不妊治療-大阪駅梅田の次 JR塚本駅1分の不妊鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市西淀川区と淀川区の境、JR塚本駅から徒歩1分の不妊治療の鍼灸院です。

 不妊症の鍼灸治療

  • はじめに

    一般に不妊症とは「1年を超えて子作りをしても妊娠できないもの」とされていますが、それは不妊症を疑う(または不妊治療を始める)目安です。
    ただ、病院では何等かの診断から不妊治療が始まりますが、3人に1人は原因不明の不妊とされています。思うように妊娠できない場合は、病院の治療に頼るだけでなく、鍼灸治療の活用(併用)をお勧め致します。
    身体に自然な治療法で、自然治癒力を賦活させる鍼灸治療(ツボを鍼や灸でもって刺激する療法)は、三千年の歴史をもつ古代中国を起源とする伝統医学ですが、その有効性はWHO(世界保健機関)などの公的機関に認められ、健康増進や疾病の予防・治療に応用される医療です…続き(鍼灸とは)

    当院の不妊治療

    当院の不妊治療は、卵巣や子宮の血流促進、体内環境バランスの調整、不定愁訴の改善、健康増進を目的としたアプローチを行います。言わば「妊娠するための身体づくり」から妊娠を目指します。

    1.卵巣・子宮の血流促進

    卵巣や子宮は血流で栄養、酸素、ホルモンの供給を受けており、卵胞の発育・排卵、子宮内膜の肥厚・成熟との関係が指摘されています。また、不育症では胎盤周りの血流との関係が指摘されています。ゆえに当院では、骨盤内の血流、ひいては卵巣や子宮の血流の促進を目的としたアプローチを行います。お腹・腰・お尻の冷えやすい方、腰痛を起こしやすい方、生理痛が重くなりやすい方は、その改善も期待できます。

    2.体内環境バランスの調整

    中国医学では「肝は蔵血の臓であり、脾は生血の臓である。腎は先天の本であり、元気の源であり、精を蔵する。精は血に化成し、血は精に化成するが故に精血同源という。精血は月経の本であり、上焦では乳汁となり、下焦では血海となる。故に精血が旺盛であれば、月経、妊娠、出産、哺乳は順調となる。」と説いています。ゆえに当院では肝・脾・腎の機能向上を目的としたアプローチを行います。尚、ここで言う肝・脾・腎の臓は、西洋医学で言うの肝蔵・脾臓・腎臓ではありません。

    3.不定愁訴の改善・健康増進

    日頃の何気ない症状が妊娠に影響することがあります。中国医学では、頭痛・目の疲れ・肩こりは肝の血脈に影響し、消化器系の不調は脾の血脈に影響し、腰痛・下肢症状は腎の血脈に影響し、ストレスは血脈全体に影響するとされています。西洋医学でも、生理(月経)は概月リズムで営まれるために概日リズムで営まれる心身の不調が月経に影響するとされています。ゆえに当院ではあなたに合わせた全身機能の調整を目的としたアプローチを行います。

    当院の治療は、周期毎に治療が完結する病院の治療とは異なり、1回1回の治療効果(週に1回程度の治療)の積み重ねから妊孕力を高めていく「妊娠するための身体づくり」です。

    原因不明の不妊、多嚢胞性卵巣(症候群)、高プロラクチン血症、黄体機能不全、甲状腺異常、卵巣年齢が高いなど、様々な方が妊娠しています。また、つわりが思うほど辛くなかったとお喜びの声を頂くことも少なくありません。

    ▶診療時間・料金へ ▶妊娠参考症例へ

    病院を受診されている方へ

    原因不明の不妊の方へ

    原因不明の不妊は原因がないのではなく、「原因をみつけることが現在の西洋医学の診断技術では困難な不妊症」と定義すれば理解できると思います。排卵、受精、着床、妊娠、出産には、ホルモン(内分泌系)、血液循環系、代謝系、免疫系、自律神経系など様々な機能が関与します。1つ1つの機能の障害は些細でも、その障害が多岐に及べば影響します。ホルモン薬に頼るだけでなく、当院の「妊娠するための身体づくり」を併用してみてはいかがでしょうか。

    多嚢胞性卵巣(症候群)の方へ

    病院の治療は、多嚢胞性卵巣(症候群)そのものを治療するのではなく、問題となる排卵障害に対するものです。つまり、排卵誘発剤(クロミッド、フェマーラ、HMG注射など)から卵胞を育てることによって排卵を誘導する治療です。にもかかわらず、思うように卵胞が育たない、排卵できない場合は、検査では分からない原因が影響していると考えられます。排卵誘発剤などに頼るだけなく、当院の「妊娠するための身体づくり」を併用してみてはいかがでしょうか。

    黄体機能不全の方へ

    病院の治療は、黄体ホルモンの低分泌状態(黄体機能不全)を補うための黄体ホルモン薬の内服または注射などです。ただ、アメリカでは黄体機能不全というものはないという考え方が主流です。黄体ホルモンを十分に分泌する黄体(卵胞の殻)は、良質の卵胞に付随するとされています。つまり、黄体機能不全はその周期の卵胞の質が悪かったと考えられています。黄体ホルモン薬に頼るでけでなく、当院の「妊娠するための身体づくり」を併用してみてはいかがでしょうか。

    高プロラクチン血症の方へ

    病院の治療は、卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体化ホルモン(LH)の分泌を阻害するプロラクチン(PRL)の分泌を抑えるもの(ドパミン作動薬:カバサール、テルロンなど)です。したがって、プロラクチン値が低下しているにもかかわらず、思うように卵胞が育たない、排卵できない場合は、検査では分からない原因が影響していると考えられます。ドパミン作動薬にたよるだけでなく、当院の「妊娠するための身体づくり」を併用してみてはいかがでしょうか。

    卵巣年齢が高い方へ

    卵巣年齢が高い(AMH値が低い)から人工授精・体外受精を勧められても、その基本治療は排卵誘発剤です。そもそも、AMHとは原始卵胞ではなく、原始卵胞から胞状卵胞(卵胞チェックしている卵胞)までの過程の卵胞(一次卵胞、二次卵胞、前胞状卵胞)から産生されるホルモンです。つまり、現在の卵巣機能の状態を示すものです。排卵誘発剤などに頼るだけでなく、当院の「妊娠するための身体づくり」を併用してみてはいかがでしょうか。

    子宮内膜が薄い方へ

    子宮内膜は固有層(基底層)と機能層(海綿層、緻密層)が大別されます。海綿層は毛細血管が豊富な組織で、フカフカのベッドと比喩されます。つまり、受精卵が潜り込み栄養を受けるのが海綿層で、着床・妊娠維持には海綿層は十分に発達(肥厚)する必要があります。ゆえに子宮血流が大切で、中国医学でも血脈を重視します。その観点から当院の「妊娠するための身体づくり」を併用してみてはいかがでしょうか。

    体外受精をされている方へ

    読売新聞2002.04.30記事:体外受精を受ける女性160人に鍼治療を併用する組と併用しない組に分けて移植したところ、鍼治療を併用した組の妊娠率は42.5%となり、併用しない組の妊娠率は26.3%となったとアメリカ生殖医学会で報告された。そして、2006年4月の日本生殖医学会、2008年2月のBMJ(英国医師会会誌)でも、鍼治療の併用組の妊娠率向上が報告されています。妊娠には卵巣・子宮だけでなく様々な機能が関与することは言うまでもないでしょう。当院の「妊娠するための身体づくり」を併用してみてはいかがでしょうか。

    不育症の方へ

    よく告げられるのが血が固まりやすい体質(血液凝固因子)です。胎盤まわりは血流が遅く血栓が生じやすく、流産が起こるとされています。まさに血流(中国医学で言う血脈)の問題です。ただ、血液凝固因子は厚労省科学研究班の調査では約25%で、原因不明が約65%です。妊娠、出産には、ホルモン(内分泌系)、血液循環系、代謝系、免疫系、自律神経系など様々な機能が関与することは言うまでもないでしょう。当院の「妊娠するための身体づくり」を併用してみてはいかがでしょうか。

    ▶診療時間・料金へ ▶妊娠参考症例へ


鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269