木の香のする"かりゆしクリニック"

総合

かりゆしクリニック/診療内容(総合内科)


プライマリ・ケア(総合臨床・全人的医療)を専門とする総合内科専門医として、 最新の医療知識を維持できるよう努めています。そのため、従来の治療法の 妥当性をたえず振り返り、日本内科学会や米国内科学会が更新している医学情報を取り入れ、 より有用な治療を提供できるよう心掛けています。
当院での内科疾患への取り組みの例を以下に述べます。

一過性で自然治癒する疾患

急性上気道炎・急性胃腸炎などのウイルス性感染症が中心です。 これらはほとんどが、自然に治癒しますので、ヒトが持つ自然治癒力を できるだけ引き出すことが治療の目的です。細菌感染の合併が明らかでなければ、 抗生物質は処方しません。ウイルス感染に抗生物質は無効 であるばかりでなく、耐性菌の増加を助長するだけです。

頻度の高い慢性疾患

糖尿病、肺気腫、高血圧、骨粗鬆症、慢性肝炎、慢性関節リウマチ、認知症などの慢性疾患は、 さまざまな合併症をもたらします。その合併症を最小限に抑えるには、 薬物治療のみでは不十分です。 食習慣改善、栄養療法、有酸素運動、禁煙、ストレス緩和 などへの積極的とりくみをサポートします。

健診の異常値への対応

健診では検査値が標準値からはずれると、二次健診を勧められます。 これを機械的に行うのは、一方で不要な検査を多くし、他方で異常検査値に過度に不安な 患者さんを作り出します。逆に基準値以内でも確実に異常がないとは言い切れません。 検査の値だけでなく、年令、性、嗜好品、基礎疾患などの疾患危険因子 を考慮した検討が重要です。

薬物の副作用に対する注意

多くの薬は肝臓または腎臓で代謝されます。従って、薬物治療ではこれらの臓器への障害の 可能性を考慮し、薬の相互作用や有効性について細心の注意を払うことが 重要です。 当院では、なるべく少ない薬による治療を診療の基本としています。副作用をおさえるために 別の薬を追加することは極力避けます。

高齢の方に多い複合的な疾患

高齢の方はしばしば、複数領域にわたる症状を同時に患っておられます。 これらを症状別に常にそれぞれの専門家が診ることは、必ずしも効率的ではありません。このような 患者さんを臓器別異常の集合と診るのでなく、一個の人間として包括的に診るのは、プライマリ・ケアの 専門性のひとつでもあります。

終末期医療

人生の最期をどのように迎えるかは、人生をどのようにしめくくるか、 という問いかけでもあります。末期癌や難病の場合で通院が不可能であっても、 病院でずっと入院生活を続けるのでなく、できれば家族のいる自宅で療養したい と考えられている患者さんは多いと思われます。

当院では、ご本人やご家族の希望と当院でできることについて、よく話し合い、 訪問看護センターと協力して、現実的な訪問診療を考えます。終末期にあっての病苦は、 痛み、呼吸苦、全身倦怠感、孤独感、絶望感と死への恐怖など多彩を極めますが、 これらは病院でなければ、対応できないというものではありません。長年、在宅医療に 携わってきた経験を通して、ご家族の協力と理解さえあれば、これらの問題の多くが 解決されることを確信しております。点滴や呼吸機につながれ心電図や血圧モニターなどの 機械音が絶えない医療環境から開放され、残された貴重な時間をご家族とともに、 住み慣れた家庭でできる限り安らかに過ごしていただきたいと考えています。

〒528-0235 滋賀県甲賀市土山町大野401 大野小学校国道寄り/あいくるバス 大野東口前
TEL:0748-67-0155 FAX:0748-67-1556