本文へスキップ

大阪府鍼灸師会・日本鍼灸師会会員の鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

鍼灸専門の小西鍼灸院は、JR大阪駅(梅田)と尼崎駅の間、JR塚本駅徒歩1分です。

 鍼灸とは:鍼灸治療へのご案内

  • はじめに

    現代医学は科学の発達に伴って進歩していますが、薬物療法では、治療効果、副作用や乱用などから苦慮するケースがあり、非薬物療法の伝統医学である「鍼灸治療」が注目されています。
    鍼灸治療は、非薬物療法ながらも自然治癒力を高める効果があり、古代からの膨大な治療経験則を体系化した医学です。気になる症状の治療に健康増進に鍼灸治療をご活用下さい。
    こちら(以下)では、鍼灸について解説しています。施術時間・施術料・治療方針・初診の方によくある質問は診療案内、鍼灸の適応症状や疾患は適応症の頁をご覧下さい。
  • 鍼灸とは

    文科省の理療科指導書では「一定の方式に従い、鍼や灸をもって身体表面の一定の部位に一定の機械的刺激を与え、それによって起こる効果的な生体反応を利用し、生体機能の変調を矯正し、保健および疾病の予防または治療に広く応用する施術」と定義しています。
    簡単にいうと、鍼や灸を用いたツボ刺激療法で、その作用から自然治癒力を高めて健康増進や病気を治す医療です。ツボは鍼灸に用いる治療点です。
  • 鍼灸の概念

    鍼灸は、身体を1つの小宇宙として捉え、その調和が歪んだときに「病」が発症すると考えます。
    つまり、西洋医学が病気を治すのに対し、鍼灸は病気を治すというよりも、歪んだ身体のバランスを整えることから病態(病)を改善する療法です。病の治療だけでなく、予防医学(病気の予防・健康増進)も含めた療法です。近年は西洋医学の観点からも研究が進められています。
  • 鍼灸の沿革

    鍼灸は古代中国を発祥とする伝統医学(日本には5~6世紀に伝来)でしたが、1978年にWHO(世界保健機関)の積極的な活用の提唱を受け、現代では西洋医学の補完代替医療に約110ヶ国で活用されています。
    そして、日中韓をはじめ、WHO、NIH(米国国立衛生研究所)、BMA(英国医師会)、ドイツ保険局など、様々な国の公的機関に鍼灸の効能は認められています。
  • 鍼灸の効能

    鍼灸は古代からの膨大な治療経験則を理論化・体系化した医学ですが、最近の医学的、学術研究によって作用の科学的な説明がなされつつあります。
    その効果としては、向ホメオスタシス作用、自律神経調節作用、抗ストレス作用、抗酸化ストレス作用、神経の鎮痛・鎮静作用、血液循環の調節作用、内分泌および免疫の調節作用、筋緊張の緩和作用などが挙げられています。それらの論文はアメリカ科学情報誌「ネイチャー・ニューロサイエンス」などに掲載されています。
  • 鍼灸とツボ

    鍼灸治療は、西洋医学のように臓器そのものを直接治療するのではなく、身体全体の機能を遠隔操作することによって治療します。その治療点として用いるのが「ツボ」です。
    専門的には「経穴」といい、五臓六腑や四肢末端にまで張り巡らされた経絡の体表上にある生体反応点です。つまり、経絡上にあるツボに鍼や灸をもって刺激することによって体内に生じた苦痛や変調を治します。ツボには経穴の他、奇穴(経絡に属さずに単独で存在するもの)、阿是穴(個人特有に存在するもの)もあります。
  • 鍼灸と経絡

    ツボは全身の経絡上に分布します。
    その経絡とは、経脈と絡脈で構成され、経は道、絡は網に例えられ、人体の上下、左右、前後、内外を貫き、五臓六腑、外候(器官)、頭蓋、体幹、四肢末端を結び付け、自然治癒力を機能させるものです。
    西洋医学的には各種神経系や動静脈を包括するものになり、循環系、内分泌系、免疫系にも関与するものです。経絡の根幹をなす経脈は、正経十二経脈、奇形八脈、さらには経筋十二経などに細分化されています。
  • 鍼灸の治療

    よく何のツボと尋ねられますが、ツボは一定の法則やツボの特性から組み合せて用います。
    ただ、一般にいうツボを指す経穴だけでも361穴(WHO基準)あります。さらに治法・治則には様々なものがあります。現代中国伝統医学(中医学)、伝統的流派(漢方はその1つ)があり、西洋医学的視点からの鍼灸もあります。
    従って、どのようなに治法・治則に基づいて治療を行うかは、鍼灸師の臨床経験・知見・考え方により異なることがあります。それは医師により薬剤や治療法が異なると同じです。
  • 鍼灸と東洋医学

    一般に東洋医学と言えば漢方を連想されますが、国際的には中医学を指します。その漢方は古代中国の漢の国の方術(医術)に依拠する和製用語で、中医学は現代中国伝統医学(中華人民共和国以前の多様な伝統医学を再構築し体系化した医学)の略称です。その両輪は鍼灸と薬物になりますが、薬物にはハーブや現代薬もあることから、欧米では非薬物療法の鍼灸に注目しています。
  • 鍼灸師とは

    厚労省所管の「はり師・きゅう師の国家試験に合格し、免許証を与えられた者」です。一般に院内に免許証が掲示されていることが多いです。
    国家試験科目には、医療概論、衛生学、公衆衛生学、関係法規、解剖学、生理学、病理学概論、臨床医学概論、臨床医学各論、リハビリテーション医学、東洋医学概論、経絡経穴概論、はり理論、きゅう理論、東洋医学臨床論などがあります。

鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269