本文へスキップ

顔面神経麻痺・ベル麻痺-大阪府鍼灸師会の鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市西淀川区と淀川区の境、JR塚本駅から徒歩1分の顔面神経麻痺・ベル麻痺治療の鍼灸院です。

顔面神経麻痺の鍼灸治療

  • はじめに

    院長写真
    院長の小西雄二です。突然の顔面の麻痺にさぞかし驚かれたことと思います。私も平成22年(50歳時)に罹患しましたのでよく分かります。病院では急性期のステロイド薬や抗ウイルス薬の投与後はビタミン薬を服用しながらの経過観察になり、3~数か月しても回復しない場合は後遺症と告げられます。
    そこで、鍼灸治療をご活用(ご併用)下さい。私は投薬と自らの施術により1ヶ月頃から顔が動きだし、2ヶ月半頃には後遺症もなく全快しました。

    『顔面神経麻痺の鍼灸治療』

    鍼灸治療は古代中国を発祥とする伝統医学ですが、現代医学からも、薬の代替医療や、薬だけでは対応に苦慮する症候への補完医療などに活用される医療です。
    顔面神経麻痺への当院の施術は以下の通りです。
    1.免疫力(自然治癒力)を高める
    2.血行の促進
    3.表情筋の萎縮の予防
    4.施術と治療効果について

    1.免疫力(自然治癒力)を高める

    顔面神経麻痺は過労や心労、寒冷から免疫力が低下し、顔面神経に起った炎症が急速に進行して神経が侵された結果、片側の口の歪み、しわの消失、眼が閉じれない、味覚消失、聴覚過敏などが起こります。見た目に口や眼が特徴的なことから中国医学では口眼歪斜と呼びます。
    よって、免疫力の向上を計る治療を行います。ヒトには体内環境を自律的に適正な状態に戻す力(自然治癒力)があり、免疫はその1つです。よって、自然治癒力を高める治療とお考え下さい。自然治癒力を高める薬はなく、それが西洋医学に鍼灸が注目される理由の1つです。当院では種々の文献や臨床経験から考案した独自の調整術を行います。

    2.血行の促進

    顔面神経麻痺は寒冷刺激から起こることが知られており、神経は血液から栄養を受けています。中国医学では神経や動静脈を包括して経脈と呼び、顔面の経脈が阻滞する(空虚になる)ことから顔面麻痺が起こると考えられています。よって、血行を促進する治療を行いますが、当院では顔面にとどまらず、全身治療を行います。尚、マッサージは血行を促進しますが、強くマッサージは後遺症の共同運動リスクが高まると指摘されています。共同運動とは、神経再生時に神経が標的筋ではない筋に迷入し、口を動かすと目が閉じるなどが生じたものをいいます。

    3.表情筋の萎縮の予防

    顔面神経麻痺の回復には日数がかかります。問題はその間に表情筋(眼輪筋、口輪筋、頬筋、咬筋など)が委縮することです。萎縮の程度によっては神経が回復しても表情筋は動きずらくなります。また、通常は両側の表情筋がバランスを取っていますが、麻痺が起こっている側の表情筋は、麻痺の期間中、常に健常な側の表情筋に引っ張られており、片側の顔にこわばりが起こります。よって、麻痺側の表情筋に対して施術(治療)を行います。尚、顔面を知覚する神経は三叉神経のため、顔面神経が麻痺しても、こわばり、痛みなどは知覚します。

    4.施術と治療効果について

    【施術】
    顔面神経麻痺の鍼治療には低周波(電気)を用いて表情筋を強制的に動かす治療法がありますが、後遺症リスクの共同運動リスクが高まるとの指摘があります。よって、当院では電気鍼は行わず、置鍼(針を刺して一定時間留置する方法)を行います。
    【治療効果】
    顔面神経麻痺は、脳から顔面に出る部分(耳の奥にある顔面神経管内)に炎症が起き、その結果として顔面神経管より末梢側の神経が損傷された病態です。よって、神経の再生には日数がかかります。
    当院では1週間に1~2回程度の施術を行い、1~3ヶ月を目途に治療効果を鑑み、その後の施術はご相談させて頂いております。私の場合(50歳時に罹患)では1ヶ月後から日増しに回復がみられ、2ヶ月半ほどで全快しました。
    病院では急性期治療(ステロイド薬投与)の後はビタミン薬を服用しながらの経過観察です。よって、経過を見守るだけでなく、鍼灸治療をご併用下さい。

    ▶▶HOMEへ

    診療日・時間、施術料、周辺地図、よくある質問など。

鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269