本文へスキップ

頭痛の原因って?-大阪尼崎駅間JR塚本駅1分の鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

頭痛の原因-大阪市西淀川区淀川区JR塚本駅1分の小西鍼灸院

 頭痛の原因って?

  •  はじめに

    頭痛が長引いたり繰り返されると病気(特に脳の異常など)が心配になりますが、ほとんどは生命の危険性がない頭痛です。但し、日を重ねるとともに頭痛が増悪していく場合、経験したことのない激しい頭痛の場合、頭痛とともに呂律が回らないや手足の麻痺を伴う場合は、速やかに病院を受診して下さい。

     頭痛の原因って?

    1.緊張型頭痛・片頭痛・混合型頭痛

    頭痛を訴えると、生命の危険性のある病気を鑑別するために検査(MRI、CT等)が行われます。そして、検査をしても異常が認められない場合(原因が特定できない場合)に、問診(頭痛の痛み方)から付けられる診断名が片頭痛緊張型頭痛、その両方をもつ混合型頭痛です。
    緊張型頭痛では非ステロイド性抗炎症薬(ロキソニンなど)が処方され、片頭痛ではトリプタン薬(スマトリプタン、イミグラン、マクサルト、ゾーミッグ、レルパックスなど)が頓服として処方されます。混合型頭痛ではその両方を頓服として処方されます。尚、頭痛薬の使い過ぎではその副作用から返って頭痛がこじれることがあります。

    2.頭痛薬の使い過ぎ

    頭痛から逃れたい、仕事、学業、家事などへの支障などから、ついつい早め早めに頭痛薬を服用する傾向があります。それが返って副作用から頭痛をこじらせます。しかし、頭痛薬から頭痛がこじれているとは思わないために、さらに服用日数や服用量を増やし続け、さらに頭痛がこじれていきます。
    それを頭痛薬乱用頭痛(薬物乱用頭痛)と呼びますが、それを病院で指摘されることは意外に少ないです。ちなみに頭痛薬は月に10日までの服用が推奨されています。

    3.肩こり首こり

    「頭痛の原因だと思うことは?(複数回答)」の調査では、1位が肩こりの65.6%、3位が首こり50.3%と報告されており、肩こり首こりは頭痛の主要な原因です。頭痛に著明な坂井医師(元日本頭痛学会理事長)は、緊張型頭痛はもとより、片頭痛の引き金としても肩こり首こりを指摘しています。
    整形外科では「首すじ、首の付け根から、肩または背中にかけて張った、凝った、痛いなどの感じがし、頭痛や吐き気を伴うことがあります。」と述べています。そして、湿布が処方されますが、頭痛や吐き気は思うようには軽減・改善しないでしょう。尚、ストレートネックは、なで肩と同じく、骨格的な体質です。

    4.目の疲れ(眼精疲労)

    「頭痛の原因だと思うことは?(複数回答)」の調査では、2位が目の疲れの52.4%です。眼科では「視作業:眼を使う仕事を続けることにより、眼痛・眼のかすみ・まぶしさ・充血等の目の症状や、頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状が出現し、休息や睡眠をとっても十分に回復しえない状態を眼精疲労と呼ぶ。」と述べています。でも、眼精疲労の診断から点眼薬が処方されても、頭痛・肩こり・吐き気は思うようには軽減・改善しないでしょう。ちなみに眼精疲労とドライアイは異なります。

    5.ストレス(自律神経失調症)

    頭痛薬が効かない場合、ストレスの所為、ひいては自律神経失調症とされることがあります。その場合には精神薬が処方されますが、頭痛は思うように軽減・改善しないでしょう。
    依存性の少ない精神薬だからとよく言われますが、精神薬は依存性の高い薬剤です。国立精神・神経医療研究センターの調査(平成12~24年の調査:有効症例848症例)では、薬物依存症の原因となる薬物の3位が精神薬(15.1%)とされています。ちなみに1位が覚醒剤(42.0%)、2位が危険ドラッグ=違法ハーブ・脱法ハーブ(16.3%)です。

    そこで、頭痛薬が思うように効かない場合、頭痛薬の服用回数を減らしたい場合、身体に自然な治療を求める場合は、鍼灸治療をご活用下さい。肩こり首こり、眼精疲労も併せて治療します。
    詳しくは『頭痛の鍼灸治療』をご覧下さい。


鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269