本文へスキップ

頸椎症-大阪駅梅田の次 JR塚本駅1分の鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市西淀川区と淀川区の境、JR塚本駅から徒歩1分の頸椎症治療の鍼灸院です。

 頸椎症(頸部脊椎症)

頸椎の退行性変化(加齢にる変化)により生じる病変で、ほとんどは中年以降に発生します。椎間板の変性、椎体やルシュカ関節・椎間関節部の骨棘形成により、項部(うなじ部分)などの局所症状、神経根症状、脊髄症状などの原因になることがあります。その病態は個人差(症状の軽重)が著しく、病態により診断名・治療法が変わり、鍼灸適応の可否も変わります。
鍼灸の適応は以下の通りです。
・症状は首や肩のこり、腕の軽いしびれ。
・診断は椎間が狭くなっている。
・診断名は頸椎症。
・診断名は変形性頸椎症。
・診断名は頸椎症性神経根症。
病院では牽引療法、湿布、鎮痛剤、ブロック注射が処方され、その後は経過観察です。思うように症状が回復しない場合、身体に自然な治療を求める場合は、鍼灸治療を試してみてはいかがでしょうか。
詳しくは「首こり肩こりと鍼灸」をご覧下さい。

尚、症状に箸(はし)が使いづらい、釦(ボタン)がかけにくいなど手腕の麻痺症状がある場合は、頸椎症性脊髄症といい、難治性のために病院では手術を勧められることが多いです。ゆえに鍼灸による改善は難しいです。


鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269