マンション管理士(マン管)に合格するために必要な勉強時間や勉強方法などをご紹介します!

独学で資格取得【番外編】 - 目指せ!マンション管理士 -
マンション管理士の資格取得を目指す皆さんに役立つ情報を発信します
マンション管理士の勉強時間・勉強方法
マンション管理士に合格するための勉強方法、勉強時間など

マンション管理士に合格するための勉強方法・勉強時間

 これからマンション管理士の試験に挑戦しようとしている方にとって、合格するためにはどれぐらいの勉強時間が必要なのか、そして、どんな勉強をすればいいのか、というのは、とても気になることだと思います。

 そこで、マンション管理士試験に合格した私の勉強時間や勉強方法などをご紹介したいと思いますので、参考にしていただければと思います。

【執筆者】
㈱モアライセンス代表 大西雅明

市役所に22年間勤めた元公務員。在職中に、宅建士、行政書士、マンション管理士、土地家屋調査士などの資格試験に合格し、10年以上にわたって当サイトで情報発信している。

執筆者 大西雅明のプロフィール写真(宅建士、行政書士、マンション管理士、土地家屋調査士などの合格証書)
執筆者紹介

マンション管理士に合格するための勉強時間

マンション管理士に合格するための勉強時間

 それでは、マンション管理士に合格するために必要な勉強時間や勉強期間について見ていきたいと思います。

マンション管理士の勉強時間
  • 勉強期間は、半年〜1年程度
  • 勉強時間の目安は、500時間程度

合格に必要な勉強期間は半年〜1年程度

 一般的に、マンション管理士試験に合格するには半年〜1年程度の勉強期間が必要と言われています。

 ただし、これは初学者の場合の話であって、例えば宅建や管理業務主任者に合格している方であれば、試験科目の多くが重なっていますので、もっと短期間での合格も可能です。

 私も、既に宅建・管理業務主任者に合格していましたので、マンション管理士試験の勉強期間は、約4ヶ月間でした。

 マンション管理士試験は、毎年11月の最終日曜日に実施されますので、そのおよそ4ヶ月前の7月半ば頃から勉強を開始したと思います。

必要な勉強時間は500時間

 そして、私がマンション管理士試験に合格するために取り組んだ1日の勉強時間は、約1時間(休日は2時間)でした。

 単純計算すると、1日1時間(休日2時間)で4か月間ですので、約200時間の勉強時間ということになります。

 一般的に、初学者がマンション管理士試験に合格するためには、500時間程度の学習時間が必要と言われていますが、私の場合、上記のとおり、既に宅建試験や管理業務主任者試験のために試験科目の大半を学習済みだったことから、半分以下の勉強時間で合格することができたのだと思います。

 人それぞれ、1日に確保できる勉強時間や予備知識がどれだけあるかなど違いがありますので、500時間というのはあくまでも目安となりますが、とりあえずはみなさんも、この勉強期間・勉強時間を参考に、学習計画を立てていただければと思います。

勉強時間と勉強期間の関係(スケジュール)

 例えば、1日に3時間の勉強時間が確保できる方であれば、半年程度の期間になりますし、1日に2時間確保できる方なら8ヶ月程度、1日に1時間しか勉強時間が確保できない方であれば、1年半程度の期間が必要になると考えていただければよいかと思います。

1日の勉強時間 要する勉強期間
3時間 半年
2時間 8ヶ月
1時間 1年半

マンション管理士の勉強時間の作り方

 次は、マンション管理士に合格するための勉強時間の作り方についてです。

帰宅してから寝るまでの時間で勉強時間を確保する

 私がマンション管理士試験の受験勉強をした際は、毎日、仕事を終えて家に帰り、食事と入浴を済ませてから寝るまでの時間で勉強をしました。

 やはり、この時間帯が誰でも一番確保しやすく、また、集中できる時間かと思います。

朝早く起きて勉強時間を作り出す

 そのほか、朝早く起きて勉強時間を確保する、という方法もありますね。

 仕事から帰ってきてからの時間では、体が疲れ果てて勉強なんてできない、、という方は、朝早く起きる、というのも良い方法かもしれません。

 私は、マンション管理士試験では夜の時間だけを使って勉強しましたが、管理業務主任者試験の受験勉強の際は、朝1時間早く起きて勉強するということも実践しました。

 私は、朝早く起きるのが苦手でしたので、この勉強時間の作り方は、けっこう辛かったですが、朝起きるのが得意な方には、いい方法だと思います。

スキマ時間で勉強時間を作り出す

 ほかにも、スキマ時間(通勤時間、昼休みなど)を使って勉強することも考えられますね。

 私は車通勤でしたので、通勤時間というのは使えませんでしたが、電車通勤の方にとっては電車の中で過ごす通勤時間は、なかなか勉強するには適した時間なのではないでしょうか。

 また、スキマ時間としては、昼休みの時間というのも、けっこう使えるかと思います。

 昼休みは1時間ありましたので、最低でも30分程度は余る時間がありますよね。この時間に、喫煙所でタバコを吸いながら、コーヒーを飲みながら、スマホで勉強したこともありましたね。

 その他にも、賃貸不動産経営管理士試験の受験勉強の際は、朝食(パン)を食べながらの時間や、その後のコーヒーを飲みながらの時間も、勉強時間にしていました。

睡眠時間を削って勉強時間を作り出す (あまりおススメできませんが・・・)

 あと、司法書士試験の受験勉強の際は(まだ合格していませんが)、かなり体に負担をかけてしまいましたが、仕事の残業が多く、どうしても勉強時間の確保ができなかったため、夜の寝る時間を遅らせて、睡眠時間を1時間削って勉強したこともありました。

 元々は6時間程度の睡眠時間でしたが、5時間まで減らしました。その生活を続けた結果、体に異変が、、、ということで、あまりおススメできない方法ですが、短い期間であれば、瞬発力で乗り切ることも可能かもしれませんね。

理想的な勉強時間・勉強期間

 このように、社会人の方が勉強時間を確保するのは、なかなか大変だと思いますが、できれば短期集中で、1日2時間〜3時間程度を確保して、8ヶ月〜半年程度の学習で合格を目指すというのが、ベターではないかと思います。

 1日1時間で1年半というのも、やむを得ないかと思いますが、覚えたことを忘れてからまた覚え直すというサイクルが長くなり、勉強の効率が低下してしまいますので、その点はご注意いただきたいと思います。

マンション管理士に合格するための試験対策費用

 私がマンション管理士試験対策に要した費用は、次のとおりです。

・通信講座(39,800円)+まとめ本1冊(1,512円) = 41,312円

 私が購入した通信講座やまとめ本の詳細については、「マンション管理士に通信講座で合格しました!」のページをご参照ください。

 また、マンション管理士に独学で合格を目指す方は、「マンション管理士の独学におすすめのテキスト、問題集等」のページをご覧ください。

マンション管理士に合格するための勉強方法

 マンション管理士試験の勉強方法についてですが、私がこれまでに取得してきた資格はすべて「独学」で学習してきましたが、今回のマンション管理士試験に限っては、「通信講座」による学習を選択しました。

 その理由等については、「マンション管理士に通信講座で合格しました!」のページで詳細に書いていますが、要するに、机に座って勉強することができないという怠け癖がついてしまったことと、スマホのみで学習を完結させることができ、値段も超お安い通信講座(スタディング)に出会ったことが理由です。

 ということで、マンション管理士試験の勉強方法としては、この通信講座のカリキュラムに従って学習をしたということになります。

 ただし、完全なる丸暗記が必要な、「建築・設備・維持保全」、「建築関連法規」のあたりの分野については、復習の際に、まとめ本マンション管理士 出るとこ予想 合格(うか)るチェックシート』を使用しました。

マンション管理士試験の受験結果

平成29年度合格 : 50問中36問正解(合格ライン:36問以上)

マンション管理士試験の合格証書です。公益財団法人 マンション管理センター 理事長の名で発行されています。

合格証書(マンション管理士試験 平成29年度第17050123号 大西雅明)

ホーム

当サイトはリンクフリーです。
Copyright (C) 2007-2021 株式会社モアライセンス All Rights Reserved.
 
menu