本文へスキップ

眼精疲労-大阪駅梅田の次 JR塚本駅1分の鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市西淀川区と淀川区の境、JR塚本駅から徒歩1分の眼精疲労治療の鍼灸院です。

 眼精疲労の鍼灸治療

  • 1.眼精疲労について

    そもそも眼科学会では「眼精疲労に対する特効薬はありませんが、ビタミン剤の配合された点眼薬や内服薬が有効である場合があります。」と述べています。したがって、ビタミン剤の配合された点眼薬や内服薬に頼るだけでなく、鍼灸治療をご活用(ご併用)下さい。また、眼鏡・コンタクトを作り直したり、ドライアイの点眼を続けても、諸症状が改善しない場合は、鍼灸治療をご活用(ご併用)下さい。

    2.鍼灸治療とは

    簡単にいうと、薬剤とは異なる作用機序をもつ「ツボに鍼や灸でもってアプローチする身体に自然な非薬物療法」です。「ツボ」は先人が長い年月をかけて見出した「東洋医学(中国医学)の知恵」で、その医術が「鍼灸治療」です。とは言え、その有効性はWHO(世界保健機関)などの公的機関に認められ、西洋医学的にも健康増進や疾病の予防・治療に応用される医療です…▷詳細

    3.当院の眼精疲労治療

    眼精疲労の発症、経過、目の症状は様々で、多くは頭痛、首や肩のこりを伴います。当院ではお悩みの症状などをお伺いし、東洋医学の視点からの全身治療に加え、西洋医学の視点からの局所治療を施すことにより、お悩みの症状の軽減、回復、予防を計ります。

    主な治療内容は以下の通りですが、治療内容は鍼灸院により差異がありますので予めご了承下さい。

    1.東洋医学による全身治療

    東洋医学(中国医学)は西洋医学と異なる概念があります。「肝気通於目:肝の気は目に通じる」「肝受血而能視:肝の血を受けて視ることができる」といい、肝(西洋医学の肝臓ではない)と目は深い関係にあることを説いています。そして、「久視傷血:久しく見ることは血を傷つける」「不通即痛:通じざる即ち痛み」とされ、目の使い過ぎなどから肝の気血が目に通じなることから目の症状、特に痛みが現れます。また、「肝宿魂:肝は魂(精神)を宿す」といい、ストレスによる肝の気血の乱れから目に症状が現れることもあります。その他、肝の気血の乱れは、肩こりや頭痛、頭暈(頭のふらつき)の要因にもなります。以上は一例で、当院ではお悩みの症状を伺い、それに合わせた中国医学による全身治療(ツボ処方)を行います。

    2.目にまつわる症状の治療

    目の機能は目に関わる様々な筋肉の働きに支えられており、その異常から目に症状が起ります。例えば、悩みとなる目の奥の痛みは外眼筋(眼軸調整、眼球運動に関与)の過緊張です。外眼筋は眼球を被って眼球の後方で結束する6本の筋肉で構成されています。ゆえに外眼筋が緊張すると目の奥の痛みや圧迫感を感じます。また、眉根の痛みは皺眉筋(眉を寄せる筋)の過緊張です。良く見ようと無意識に眉を寄せる行為を続けることから眉根に痛みが起こります。眼瞼や目の下のピクピク感は眼瞼挙筋や眼輪筋の疲労現象で、視力低下は毛様体筋(焦点調節に関与)の疲労現象です。ゆえに、当院ではそれらに応じた局所(目の周囲の顔面部)にツボを処方します。

    3.神経系へのアプローチ

    眼精疲労では視神経の異常とよく思われていますが、痛みは痛覚:知覚神経です。痛みには閾値(痛みへの感度)があり閾値に到達しないと痛みを感じませんが、痛みを反復あるいは継続すると閾値が低下し、痛覚が敏感になるとともに痛覚の領域も拡大していきます。その結果として、容易に痛みを引き起こし、痛みが持続したり、痛む範囲が広範囲になったりします。
    悩みとなる目の奥や眉根の痛みの知覚神経は眼神経(三叉神経第1枝)が知覚しており、眼窩内、前頭部(ひたい、こめかみ、鼻根など)に分布しています。ゆえに痛覚が過敏になると眼神経の分布する領域に痛みが広がったり、三叉神経(頭蓋と硬膜の間に豊富に分布)の領域にも痛みが広がることもあります。当院では三叉神経の顔面部の走行・分布を勘案してツボを処方します。

    4.頭痛・肩こりへの対応

    眼精疲労は頭痛の原因の1つですが、頭痛は首や肩のこり、噛みしめる癖などからも起ります。ゆえに、頭痛のある場合は、眼精疲労にとどまらず、当院では様々な角度からの治療(ツボの処方)します。
    そして、眼精疲労による首や肩のこりを訴えられますが、それは姿勢の問題です。眼精疲労ではパソコンやスマホの使い過ぎが指摘されますが、首や肩のこりはその操作姿勢(うつむきや猫背の多用)を考えれば理解できるでしょう。その操作姿勢から首・肩周りの筋肉が緊張して首や肩のこりが起こり、その痛覚の過敏反応から首や肩のこりが持続します。また、首こりは、頭痛だけでなく、めまい感(浮遊感:フワフワする感じ)が起こることもあります。ゆえに、当院では当院では様々な角度からの治療(ツボの処方)します。

    眼精疲労の症状や程度などは十人十色で、頭痛や肩こりなどを伴うこともあります。1回の治療で回復または回復に向かうことがあれば、状態により幾度か(週に1~2回程度)の治療が必要な場合もありますが、1回1回の治療効果の積み重ねから症状の程度が軽減していきます。

    ▶診療時間・料金へ


鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269