本文へスキップ

頭痛薬の使い過ぎ-大阪府鍼灸師会・日本鍼灸師会会員

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市淀川区と西淀川区の境、JR塚本駅徒歩1分、頭痛治療の鍼灸院です。

 頭痛薬の使い過ぎ

  •  頭痛薬の使い過ぎ

    痛み(頭痛)は最も嫌な感覚の1つで、頭痛から逃れたい、仕事、学業、家事などへの支障などから、ついつい早め早めに市販の頭痛薬や処方箋の頭痛薬を服用してまう傾向があります。
    それが返って副作用から頭痛をこじらせる原因に成ります。しかし、頭痛薬から頭痛がこじれているとは思わないために、さらに頭痛薬の服用日数や服用量を増やし続け、さらに頭痛がこじれていきます。
    頭痛薬は月に10日までの服用が推奨されています。

     副作用のメカニズム

    頭痛薬の使用過多が引き金となり、痛みに対する感受性が過敏になる(痛みの閾値が下がってしまう)ことが原因と考えられています。また、脳(中脳、偏桃体)には痛みを調節する機能があり、痛みを脳が脳内物質によって調節していますが、その機能が低下することが原因とも考えられています。

     頭痛薬の使い過ぎの治療

    病院では原因と考えられる成分の頭痛薬を中止します。そして、頭痛薬中止後に起こる頭痛は別の成分の頭痛薬で対処しながら様子をみます。必然的に頭痛に対してある程度の我慢が強いられ、頭痛薬の使用が制限されます。成功率は約70%とされ、1年以内に再発することが少なくないとされています。
    そこで、非薬物治療の鍼灸治療をご活用下さい。

    詳しくは『頭痛治療』をご覧下さい。


鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269