動性の痛みで、痛みは中等度から重度、日常動作から痛みが増悪する。

    3.随伴症状

    「緊」悪心、嘔吐はなく、光や音の過敏は一方のみ。
    「片」悪心、嘔吐があり、光や音への過敏がある。
    「片」では閃輝暗点(キラキラ、ギザギザした光が見える)などの前兆が起こる場合はある。
    ※ 臨床的には肩こり首こりが関与することがあり、「緊」では直接的原因として知られ、「片」では前触れ(引き金)として知られています。そして、「緊」発症後に引き続き「片」を発症することや、「片」が軽減するも「緊」の症状が残る(続く)こともあります。

    4.治療

    頭痛薬は「緊」が非ステロイド性抗炎症薬(鎮痛薬:市販薬あり)、「片」がトリプタン薬(血管収縮薬:市販薬はない)になります。いずれにせよ、その両方を含めて月に10日迄の服用が推奨されており、それ以上の服用では副作用から返って頭痛がこじれることがあります。しかし、頭痛薬から頭痛がこじれているとは思わないために、さらに頭痛薬の服用日数や服用量を増やし続け、ますます頭痛がこじれます。
    そこで、頭痛薬が思うように効かない場合、頭痛薬の服用回数を減らしたい、身体に自然な治療を求める場合は、鍼灸治療をご活用下さい。伝統医学の鍼灸治療は、現代医学からも薬の代替医療や、薬だけでは対応に苦慮する症候への補完医療として活用される医療です。その治療法は身体への鍼・灸から効果的な生体反応を引き出すもので、その治療点をツボと呼びます。

    詳しくは『頭痛治療』をご覧下さい。


鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269