黄体機能不全の治療-大阪市JR塚本駅1分の鍼灸院です

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

黄体機能不全の治療-大阪市西淀川区淀川区JR塚本駅1分の小西鍼灸院

 黄体機能不全

  • 黄体機能不全とその治療

    黄体機能不全(黄体ホルモンの分泌力が弱い)の問題は、子宮内膜の成熟度への障害や、着床完了まで子宮内が維持できないことです。よって、病院では黄体ホルモン薬が処方されます。
    しかし、そもそも黄体は卵胞が排卵した後にその卵胞が変化したものです。当該周期の卵胞の質が悪い場合は黄体の質も悪いです。もちろん卵子の質も悪いです。そして、卵胞ホルモン・黄体ホルモンは血液が運んでおり、子宮血流が悪いと、子宮内膜に卵胞ホルモン・黄体ホルモンの働きが行き届かず、子宮内膜の肥厚・成熟にも影響し、ひいては着床・妊娠に影響します。また、卵巣血流が悪いと、卵胞刺激ホルモンや黄体化ホルモンの働きが卵巣(卵胞)に行き届かず、卵胞の発育・排卵に影響します。
    そこで、黄体機能不全にとらわれず、「妊娠しやすくする身体づくり」をご活用下さい。
    詳しくは不妊症の鍼灸治療をご覧下さい。
    *黄体機能不全以外の説明もあります。

鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269