本文へスキップ

後頭部神経痛-JR大阪駅梅田の次 塚本駅1分の鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市西淀川区と淀川区の境、JR塚本駅から徒歩1分の後頭部痛治療の鍼灸院です。

 後頭部神経痛

  • 1.症状

    ・チクッ、ズキッとする痛みを繰り返す
    ・痛みが治まっても違和感、しびれ感がある
    ・痛む箇所から痛みが放散する
    ・首から後頭部・頭頂部にかけて痛む
    ・耳の後ろ側が痛む

    2.原因

    簡単に言うと後頭部の神経の過敏反応です。痛みには閾値(痛みへの感度)があり閾値に到達しないと痛みを感じませんが、痛みを反復あるいは継続すると閾値が低下し、本来は痛みと感じない刺激に対しても痛みに感じる(神経が興奮しやすい)ようになります。パソコンやスマホの操作姿勢:うつむき、猫背などによる首こりや、ストレスなどを引き金にして起こることが多いです。
    その知覚神経は第2・3頸神経(うなじ部分:後頭部と首のつけ根・継ぎ目あたり)から頭部へ上行する神経で、以下の3つがあります。
    ① 大後頭神経
    第2頸神経から始まり、後頭部の中央寄り(後頭隆起:後頭部中央辺りに膨らんだ骨の横)を頭頂部まで上行する。
    ② 小後頭神経
    第2頸神経から始まり、大後頭神経と大耳介神経の間を頭頂部まで上行する。
    ③ 耳介神経
    第3頸神経から始まり、後頭部から耳介の後ろを回るように耳介の上・耳介の前(こめかみの後ろ)辺りまで上行する。

    3.治療

    病院では頭痛薬の処方やブロック注射が行われますが、思うように回復し得ない場合、できるだけ身体に自然な治療を求める場合は、鍼灸治療をご活用下さい。
    原因でお話したように、多くはパソコンやスマホの操作姿勢:うつむき、猫背などによる首こりを起因になります。大後頭神経、小後頭神経、耳介神経の始まる第2・3頸椎部位の最下層に後頭下筋(大後頭直筋、小後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋)があり、その筋肉の過緊張が神経を絞扼して神経痛症状を引き起こします。また、後頭下筋の下には後頭動脈があり、後頭動脈を絞扼することによる虚血も一因になります。当院では後頭下筋に対応するツボを処方するとともに、過敏反応を起こしている大後頭神経、小後頭神経、耳介神経の走行を鑑み、それらに対応するツボを処方し、神経の過敏反応からの回復を計ります。また、当院は東洋医学の観点からのアプローチも行いますので、局所(痛む箇所、うなじ部分)だけでなく、全身治療を行います。

    神経痛の発症・経過・程度は十人十色です。1回の治療で回復に向かうことがあれば、状態により幾度か(週に1~2回程度)の治療が必要な場合もありますが、1回1回の治療効果の積み重ねから神経痛や発症頻度が軽減していきます。

    ▶診療時間・料金へ

    尚、1の症状でお話した意外の症状もある場合は、お悩みの頭痛をよくお伺いして治療を行います。

    詳しくは「当院の頭痛治療」をご覧下さい。


鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269