本文へスキップ

顔面神経麻痺-大阪駅の次 JR塚本駅1分の鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市西淀川区と淀川区の境、JR塚本駅から徒歩1分の顔面神経麻痺・ベル麻痺治療の鍼灸院です。

顔面神経麻痺(ベル麻痺)と鍼灸治療

  • 1.ベル麻痺とは

    私もH22年に罹患したベル麻痺は顔面神経麻痺の約70%を占める疾患です。スコットランドの医師:チャールズ・ベル(1774~1842)が種々の顔面神経麻痺を報告したことから、以前は顔面神経麻痺をベル麻痺と呼びましたが、現在は突発性の原因不明の顔面神経麻痺をベル麻痺と呼びます。ただ、顔面麻痺は古来よりある病気で、中国医学は面癱または口眼歪斜と呼びます。
    【症状】
    突発的に顔面の片側だけに起こるのが特徴で、顔面神経が麻痺(機能消失)することから、顔の歪み・引きつり、目が閉じれない、飲水時のこぼれ、食べ物のこぼれ・偏り、よだれ、会話の不自由感、舌の一部の味覚異常、金属音やうがいの音などが響く聴覚過敏、目の乾き(涙の分泌低下)などが挙げられます。
    ※顔面神経の作用は、顔面部の筋運動、アブミ骨筋の運動(聴覚の伝音)、舌の3分の2の味覚、涙腺、唾液腺を主ります。
    【治療】
    原因は不明ながらも、その病態は側頭骨の顔面神経管内での顔面神経の炎症性浮腫とされるため、病院では急性期にステロイド(抗炎症作用)を大量投与し、その後はビタミン剤(栄養補給)の投与を続け、顔面神経の再生を経過観察します。そして、3~数か月しても回復し得ない症状は後遺症と診断され治療は終了します。
    ただ、先ほどお話したように、顔面麻痺は古来よりある病気で、中国では西洋医学だけでなく、鍼治療が併用されています。

    2.当院の鍼灸治療

    当院では、現代医学の鍼治療に加え、中医医学の伝統的鍼灸治療を施します。ベル麻痺(顔面神経麻痺)への鍼治療は、東京女子医科大学、明治国際医療大学、筑波技術大学などでも鍼治療が行われていますので、鍼治療を試してみてはいかがでしょうか。

    1.血流の改善を計ります。

    病態は側頭骨の顔面神経管内での炎症性浮腫による血流障害(局所性貧血)から起こっており、顔面部の血流の改善を計ります。中国医学では気血の循環障害から経絡が空疎になることから起こるとされ、片側の顔面の寒冷刺激後にしばしば発症することからも、血流の改善が大切と考えます。

    2.顔面の筋拘縮の予防を計ります。

    鍼治療は筋緊張を緩和する作用が認められていますが、その作用は筋拘縮の軽減にも役立ちます。鍼治療を開始してから表情が良くなった、鍼の後は顔の動きが軽くスムーズになるといったお声を頂いています。ただ、1回の治療ではなく、継続治療の結果になりますので悪しからずご了承下さい。

    3.後遺症の軽減が期待できます。

    私(H22年50歳時に罹患)の場合は、片側全体の顔面部の麻痺:ひたいの皺寄せ不能、目が閉じれない、鼻が膨らまない、口の歪みに加え、聴覚過敏、味覚障害などがあり、病態としては重症になり、後遺症が残るの可能性が高いと告げられましたが、全快しました。

    4.低周波刺激(電気鍼)は行いません。

    顔面神経麻痺の鍼治療には低周波刺激(電気鍼)がありますが、共同運動(後遺症)リスクが指摘されているため、当院では電気鍼は行わず、置鍼(針を刺して一定時間留置する方法)を行います。尚、伝統的鍼灸治療も行うため、局所ではなく全身治療になります。

    治療期間は一概に言えませんが、1週間に1~2回程度の治療を行い、1~3ヶ月を目途に治療効果を鑑み、その後の治療はご相談させて頂いています。尚、私の場合(50歳時に罹患)では1ヶ月後から日増しに回復がみられ、3ヶ月ほどで全快しました。
    より心地良く毎日を過ごすために、当院をご活用下さい。

    ▶診療時間・料金へ


鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269