本文へスキップ

緊張型頭痛-大阪市尼崎駅間JR塚本駅1分の鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

緊張型頭痛-大阪市西淀川区淀川区JR塚本駅1分の小西鍼灸院。

 緊張型頭痛

  •  緊張型頭痛って?

    1.診断

    A.疾患による頭痛ではない。
    ※MRIやCT等の検査で異常は認められない。
    B.頭痛は30分~7日間持続する。
    C.以下の2項目以上を満たす。
    ①両側性。
    ②締め付け感または圧迫感。
    ③軽度~中等度の痛み。
    ④日常動作から痛みは増悪しない。
    D.以下の2項目を満たす。
    ①悪心、嘔吐はない。
    ②光や音の過敏があっても一方のみ。
    これが緊張型頭痛です。

    2.原因

    身体的・精神的ストレスによる筋肉の緊張によるものと考えられています。頭を前に突き出す姿勢、うつむき姿勢の作業を続けることにより、頭を支える首・肩周りの筋肉に負担がかかり、頭の筋肉も緊張し、その結果として頭痛を発症します。精神的なストレスでは自律神経に影響し、その結果として頭痛を発症します。

    3.治療

    治療は非ステロイド性抗炎症薬、いわゆる鎮痛薬(痛み止め)の頓服です。市販薬に例えると、ロキソニン、イブ(ブランドシリーズ)の薬、バッファリン(ブランドシリーズ)などが該当します。発症頻度が多い場合には筋弛緩薬や精神薬が処方されることがあります。
    とは言え、薬が思うように効かないことがあります。そして、鎮痛薬は月に10日迄の服用が推奨されており、それ以上の服用では副作用から返って頭痛がこじれることがあります。
    そこで、薬が思うように効かない場合、頭痛薬の服用回数を減らしたい場合、身体に自然な治療を求める場合は、鍼灸治療をご活用下さい。伝統医学の鍼灸治療は、現代医学からも薬の代替医療や、薬だけでは対応に苦慮する症候への補完医療として活用される医療です。その治療法は身体への鍼・灸から効果的な生体反応を引き出すもので、その治療点をツボと呼びます。

    詳しくは『頭痛の鍼灸治療』をご覧下さい。


鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269