本文へスキップ

VDT症候群とは-大阪府鍼灸師会・日本鍼灸師会会員

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市西淀川区と淀川区の境、JR塚本駅徒歩1分、VDT症候群治療の鍼灸院です。

 VDT症候群

  • 1.VDT症候群とは

    VDT症候群(Visual Display Terminals Syndrom)=眼精疲労と思われていますが、VDT症候群とは産業衛生学上の診断名、言わば職病病名(ディスプレイ、キーボード等で構成されるVDT機器を使用する作業従事者に対する職業病名)で、視作業、操作姿勢、ストレスなどから起こる一連の症候をいいます。現代はスマホ、パソコンが欠かせない生活であり、VDT作業の従事者でなくともVDT症候群と診断されることもあります。

    2.VDT症候群の症状

    VDT症候群の症状は単に視作業によるものではなく、作業(操作)姿勢が深く関与しますので、症状は多岐に渡ります。 厚生労働省が平成10年に行ったVDT作業の従事者に対する調査によれば、身体的疲労(特に痛み)を感じているものが77.6%にも及びます。
    このうちの部位別の症状は以下の通りです。
    ① 目の疲れ(痛み)90.4%
    ② 首、肩の疲れ(痛み)69.3%
    ③ 手腕、指の疲れ(痛み)22.5%
    ④ 腰の疲れ(痛み)22.0%
    ⑤ 背中の疲れ(痛み)19.5%
    ⑥ 頭痛 18.7%
    ⑦ 足の疲れ(痛み)3.3%
    ⑧ その他 1.0%

    3.VDT症候群の治療

    既にお分かりと思いますが、VDT症候群は全身症状です。ときにVDT症候群=眼精疲労と診断する眼科がありますが、眼科だけで症状が改善しないことは言うまでもないでしょう。
    そこで、鍼灸治療をご活用下さい。
    鍼灸治療とは、ツボに鍼や灸による刺激を与え、それによって起こる効果的な生体反応を利用し、恒常性機能(注釈)の変調を矯正する医術です。古代中国を発祥とする伝統医学ですが、現代医学(西洋医学)からも注目され、薬の代替医療や、薬だけでは対応に苦慮する症候への補完医療として活用されています。
    注釈:恒常性機能とは、生体が置かれている外的・内的環境の絶え間ない変化に応じて生体の機能性を安定した状態に保持する(回復させる)機能で、自律神経、知覚神経、内分泌、免疫、諸器官などが関与します。
    受診の際は、気になる症状をそのままご相談下さい。
    さらに詳しくは適応症状から当該頁をご覧下さい。

    ▶診療時間・料金へ


鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269