本文へスキップ

緊張型頭痛-大阪府鍼灸師会・日本鍼灸師会会員

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市淀川区と西淀川区の境、JR塚本駅徒歩1分、緊張型頭痛治療の鍼灸院です。

 緊張型頭痛

  •  緊張型頭痛について

    緊張型頭痛は問診から診断される頭痛です。
    本来は諸検査を行って疾患性の頭痛(注1)を除外してから診断基準(注2)に照らして診断を行うものですが、問診(両側性または片側性、圧迫感・締め付け感または拍動性、日常動作から痛みが増悪するまたはしない、吐き気や嘔吐の有無)から診断されることが多いです。
    それは諸検査を行っても原因を絞れない(疾患性とは言えない)頭痛がほとんであり、同じ様な頭痛を繰り返す、日数を追うように痛みが増していかない、呂律が回らないや麻痺を伴わない場合には脳疾患性の頭痛は除外できるためです。
    治療は非ステロイド性抗炎症薬の処方です。

    原因は多彩で個人差が著しいので、痛み止めとなる非ステロイド性抗炎症薬:ロキソニンなど(市販薬ではロキソニン、イブ、バッファリンなど)が処方されます。そして、様子を見て下さいと告げられて終わります。
    思い当たる原因(例、肩こり、目の痛み等)を尋ねたり訴えても、それは他の診療科の領域になりますし、緊張型頭痛なら鎮痛剤で頭痛は鎮まると考え、様子をみて下さいと告げられます。
    逆にそれに応じた診療科を受診しても、症状に応じた検査・治療が行われますが、頭痛が主訴になる場合は頭痛の診療科(内科、脳神経外科)の受診を勧められます。
    そこで、鍼灸治療をご活用下さい。

    詳しくは『頭痛症と鍼灸治療』をご覧下さい。


    ※注釈1
    【疾患性の頭痛】
    ①頭頚部外傷による頭痛
    (例、外傷後頭蓋内血腫による頭痛)
    ②頭頚部血管障害による頭痛
    (例、くも膜下出血)
    ③非血管性頭蓋内疾患による頭痛
    (例、脳腫瘍)
    ④物質またはその離脱による頭痛
    (例、頭痛薬乱用頭痛)
    ⑤感染症による頭痛
    (例、髄膜炎)
    ⑥ホメオスタシスの障害による頭痛
    (例、高血圧)
    ⑦頭蓋・顔面・頚の障害に起因する頭痛
    (例、眼疾患、耳鼻疾患、口腔疾患、整形疾患)
    ⑧精神症状による頭痛
    (例、うつ病などの精神疾患)
    ⑨頭部神経痛、中枢性・顔面痛の頭痛
    (例、後頭神経痛)
    ーーー 本文に戻る

    注釈2
    【緊張型頭痛の診断基準】
    A.30分~7日間持続する。
    ※反復性は様々です。
    月に1日未満から月に1~15日程まで様々です。
    B.以下の2項目以上を満たす。
    ①両側性。
    ②圧迫感、締め付け感。
    ③軽度~中等度の痛み。
    ④日常動作から痛みは増悪しない。
    C.以下の2項目を満たす。
    ①悪心、嘔吐はない。
    ②光や音の過敏があっても一方のみ。
    D.他に最適な診断名(注1参照)がない。
    【片頭痛の診断基準】
    A.以下のB~Dを満たす頭痛が5回以上ある。
    B.4~72時間持続する。
    (未治療・治療無効の場合)
    C.以下の2項目以上を満たす。
    ①片側性。
    ②拍動性。
    ③中等度~重度の頭痛。
    ④日常動作から頭痛が増悪する。
    D.頭痛中に以下の1項目を満たす。
    ①悪心、嘔吐。
    ②光や音の過敏。
    ※閃輝暗点(ギザギザした光が見える)などの前兆は絶対条件ではなく、前兆が起こらない人もいます。
    E.他に最適な診断名(注1参照)がない。
    ーーー 本文に戻る

    当院の頭痛治療はこちらをご覧下さい。

鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269