本文へスキップ

腰椎(こし)の疾患-大阪市JR塚本駅1分の鍼灸院です

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

腰椎(こし)の疾患-大阪市西淀川区淀川区JR塚本駅1分の小西鍼灸院

 腰椎(こし)の疾患

  •  腰椎(こし)の疾患

    1.腰痛、2.変形性腰椎症、3.椎間板ヘルニア、4.脊柱管狭窄症、5.腰椎変性すべり症、6.坐骨神経痛、7.腰椎の○番目が○○、8.椎間板症・椎間関節症、9.ぎっくり腰・急性腰痛症・腰椎捻挫。

    1.腰痛

    腰部とは背面の肋骨下端から尾骨までの範囲を呼び、その範囲に起った痛みの総称です。腰痛に大きく関わる要因は「重量物を頻繁に取り扱う」「腰を深く曲げたり、ひねったり、中腰をすることが多い」「長時間同じ姿勢で仕事をする」「不自然な姿勢を続けることが多い」「車両の運転等など全身振動に長時間さらされる」など腰の筋肉に負担をかける作業です。
    言わば、肩のこりと同様の腰のこり、筋肉疲労から起こる筋肉の緊張(筋痛症)です。身体に自然な治療を求める場合は非薬物治療の鍼灸をご活用下さい。 詳しくは『腰痛の治療』をご覧下さい。尚、腰痛が長引くと腰椎の病気が心配になりますが、厚生労働省は腰痛の約85%は腰椎に異常は認められないものとしています。

    2.変形性腰椎症

    加齢に伴って腰椎は誰でも変性し、その結果(腰椎の膨隆や骨棘形成による神経圧迫)として腰痛が現れることがあります。それを変形性腰椎症と呼び、画像診断検査から診断されますが、多くは歳相応の骨変性です。そして、加齢に伴って筋肉の能力・柔軟性は衰えてますので、筋痛症としての腰痛が起こりやすいです。
    そこで、身体に自然な治療を求める場合は非薬物治療の鍼灸治療をご活用下さい。その治療は『腰痛の治療』を参考になさって下さい。薬ではスッキリしない場合でも症状の軽減、緩和が期待できます。

    3.椎間板ヘルニア
    腰椎と腰椎との間にあるのが椎間板で、外層の丈夫な繊維輪と中心部の髄核と呼ばれる組織とで構成されています。その繊維輪に亀裂が生じ、内容物の髄核が突出し、神経が圧迫されていることが画像診断検査から認められたものを椎間板ヘルニアと呼びます。
    根本治療は突出した髄核の除去手術です。保存療法(腰痛や下肢のしびれへの薬物治療)が選択された場合は、椎間板ヘルニアの程度が軽い、またはその疑いがあるに過ぎず、症状は筋痛症:筋肉疲労から起こる筋肉の緊張に伴う症状である可能性があります。
    そこで、身体に自然な治療を求める場合は非薬物治療の鍼灸をご活用下さい。その治療は『腰痛の治療』『坐骨神経痛』を参考になさって下さい。鍼灸は自然治癒力を高める作用があり、軽い椎間板ヘルニアの場合は、その治癒も期待できます。

    4.脊柱管狭窄症
    脊椎(背骨)には神経の通り道である脊柱管と呼ばれる孔があります。それが加齢から狭くなり、神経が圧迫
    されていることが画像診断検査から認められたものを脊柱管狭窄症と呼びます。
    根本治療は脊柱管の整形手術です。保存療法(腰痛や下肢のしびれへの薬物治療)が選択された場合は、椎間板ヘルニアの程度が軽い、またはその疑いがあるに過ぎず、症状は筋痛症:筋肉疲労から起こる筋肉の緊張に伴う症状である可能性があります。
    そこで、身体に自然な治療を求める場合は非薬物治療の鍼灸をご活用下さい。その治療は『腰痛の治療』『坐骨神経痛』を参考になさって下さい。薬ではスッキリしない場合でも症状の軽減、緩和が期待できます。

    5.腰椎変性すべり症
    腰椎と腰椎は連結していますが、加齢から腰椎周りの靭帯がゆるみ、腰椎の連結部がすべる(ずれる)ことがあります。それが画像診断検査から認められたものを腰椎変性すべり症と呼びます。
    しかし、腰椎変性すべり症は、ある意味においては状態を示すものです。腰椎と腰椎の連結部がすべる(ずれる)ということは脊柱管を狭窄することになりますので脊柱管狭窄症です。その一方で、腰椎と腰椎の連結部がすべる(ずれる)原因は腰椎周りの靭帯のゆるみのため、腰椎周りの筋肉の負荷が増します。つまり、筋痛症としての腰痛が起こりやすいです。
    根本治療は腰椎部の固定手術ですが、保存療法(腰痛への薬物治療)が選択された場合は、筋痛症としての腰痛の比重が高いと考えれられます。そこで、身体に自然な治療を求める場合は非薬物治療の鍼灸をご活用下さい。その治療は『腰痛の治療』を参考になさって下さい。薬ではスッキリしない場合でも症状の軽減、緩和が期待できます。

    6.坐骨神経痛
    坐骨神経痛とは「末梢神経の坐骨神経の痛みで、その支配領域となる殿部(尻)、下肢後面あるいは外側面へ放散する疼痛自体、あるいは疼痛を呈する症候群の総称」という症状名です。
    原因は椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症とされますが、その場合は椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症を併せて診断されます。坐骨神経痛が単独で診断された場合は、お尻の筋肉の緊張から発症している可能性が高いです。
    詳しくは『坐骨神経痛の治療』をご覧下さい。

    7.腰椎の○番目が○○
    画像診断検査から腰椎の○番目に変性が腰痛の原因と推定したに過ぎません。それなら「変形性腰椎症」と診断すれば良いでしょう。変形性腰椎症をご参照下さい。

    8.椎間板症、椎間関節症
    腰椎の変性が認められる部分が椎間板、椎間関節と言うに過ぎず、「変形性腰椎症」になります。変形性腰椎症をご覧下さい。

    9.ぎっくり腰、急性腰痛症、腰椎捻挫
    突発的に起きた腰痛の俗称を「ぎっくり腰」と呼び、医学的には「急性腰痛症」と呼びます。その原因を「腰椎捻挫」と推定し診断されることがあります。
    いずれにせよ、治療は腰痛への薬物治療になります。そこで、身体に自然な治療を求める場合は非薬物治療の鍼灸をご活用下さい。その治療は『腰痛の治療』を参考になさって下さい。薬ではスッキリしない場合でも症状の軽減、緩和が期待できます。また、鍼灸は自然治癒力を高める作用があり、早期治癒が期待できます。また、ぎっくり腰は一度発症すると、臨床的には繰り返すとされています。その観点から、何かおかしいな感じたら鍼灸治療を受けることが、ぎっくり腰の予防に繋がります。

    ▶▶HOMEへ

    診療日・時間、施術料、周辺地図、よくある質問など。

鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269