黄体機能不全-大阪駅の次 JR塚本駅1分の不妊鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市西淀川区と淀川区の境、JR塚本駅から徒歩1分の黄体機能不全治療の鍼灸院です。

 黄体機能不全

  • 1.黄体と黄体機能

    黄体とは、排卵(卵胞の内容物である卵子の排出)した後の卵胞が変化した内分泌器官です。簡単に言うと、卵の殻が変化したものです。そして、その機能は黄体ホルモン(プロゲステロン)の産生で、その作用から子宮内膜を分泌期像に変化・維持します。
    生理との関係では、着床・妊娠が成立しない場合は、黄体の退行とそれに伴う黄体ホルモン濃度の低下から、子宮内膜の分泌期像の維持できなくなって、子宮内膜の剥離脱落(出血現象)が起こります。

    2.黄体機能不全

    黄体機能不全とは、黄体ホルモンの産生が上手く行えていない状態(不完全な状態)をいいます。つまり、子宮内膜が受精卵を受け入れる状態を維持できないことから着床(妊娠)に影響します。
    【診断基準】
    ① 黄体期が11日未満(または12日未満)。
    ② 黄体期7日目前後の血中濃度が10ng/ml未満。
    ※検査項目:P4(プロゲステロン)
    ※黄体ホルモンは周期毎に変動しており2周期以上の観察・検査が必要ですが、1回の検査から黄体機能不全と診断されることもあります。

    3.黄体機能不全の治療

    病院の治療は、黄体ホルモンの低産生状態を補うための人工黄体ホルモン(薬)の内服・注射などです。
    ただ、黄体を乱暴な言い方をすれば「卵の殻」です。日本では黄体機能不全がよく指摘されますが、米国では黄体機能不全というものはないという考え方が主流です。黄体ホルモンを産生する黄体(卵の殻)は、良質の卵胞(卵)に付随するとされ、黄体機能不全はその周期の卵の質が悪かったと考えられています。また、黄体ホルモンに対する子宮内膜の反応性が悪い場合は子宮内膜の成熟(着床準備)に影響するともされています。
    病院の治療はホルモンバランスをコントロールする薬物療法ですが、当院の治療はご自身の生殖機能(ホルモンバランス)そのものを高める非薬物療法(鍼灸)です。目指す治療効果が異なるため、かつ非薬物療法のため、併用することにより相乗効果、ひいては妊娠が期待できます。

    詳しくは、当院の「不妊治療」をご覧下さい。


鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269