後漢書倭伝

「後漢書倭伝」

 (宋)范曄著(424頃)

 1、後漢書倭伝(原文、和訳と解説)
 2、後漢書倭伝の構成要素
 3、後漢書倭伝の魏志修正箇所

1、原文、和訳と解説

倭在韓東南大海中 依山㠀為居 凡百餘國 自武帝滅朝鮮使驛通於漢者三十許國 國皆稱王丗丗傳統 其大倭王居邪馬臺國(案今名邪摩惟音之訛也) 楽浪郡徼去其國萬二千里 其西北界狗邪韓國七千餘里 其地大較在會稽東冶之東 與朱崖儋耳相近故其法俗多同
「倭は韓の東南、大海の中にある。山島に居住する。およそ百余国。武帝が(衛氏)朝鮮を滅ぼして以来、漢と交流のあったのは三十国ほどである。国はみな王を称し、代々受け継いでいる。その大倭王は邪馬台国に居る(今の名を案ずると、ヤマユイ音のなまりである)。楽浪郡の境界は其の国を去ること万二千里。その西北界の狗邪韓国を去ること七千余里。その地はおおむね会稽、東冶の東にあり、朱崖、儋耳に近く、法や習俗に同じものが多い。」

 このあたりは魏志の引用ですが、後漢書の書かれた南朝、宋代には、中国は朝鮮半島から撤退しており、魏志の帯方東南を韓東南という言葉に変更しています。話が通じにくいということでしょう。後漢の歴史なので、漢に使訳通じるところと合わせてもいます。「国々がみな代々、王を称している。」という記述は、後漢代の詳しい資料があったのか、伊都国王や面土国王の存在から推定したのか、はっきりしません。邪馬台と邪馬壱に関しては「魏志倭人伝から見える日本1」「邪馬壱国説を支持する資料と解説」へ。
 狗邪韓国を倭の西北界の国と記し倭領に含めています。倭は浙江省、福建省(会稽、東冶)の東に位置し、朱崖、儋耳という海南島に並ぶほどの南方まで島々が連なっていると考えられていました。朝鮮の李朝太宗二年(1402)に作られたという混一彊理図(右図)がその形を見せてくれます。おそらく、これは魏志や後漢書の記述に従って作られている。こういう誤解を招いた理由の一つとして沖縄ルートで呉に向かった部族がいたことを想定してもいいでしょう。後に出てくる東鯷人にその可能性があります。


土宜禾稲麻紵蠶桑 知織績為縑布 出白珠青玉 其山有丹土 氣温腝 冬夏生菜茹 無牛馬虎豹羊鵲
「土地は稲、からむし、養蚕に適している。糸を織ることを知っており、カトリ絹をつくる。白珠(パール)、青玉を産出する。その山には赤土がある。気候は温暖で冬でも夏でも生野菜を食べる。牛や馬、虎、豹、羊、カササギがいない。」

 魏志倭人伝には「真珠」と書いてありますが、辰砂のことを真珠と言ったので、誤解を避けるため「白珠」に改めました。気「温腝」は「温暖」の転写間違いと考えられます。文字のかすれなどで読みにくくなり、必死になぞったことによる変化でしょう。


其兵有矛楯木弓矢或以骨為鏃
「その兵器には矛、楯、木の弓矢があり、骨を鏃としている。」


男子皆黥面文身 以其文左右大小別尊卑之差 其男衣皆横幅結束相連 女人被髪屈紒 衣如單被貫頭而著之 並以丹朱坋身如中國之用紛也
「男子は顔や体に入れ墨し、その模様の左右や大小の違いが尊卑の差になっている。その男子の衣服はみな横幅のある布を結んでつなげている。女子はおでこに髪を下ろし、うしろは折り曲げて結う。衣服は上敷きのような一枚布に頭を入れて着るが、赤い顔料を身にまぶす。これは中国でおしろいを用いるようなものである。」


有城柵屋室 父母兄弟異處 唯會同男女無別 飲食以手而用籩豆 俗皆徒跣 以蹲踞為恭敬 人性嗜酒 壽考至百餘歳者甚衆
「城柵や屋根のような住まいがある。父母と男の子は別の場所にいる。ただし、集会時に男女の区別はない。手づかみで飲み食いし、食器に竹製や木製の高坏を用いる。風俗はみな裸足で、蹲踞することで恭しさをあらわす。人の性質は酒を好む。長生きで百余歳に至るものが甚だ多い。」


國多女子 大人皆有四五妻其餘或兩或三 女人不淫不妒 又俗不盗竊少爭訟 犯法者没其妻子重者滅其門族
「国は女子が多く、大人はみな四、五人の妻がある。それ以外の者は二人か三人である。女性は姦淫しないし、嫉妬もしない。また、その風俗では、盗みはないし、争いごとも少ない。法を犯した者はその妻子の身分を奪って奴隷にする。重犯者はその一族を滅ぼす。」


其死停喪十餘日 家人哭泣不進酒食而等類就歌舞為楽
「死に際したとき、喪にとどまること十余日。家族は泣き叫び、酒食をあまりとらないが、縁者は歌ったり舞ったり、音楽をかなでたりする。」

 喪中の期間と家族や関係者の行動が記されています。晋書、賀循伝に「俗多厚葬 及有拘忌廻避歳月停葬不葬者循皆禁焉(俗は厚葬多し。及び、忌みに拘りて回避し、歳月、停喪不葬あるは、循みな禁ず)」という文があります。呉にある武康県令となっていた賀循の事績です。停葬はしばらく死体を置いておくこと(殯、かりもがり)らしい。隋書地理志荊洲に同様の記述があります。葬らないのは不葬ですから、それとは少し違う。停葬とすれば、葬る途中で止めたような感じになる。しばらくすると葬るのだが、死体はそのまま置いておく。そういう行為を表現するのに停喪という言葉が作られたようです。魏略逸文では扶余に停喪という言葉が見られます。扶余も南方系の風俗を持っている。


灼骨以卜用決吉凶 行來度海令一人不櫛沐不食肉不近婦人名曰持衰 若在塗吉利則雇以財物 如病疾遭害以為持衰不謹便共殺之
「骨を焼き、占って吉凶を決めるのに用いる。海を渡って行き来する時、一人に、くしけずったり、体を洗ったりさせず、肉を食べさせず、婦人を近づけさせない。これをジサイと呼んでいる。もし途中で良いことがあれば財物を支払う。もし病んだり、妨害するものに出会えばジサイが謹まなかったとして、みなでこれを殺す。」

 ここまでの記述は魏志倭人伝を要約したものですが、わずかな違いがあります。重犯罪者の一族が滅ぼされるか(後漢書)、奴隷にされるか(魏志)とか。


建武中元二年倭奴国奉貢朝賀使人自稱大夫 倭國之極南界也 光武賜以印綬 安帝永初元年倭國王帥升等獻生口百六十人願請見
「建武中元二年(57)、倭の奴国が貢を奉り朝賀した。使者は自ら大夫と称した。倭国の最南端にある。光武帝は印綬を賜った。安帝永初元年(107)、倭国王の帥升等が百六十人の捕虜を献じ、参内し天子にお目にかかることを願い出た。」

 范曄はたくさんある後漢書を新たに整理統合した(衆家後漢書を刪す)と宋書范陽伝に記されていますから、今は失われた先行後漢書に奴国の朝貢などの記述があったのだと思われます。魏志の編纂者、陳寿も当然このデータを知っており、「漢の時、朝見した者がいる。」と書いていますが、魏の歴史とは関係がないので、過去の出来事のまとめとして簡単に触れているのみです。倭国の極南界(最も南の境界)に奴国が存在するはずですから、魏志では、所在地のはっきりしないその他の国の最後に奴国を付け加え、ここが女王の境界の尽きるところと記しています。奴国が二つになってしまいましたが、最後の奴国は、おそらく先行後漢書のこのデータに基づいて陳寿が付け加えたものです。


桓靈間倭國大亂 更相攻伐歴年無主 有一女子名曰卑彌呼年長不嫁事鬼神道能以妖惑衆 於是共立為王 侍婢千人 少有見者 唯有男子一人給飲食傳辭語 居處宮室樓觀城柵皆持兵守衛 法俗厳峻
「桓帝と霊帝の間に倭国は大いに乱れ、互いに攻撃しあって年月をすごし、主導する者がいなかった。一女子がいて、名は卑弥呼という。高齢だったが、独身で、鬼神道につかえ人々を惑わし操った。各国は共同して卑弥呼を立て王と為した。侍女千人が付き従っている。面会した者はほとんどいないが、ただ男子一人がいて、飲食物を給仕し、言葉を伝える。住まいや宮殿、高層の神を祭る場所は城柵で囲い、みな兵器を持って守っている。法習慣は非常に厳しい。」

 桓帝の在位は147~167年、霊帝は168~188年ですから、167~168年を中心に両帝の間にまたがって倭国大乱を考えれば良いようです。梁書は霊帝光和中(178~183)と書いていますが、これは面土国王帥升が訪れた107年に、魏志にある、「住むこと七、八十年で倭国が乱れ相攻伐して年を経た。」という記述を重ねたもので、机上の計算です。光和中というデータが存在したわけではありません。面土国王が107年頃に新たに移住して揉め事を起こしたと考えているわけです。更に相攻伐以下は魏志の要約ですが法俗厳駿という言葉が付け加えられています。参考資料、三角縁神獣鏡から読み取れる倭人の渡来時期2


自女王國東度海千餘里至拘奴國 雖皆倭種而不屬女王 自女王國南四千餘里至侏儒國 人長三四尺 自侏儒國東南行舩一年至裸國黒齒國 使驛所傳極於此矣
「女王国より東、海を渡って千余里で拘奴国に至る。みな倭種であるけれども女王には属していない。女王国より南、四千余里で侏儒国に至る。人の背丈は72cmから96cmである。侏儒国から東南、船で行くこと一年で裸国、黒歯国に至る。交流の可能な国はここで終りになる。」

 魏志では南にある狗奴国を東の国と「修正」しました。勘違いとか間違いとか考えるのは范曄に失礼です。この程度の文は日本の高校生でも間違わない。


會稽海外有東鯷人 分為二十餘國 又有夷洲及澶洲 傳言秦始皇遣方士徐福将童男女數千人入海求蓬萊神仙不得 徐福畏誅不敢還遂止此洲 丗丗相承有數萬家 人民時至會稽市 會稽東冶縣人有入海行遭風流移至澶洲者所在絶遠不可往來
「会稽郡の海外に東鯷人がいる。分かれて二十余国を作っている。また、夷洲と澶洲がある。こう言い伝えられている。秦の始皇帝は方士の徐福を派遣し、子供の男女数千人を率いて海に入り、蓬莱神仙を求めさせたが出来なかった。徐福は罪に問われるのをおそれ、敢えて帰らず、ついにこの島に止まった。代々受け継がれて数万戸がある。その人民が時おり会稽の市にやってくる。会稽東冶県の人で、海に入り、風に流されて澶洲に着いた者がいるが、所在地はあまりにも遠く、往来することはできない。」

 この記述は会稽海外の東方、倭に関連するデータかもしれないと范曄が付け加えたものです。時間的には最も先立ちますが、確証がないので倭伝の最後に記されています。徐福に関しては、「徐福と亶洲」


2、後漢書の構成要素

後漢書倭伝は次の四つの要素で構成されています。
1,魏志倭人伝の修正要約
2,先行後漢書と思われる史料の要約
3,漢書からの引用
4,三国志呉書や史記の整理

倭在韓東南大海中依山㠀為居凡百餘國自武帝滅朝鮮使驛通於漢者三十許國國皆稱王丗丗傳統其大倭王居邪馬臺國(案今名邪摩惟音之訛也)楽浪郡徼去其國萬二千里其西北界狗邪韓國七千餘里其地大較在會稽東冶之東與朱崖儋耳相近故其法俗多同土宜禾稲麻紵蠶桑知織績為縑布出白珠青玉其山有丹土氣温腝冬夏生菜茹無牛馬虎豹羊鵲其兵有矛楯木弓矢或以骨為鏃男子皆黥面文身以其文左右大小別尊卑之差其男衣皆横幅結束相連女人被髪屈紒衣如單被貫頭而著之並以丹朱坋身如中國之用紛也有城柵屋室父母兄弟異處唯會同男女無別飲食以手而用籩豆俗皆徒跣以蹲踞為恭敬人性嗜酒壽考至百餘歳者甚衆國多女子大人皆有四五妻其餘或兩或三女人不淫不妒又俗不盗竊少爭訟犯法者没其妻子重者滅其門族其死停喪十餘日家人哭泣不進酒食而等類就歌舞為楽灼骨以卜用決吉凶行來度海令一人不櫛沐不食肉不近婦人名曰持衰若在塗吉利則雇以財物如病疾遭害以為持衰不謹便共殺之建武中元二年倭奴国奉貢朝賀使人自稱大夫倭國之極南界也光武賜以印綬安帝永初元年倭國王帥升等獻生口百六十人願請見桓靈間倭國大亂更相攻伐歴年無主有一女子名曰卑彌呼年長不嫁事鬼神道能以妖惑衆於是共立為王侍婢千人少有見者唯有男子一人給飲食傳辭語居處宮室樓觀城柵皆持兵守衛法俗厳峻自女王國東度海千餘里至拘奴國雖皆倭種而不屬女王自女王國南四千餘里至侏儒國人長三四尺自侏儒國東南行舩一年至裸國黒齒國使驛所傳極於此矣會稽海外有東鯷人分為二十餘國又有夷洲及澶洲傳言秦始皇遣方士徐福将童男女數千人入海求蓬萊神仙不得徐福畏誅不敢還遂止此洲丗丗相承有數萬家人民時至會稽市會稽東冶縣人有入海行遭風流移至澶洲者所在絶遠不可往來


3、後漢書の魏志修正箇所

魏志倭人伝と比較すると、范曄の勘ちがいとは言い難い修正があり、何らかの別のデータが加えられた可能性を指摘できます。范曄が後漢書の著述に取りかかる十年ほど前の東晋、義煕九年(413)に倭国の遣使が記されています(晋書安帝紀)。これは年代的に神功皇后時代に該当し、後漢書の記述は記、紀に見られる神功皇后時代の日本の政治環境に完璧に一致しています。その使者の伝えたデータが東晋の記録として保存され、范曄に採用されたのではないか。このことは「魏志倭人伝から見える日本1」に記していますので、詳しく知りたい方は参照していただければと思います。

 修正(内容の変化)は以下の箇所です。

魏志倭人伝 後漢書倭伝
●今、使訳通ずるところは三十国
●その(倭の)北岸、狗邪韓国に到る
●使駅、漢に通ずるは三十許国
●その西北界、狗邪韓国を去ること七千余里
後漢書は狗邪韓国を倭領に加えたため、国数が増え、許(ほど)という文字を加えました。
●郡より女王国に至るまで万二千余里 ●楽浪郡境はその国を去ること万二千里
当時の中国人の世界観では、東、西、南、北、中央、距離はすべて万二千里のブロックと考えられていたため、魏志の万二千余里は間違いだと余を省きました。単なる省略と解してもかまいません。
●南、邪馬壹国に至る。女王の都する所 ●その大倭王は邪馬臺国に居す
邪馬壹国を邪馬臺国に改めています。
●真珠、青玉を出す。その山に丹あり ●白珠、青玉を出す。その山に丹土あり
真珠は日本ではパールの意味ですが、当時の中国では丹砂の意味になるようで、正しく白珠としました。丹も丹砂のことなので、丹土(赤土)と改めています。あるいは魏志の文字抜けか。
●或いは蹲り、或いは跪き、両手は地に拠し、これを恭敬となす ●蹲踞をもって恭敬となす
膝を付ける、付けないにかかわらず、手は地面に付ける。それが重要なのに、後漢書は蹲踞のみで恭しさを表すとしています。誤解というより風俗の変化を思わせますが、誤解と解しても問題ありません。
●その法を犯す者は、軽者はその妻子を没し、重者はその門戸及び宗族を没す ●法を犯す者はその妻子を没し、重者はその門族を滅ぼす
●法俗厳峻
重犯者とその一族は魏志では奴隷にされるだけですが、後漢書では死刑になります。そして、法俗は厳峻(非常にきびしい)という魏志にはない言葉がみられ、ここでも風俗の違いを感じさせます。
●その(女王国の)南に狗奴国あり、男子が王となる。その官は狗古智卑狗がある。女王に属さず
●女王国の東、海を渡ること千余里。また国あり、皆、倭種
●女王国より東、海を渡ること千余里、狗奴国に至る。皆、倭種といえども女王に属さず
後漢書は、魏志の四十行ほど離れた記述を合成し、魏志では方向の異なるまったく別の国を一つにしてしまいました。これを范曄の読み間違いとするのは范曄に失礼です。
●年すでに長大 ●年長
魏志、正始八年(247)の頃の卑弥呼は年長大でした。しかし、即位した後漢代の倭国大乱直後(170年代前半)はそれより七十年ほど遡るわけですから、ずっと若い。そこで後漢書は大を省きました。それでも年長ですから、卑弥呼は正始中、百数十歳と考えられていたことも明らかになります。百余歳にいたるものがはなはだ多いと書いており、卑弥呼はその中でも最長寿というわけです。