弥生の興亡、3

帰化人の真実 Index

スリム化に努力しましたが、それでもファイルサイズが大きいので分割しておきます。
 (pdfファイルの閲覧にはアドビリーダーが必要です。)

html1    pdf1

第一章、帰化人についての考察
 一、秦氏
  1、都怒我阿羅斯等(ツヌガアラシト)
  2、天之日矛(秦氏)とアカルタマ姫
  3、浦島伝説の意味
  4、秦氏(韓人、狛人、呉系楚人)の年表

html2    pdf2

 二、文・漢氏
  1、漢氏と文氏
  2、文氏・王仁の正体と船氏
  3、天御影神と額田部氏
  4、文、漢氏の移住の背景
  5、朝鮮半島の文、漢氏
  6、新羅と邪馬壱国の交渉
  7、文・漢氏の年表
 三、魏志倭人伝の官名の再検討

html3    pdf3

第二章、各種伝承から探る弥生時代
 一、鯰に関する考察
  1、地震鯰と弁慶と金太郎
  2、鯰とシャクシ
  3、三すくみ
  4、地震鯰と鹿島神(建御雷神)
 二、倭国大乱前夜の日本
  1、九州の漢(大国主)秦同盟(少彦名)
  2、出雲
 三、倭国大乱と邪馬壱国の成立
  1、鯉(鯰、龍)と鰐(蛇、石)の戦い
  2、蛇と蜈蚣の戦い
  3、俵藤太の蜈蚣退治

html4    pdf4

  4、楽楽福神社
  5、大山津見神の移動
  6、饒速日の大和進出
  7、日光の蛇と蜈蚣の戦い
  8、九州の抗争
  9、邪馬壱国の吉備進出
 10、稲荷の断層

html5    pdf5

 四、邪馬壱国(大国主)と狗奴国(少彦名)の対立
  1、卑弥呼の晩年
  2、開化天皇と大彦の戦い(卑弥呼死後の争い)
  3、箸墓と兵主神、孝元天皇陵(現崇神陵古墳)
  4、狗奴国の滅亡と魏の関与
  5、蟻通神社
  6、富木の河内彦
  7、藁しべ長者
  8、戦後処理と泣沢女
  9、壱与の東方進出<羽咋と大彦>
 10、壱与の死とその祭祀
 参考文献