本文へスキップ

多嚢胞性卵巣-大阪駅の次 JR塚本駅1分の不妊鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市西淀川区と淀川区の境、JR塚本駅から徒歩1分の多嚢胞性卵巣治療の鍼灸院です。

 多嚢胞性卵巣(症候群)

  •  多嚢胞性卵巣(症候群)

    多嚢胞性卵巣(PCO)または多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と診断されると、知らない間に病気になっていたとショックを受けられると思いますが、本症は病気というよりも、生理不順を起こしやすい(排卵障害を起こしやすい)体質を言い表した診断名と考えれば良いでしょう。
    現に
    診断基準はさておき、その治療は問題となる排卵障害(卵胞が成熟しない、排卵しない)に対するもので、多嚢胞性卵巣(症候群)そのものが治療されるわけではありません。また、よく肥満が指摘されていますが、痩身の方でもよく診断されています。
    そして、
    病院では卵胞の成熟を助けるお薬(クロミッド、フェマーラ、HMG注射など)が処方されますが、不妊症は原因不明が意外に多く、お薬の効果が思うように得られないことが往々にしてあります。また、卵巣が腫れるなどして卵巣が疲弊することもあります。
    そこで、
    プラスアルファの治療として鍼灸治療をご活用(ご併用)下さい。非薬物治療のためにお薬との相性を気にする心配がなく、お薬との相乗効果も期待できます。

    ▶当院の『不妊治療』へ


鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269