本文へスキップ

頭痛症治療-大阪駅梅田の次 JR塚本駅1分の鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市淀川区と西淀川区の境、JR塚本駅から徒歩1分の頭痛治療の鍼灸院です。

 頭痛症の鍼灸治療

  •  はじめに

    同じ様な頭痛を繰り返す場合、日数を追うように痛みが増していかない場合は、心配となる脳疾患による頭痛ではないものがほとんどです。とは言え、頭痛の発症、経過、痛み方、随伴症状は十人十色で、頭痛薬が思うように効かないことが往々にしてあります。
    そこで、鍼灸治療をご活用下さい。よく耳にする緊張型頭痛片頭痛にこだわらず、お悩みの症状、原因と思われること、気になることをそのままご相談下さい。

     頭痛症の鍼灸治療

    お薬に相当するものが「ツボ」です。

    ツボと呼ぶ由来は、治療の要所、鍼を刺し込むもの
    、灸をすえるものから日本では「壺:ツボ」と呼びますが、専門的にはツボに鍼や灸の刺激による治療作用が体内各所(脳、目、耳、鼻、口、頭顔・体幹・四肢の筋・骨、五臓六腑など)に通じ達することから「穴:ケツ」と呼び、その多くは経脈上にあることから「経穴」とも呼びます。
    ツボの数は、WHO(世界保健機関)基準で361
    あります。その位置は、西洋医学的には神経上や血管上、筋上や筋間、腱上や腱下、骨縁や骨端などに存在します。ある意味、ツボは身体機能を働かせる受容器(センサー)とも言え、ツボ刺激によって起こる生体反応が、変調した身体機能を矯正すると考えられています。
    ツボは、選択・組合せる処方で効果を増幅します。
    患者からよくお話をお伺いすることは言うまでもありませんが、病態把握、治療方針、臨床経験、知見からツボの処方は異なることが往々にしてあります。当院では独自の全身調整の処方施術(種々の文献と臨床から考案した)と、頭痛や随伴症状に応じた伝統医学と現代医学による処方施術を行います。
    具体的には、

    1.首・目・顎の凝りをほぐします。

    頭痛症は、目、耳、鼻、喉、顎、頚(首)の問題、特に首のこり、目のこり、顎のこりが関与し、そのこり(痛み)が後頭部や側頭部(こめかみ)に飛び火して次第に頭全体が痛くなります。首・目・顎に関与する筋は頭の皮筋と繋がり、首・目・顎の神経は頭部の神経と繋がっています。

    2.痛覚の神経過敏を鎮めます。

    痛み信号が入力され続けると、痛覚の神経(頭部は三叉神経と後頭神経)が過敏になることが知られています。そのために痛みが続き、痛みが治まっても残痛感や頭重感が残ることがあり、ひいては痛みがぶり返すこともあります。尚、ストレスから痛覚が過敏になることもあります。

    3.全身の機能の調整を行います。

    頭痛症は過労や寝不足などの身体疲労やストレス(こころの疲労)の関与が指摘され、疲労は自律神経や免疫など身体の様々な機能に影響し、ひいては自然治癒力(頭痛の回復)に影響します。当院では種々の文献と臨床から考案した全身調整の処方施術を行います。

    4.発症前からの治療も行います。

    頭痛薬は発症後の治療法(頓服)です。辛い頭痛から生活に支障をきたさないためには、発症前からの治療の治療が大切で、発症前から首こりや目の疲れなど原因と思われるものに対する治療をしたり、全身の機能を調整していくことが大切です。

    5.頭痛薬を使い過ぎの予防になります。

    辛い頭痛への怖れから早めに服用したり、頭痛が鎮まらないことなどから、ついつい頭痛薬を使い過ぎになりやすいですが、頭痛薬を使い過ぎると副作用から返って頭痛がこじれるとされ、月に10日までの服用が推奨されています。ゆえに鍼灸治療が頭痛薬の使い過ぎの予防になります。

    6.古来からの治療経験則の集積があります。

    頭痛症は現代に始まった病ではなく、古来より人々を悩ましてきた病です。伝統医学(中国医学)は一般に馴染みがないために多くは語りませんが、経絡経穴、陰陽五行、気血津液、臓象などの医学体系をもち、先人達が積み重ねてきた治療経験則の集積があります。

    診療時間・施術料は『診療案内』をご覧下さい。

    尚、鍼灸治療を受けたことがない方に良くある質問(鍼は痛くないの?など)は『鍼灸Q&A』で紹介しています。

鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269