本文へスキップ

緊張型頭痛-大阪駅梅田の次 JR塚本駅1分の鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市淀川区と西淀川区の境、JR塚本駅から徒歩1分の緊張型頭痛治療の鍼灸院です。

緊張型頭痛

  • 1.緊張型頭痛とは

    頭痛は、脳腫瘍、髄膜炎、脳炎、脳出血、脳梗塞など脳や頭部の病気として現れる頭痛(二次性頭痛)と、他に病気が隠れているのではなく、頭痛を繰り返す、または持続することが問題となる頭痛症(一次性頭痛)に大別されます。その一次性頭痛の代表例が緊張型頭痛です。ちなみに片頭痛も代表例です。したがって、緊張型頭痛や片頭痛はCTやMRI検査で異常が認められる頭痛ではなく、問診(診断基準)から診断されます。
    【緊張型頭痛】
    A.頭痛は30分~7日間持続する
    B.頭痛は以下の特徴を2項目以上を満たす
     ① 両側性
     ② 性状は圧迫感または締め付け感(非拍動性)
     ③ 軽度~中等度の頭痛
     ④ 階段昇降などの日常動作により頭痛は増悪しない
    C.以下の両方を満たす
     ① 嘔気または嘔吐はない
    (但し、臨床的には嘔気は起り得ります)
     ② 光過敏や音過敏はあって一方のみ
    D.その他の疾患によらない
    【片頭痛】
    A.B~Dを満たす頭痛発作が5回以上ある
    B.頭痛の持続時間は4~72時間
    C.頭痛は以下の特徴を2項目以上を満たす
     ① 片側性
     ② 拍動性
     ③ 中等度~重度の頭痛
     ④ 日常動作(階段昇降など)から頭痛が増悪する
    D.頭痛発作中に以下を1項目を満たす
     ① 嘔気または嘔吐(あるいはその両方)
     ② 光過敏および音過敏
    ※前兆となる閃輝暗点(ギラギラした光が見える)は起こらない方もいます。また、ときに臭いに過敏になる方もいます。
    E.その他の疾患によらない

    2.緊張型頭痛の治療と問題

    緊張型頭痛は、以前は筋収縮性頭痛(筋緊張型頭痛)と呼ばれ、多くは頭や首、肩の筋肉の持続的収縮(緊張)を起因として起こる頭痛です。通常、鎮痛剤で回復しますが、頭や首、肩の筋肉の収縮度(緊張度)によっては回復し得ないことがあります。したがって、頭や首、肩の筋肉をほぐすことが大切です。そして、目の疲れ(目に関わる筋の緊張)や、喰いしばる癖(咬筋の緊張)からでも緊張型頭痛は起り得りますので、それらの筋肉をほぐすことも大切です。また、片頭痛や神経痛が混合することもあります。さらに鎮痛剤の服用し過ぎという副作用から頭痛がこじれることもあります。
    そもそも頭痛薬は、頭痛を発症してから服用するという頓服薬です。服用しても思うように回復し得ない場合、頻回に頭痛を繰り返す場合、できるだけ身体に自然な治療を求める場合は、鍼灸治療をご活用下さい。当院の頭痛治療は、発症してからの頭痛の回復(鎮痛)はもとより、発症前から治療を行うことにより頭痛の発症頻度の低減、仮に発症してもその痛みの軽減を計る治療です。

    詳しくは「当院の頭痛治療」をご覧下さい。


鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269