本文へスキップ

頭痛治療-大阪駅梅田の次 JR塚本駅1分の鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市淀川区と西淀川区の境、JR塚本駅から徒歩1分の頭痛治療の鍼灸院です。

 頭痛の鍼灸治療

  • 1.頭痛について

    頭痛の悩みは、辛い頭の痛みが続くことはもとより、辛い頭痛を繰り返すことと思います。しかし、頭痛薬は発症後に服用する頓服薬であり、思うように頭痛が治まらないことも少なくありません。かといっても、用法・用量を増やしたり、予防的に服用すれば、頭痛薬の副作用が懸念されます。ゆえに頭痛薬に頼るだけでなく、鍼灸治療をご活用(ご併用)下さい。

    2.鍼灸治療とは

    簡単にいうと、薬剤とは異なる作用機序をもつ「ツボに鍼や灸でもってアプローチする身体に自然な非薬物療法」です。「ツボ」は先人が長い年月をかけて見出した「東洋医学(中国医学)の知恵」で、その医術が「鍼灸治療」です。とは言え、その有効性はWHO(世界保健機関)などの公的機関に認められ、西洋医学的にも健康増進や疾病の予防・治療に応用される医療です…▷詳細

    3.当院の頭痛治療

    頭痛の発症、経過、痛む部位や痛み方は様々で、眼精疲労や肩こりなどを伴うこともあります。当院ではお悩みの症状などをお伺いし、東洋医学の視点からの全身治療に加え、西洋医学の視点からの局所治療を施すことにより、お悩みの頭痛の軽減、回復、予防を計ります。

    主な治療内容は以下の通りですが、治療内容は鍼灸院により差異がありますので予めご了承下さい。

    1.東洋医学による全身治療

    東洋医学(中国医学)では「不通即痛:通じざるは即ち痛み」といい、気血が通じなくなる(気血が停滞する)と痛みが起こると説いています。原因は過労・心労による経絡や臓腑の機能失調から頭部に症状が現れたものが多いですが、飲食の不摂生や体質、風寒湿暑の侵襲などが関与することがあります。ゆえに当院では頭痛以外の症状もお伺いし、経絡や臓腑の機能を調整するツボを処方(全身治療)をします。
    また、西洋医学が緊張型頭痛や片頭痛に分類するように、中国医学でも太陽頭痛(後頭部痛)、少陽頭痛(側頭部痛)、陽明頭痛(前頭部痛)、厥陰頭痛(頭頂部痛)に分類されています。一般に気の滞りでは張る様な鈍痛・締め付ける痛み、血の滞りでは一定局所の強い痛みが現れるとされています。ゆえに当院では、頭痛の症状、頭部の経絡などを勘案してツボを処方します。

    2.頭痛の誘因への局所治療

    頭痛の大部分は脳病変によるものではなく、脳以外の異常による三叉神経の興奮によるものです。三叉神経の痛覚線維は頭部を網羅しますが、眼、耳、鼻、喉、顎、首などの痛覚線維も三叉神経自体または三叉神経と豊富に結合する神経です。頭痛はそれらの部位の異常、ほとんどは病気とは言えないような眼、顎、首に関係する筋緊張(筋疲労)を引き金とする頭痛です。
    目の奥の痛み(眼筋)、眉根の痛み(皺眉筋)、顎の痛み(咬筋)、頭と首のつけ根の痛み(後頭下筋群)などの筋緊張が、頭の皮筋(前頭筋、側頭筋、後頭筋)に波及し、おでこ、こめかみ、頭の後ろ、締め付ける痛み、頭の中が痛む様な感じなど様々な痛みを引き起こします。
    その内でも、特に後頭下筋群の緊張は頭痛を引き起こしやすいです。後頭下筋群(大後頭直筋、小後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋)は項(うなじ)の深層にある小さな筋ですが、第2・3頸椎より扇状に広がって頭蓋に付着し、頸椎と頭蓋を繋ぎ、頭蓋を安定させる筋で、その下部を後頭神経や後頭動脈が走行しています。
    ゆえに、当院ではそれらを勘案してツボを処方します。それが頭痛の軽減に繋がり、発症前からの治療は辛い頭痛の予防になります。

    3.神経系のアプローチ

    痛みには閾値(痛みへの感度)があり閾値に到達しないと痛みを感じませんが、痛みを反復あるいは継続すると閾値が低下し、痛覚が敏感になるとともに痛覚の領域も拡大していきます。その結果として、容易に痛みを引き起こし、痛みが持続したり、痛む範囲が広範囲になったりします。
    例えば、眼精疲労の目の奥・眉根の痛みを知覚する眼神経(三叉神経第1枝)は眼窩より出て、ひたい・こめかみ方向へ上行・横行しています。首こりを知覚する後頭神経は第2・3頸椎より出て、後頭部・耳介方向へ上行・横行していき、三叉神経と吻合します。
    ゆえに、当院ではそれらの走行や痛み方を勘案してツボを処方します。それが頭痛の軽減に繋がり、発症前からの治療は辛い頭痛の予防になります。

    4.緊張型頭痛、片頭痛

    緊張型頭痛片頭痛は問診(痛み性状など)から分類した頭痛名に過ぎず、ある意味、頭痛薬を処方するためのものです。現に頭痛の原因ではないかと、眼精疲労や首こり肩こり等との関連を訴えても、対応してもらえない(見過ごされる)ことが多いです。
    そして、頭痛薬は頻回に服用すると、胃腸障害だけでなく、痛覚の過剰反応の副作用があります。頭痛から逃れたい、仕事、学業、家事などへの支障などから、ついつい早め早めに市販薬や処方箋薬を服用したり、服薬量を増やしてしまうことが逆に頭痛をこじらせることもあります。それを薬物乱用頭痛といいます。
    ゆえに、非薬物療法であり、発症後の鎮痛はもとより、頭痛の誘因(原因)となるものへの治療を行う当院をご活用下さい。

    頭痛の症状や程度などは十人十色で、眼精疲労や肩こりなどを伴うこともあります。1回の治療で回復に向かうことがあれば、状態により幾度か(週に1~2回程度)の治療が必要な場合もありますが、1回1回の治療効果の積み重ねから頭痛が軽減・回復していきます。

    ▶診療時間・料金へ


鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269