本文へスキップ

後頭神経痛-大阪府鍼灸師会・日本鍼灸師会の鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市西淀川区と淀川区の境、JR塚本駅徒歩1分、後頭神経痛治療の鍼灸院です。

 後頭神経痛の鍼灸治療

  •  はじめに

    院長写真
    院長の小西雄二です。
    後頭神経痛は、後頭部にズキッ、チク、ピリッとした痛みが一瞬から数秒、長くとも数分で治まるものの、それを繰り返すことが特徴で、頭痛薬が効かず、思いの外、長引きます。この後頭神経痛の原因として意外に多いのが「首の凝り」です。首の凝りが続き、痛覚(知覚神経)が過敏になることから起こり、それが自律神経にも影響して長引きます。
    そこで、鍼灸治療をご活用下さい。

     『後頭神経痛の鍼灸治療』

    鍼灸治療は古代中国を発祥とする伝統医学ですが、現代医学からも、薬の代替医療や、薬だけでは対応に苦慮する症候への補完医療などに活用される医療です。
    後頭神経痛への当院の施術は以下の通りです。
    1.首の凝り(こり)をほぐす
    2.痛覚(知覚神経)の矯正
    3.恒常性(自律神経)の矯正
    4.治療効果について

    1.首の凝り(こり)をほぐす

    後頭神経は頭後方の髪の生え際の深層(第2~3頚椎部)より始まり、後頭下筋(大後頭直筋、小後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋)の間隙や下を貫き、後頭部から頭頂部・耳介部へとへ上行していきます。よって、後頭下筋の緊張が亢進すると後頭神経が絞扼されるために痛みが起こります。よって、後頭下筋の緊張を解くことが大切になり、鍼灸治療は後頭下筋の緊張を解くのに有効です。
    後頭部に一瞬から数秒の鋭い痛みが起こるのは後頭下筋の緊張亢進の持続から痛覚(知覚神経)が著しく過敏になっていることが示唆されます。一般には締め付ける痛み(頭痛)が多いですが、それは後頭下筋の緊張の亢進が頭部の皮筋(後頭筋、側頭筋、前頭筋)に波及するためです。

    2.痛覚(知覚神経)の矯正

    痛みが続くまたは頻繁に繰り返されると、脳に到達するまでの経路(伝達機構)に異常が生じ、痛覚が過敏になることが分かっています。その結果、末梢では疼痛領域と疼痛需要が拡大し、容易に痛みを引き起こします。これにより回復しても直ぐに痛みを引き起こしたり、痛みが持続したり、神経支配の領域全体にまで痛みを感じる様になりますが、ときに著しく過敏になり、神経痛(一瞬から数秒の鋭い痛みなど)が起こることがあります。よって、神経痛では神経の興奮を鎮めることが大切になり、鍼灸治療は神経の興奮を鎮める(痛みの伝達機構の異常を回復させる)のに有効です。

    3.恒常性(自律神経)の矯正

    常性とは、生体が置かれている外的・内的環境の絶え間ない変化に応じ、生体の機能性を安定した状態に保持する(回復させる)機能です。よって、恒常性機能が変調すると神経痛が長引きます。その恒常性を主動するものが自律神経(活動系の交感神経と休息系の副交感神経)で、中国医学では経脈(活動系の陽の経脈と休息系の陰の経脈)がそれにあたります。よって、陽の経脈と陰の経脈の調和(変調の矯正)を計る治療を行います。当院では種々の文献を参考に臨床経験から考案した独自の調整術を行います。

    4.治療効果について

    後頭神経痛の軽減・回復は比較的に即効性がありますが、痛覚や恒常性の変調度によっては幾度かの治療(週に1回程度の治療)が必要になることがあります。また、後頭神経痛の発症は、体質、性格、加齢、生活環境や仕事、習慣(癖、寝不足など)が関与します。よって、何かおかしいなと感じたら鍼灸治療を受けることが辛い後頭神経痛の予防、ひいては健康増進に繋がります。
    特にパソコン・スマホから、うつむく姿勢が多い人やストレスを溜めやすい人は起こりやすいです。また、仕事などによる疲れも関与します。よって、仕事柄、パソコン・スマホの欠かせない人は、定期的または繁忙期に鍼灸治療をすることが、辛い後頭神経痛の予防、ひいては健康増進に繋がります。

    ▶▶HOMEへ

    診療日・時間、施術料、周辺地図、よくある質問など。

鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269