隋書地理志 荊州


隋書地理志 荊州

尚書荊及衡陽惟荊州 上当天文自張十七度至軫十一度 為鶉首 於辰在巳 楚之分野
「尚書では、荊および衡陽が荊州である。上は、天文の張十七度から軫十一度までに当たり、鶉首となす。辰においては巳にあり。楚の分野である。」


其風俗物産頗同揚州 其人率多勁悍決烈蓋亦天性然也 南郡夷陵竟陵沔陽沅陵清江襄陽春陵漢東安陸永安義陽九江江夏諸郡多雜蛮左 其與夏人雑居者則與諸華不別 其僻処山谷者則言語不通 嗜好居処金異頗與巴渝同俗 諸蛮本其所出承盤瓠之後 故服章多以班布為飾 其相呼以蛮 則為深忌
「その風俗と物産はほとんど揚州と同じである。その人は、おおむね強くて荒々しく、意志が強い。おそらく天性がそうなのである。南郡、夷陵、竟陵、沔陽、沅陵、清江、襄陽、春陵、漢東、安陸、永安、義陽、九江、江夏の諸郡は様々な蛮族が多い。中国人と雑居する者は、中国人と区別できない。僻地や山谷にいる者は言葉が通じない。嗜好や住居、金異?は巴(渝は渝水=巴の嘉陵江)とほとんど同じ風俗である。諸蛮はもとその出るところは槃瓠の後と受け継いでいる。故に、服の模様は班布(縞模様の布)を飾りにするものが多い。お互いを呼ぶのに蛮(バン、マン)を用い、則ち深いはばかりと為している。」

 魏志倭人伝には、卑弥呼の献上物のなかに班布が記されている。班は「分ける」という意味で、班布がどういうものかわからなかったが、ここへきて、模様が分かれた布、縞模様の布だとわかった。
 日本には、「あなた」という意味で、「おはん」「おまん」を使う土地がある。「お」は接頭語なので、「はん」「まん」が実体である。呉系楚人が渡来している。この荊州の槃瓠の後裔の言葉と関係するのかどうか?「御前(おんまえ)」からの転訛なのか?中国人には自分たちの言葉を知られたくなかったようである。


自晋氏南遷之後 南郡襄陽皆重鎮 四方湊会 故益多衣冠之緒稍尚礼義経籍焉 九江襟帯所在江夏竟陵安陵各置名州為藩鎮重寄 人物乃與諸郡不同
「晋氏が南に遷った後(東晋)より、南郡、襄陽はみな重要拠点で、四方から物資が集まる。故に、益が衣冠のきっかけになることが多く、ようやく礼儀、経籍(儒学に関する書)を尊ぶようになった。洞庭湖を取り巻くように所在する江夏郡、竟陵郡、安陵郡(安陸?)はそれぞれ名州を置き、兵を置いた拠点と為して重く寄りかかっている。人物はすなわち諸郡と同じではない。」

 商業が盛んになり、収入も増えて衣冠をそろえられたし、教養を深める余裕も生まれたということであろう。


大抵荆州率敬鬼 尤重祠祀之事 昔屈原為制九歌 盖由此也 屈原以五月望日赴汨羅 土人追到洞庭不見 湖大舡小 莫得済者 乃歌曰何由得渡湖 因爾鼓櫂争帰 競会亭上 習相伝為競渡之戲 其迅楫斉馳 櫂歌乱響喧振水陸 観者如雲 諸郡率然而南郡襄陽尤甚
「たいてい荊州はみな鬼を敬う。とりわけ祠を立て祀ることを重んずる。昔、屈原が”九歌”を作ることができたのは、おそらくこのことによるのである。屈原は五月十五日に汨羅(ベキラ=洞庭湖に注ぐ川の名)に赴いた。土地の人は追いかけて洞庭湖に到ったが見つからなかった。湖は大きく船は小さい。渡ることができたものはいない。すなわち、歌って言った『何によって湖を渡ることができるのか?』。そういうわけで、櫂を打ち鳴らし争うように帰り、競いあって宿のほとりに集まった。習い、相伝えて競渡の戯(ボートレース)と為した。そのすばやい櫂を揃えて走らせ、櫂の歌は乱れ響き、水陸をにぎやかに振るわせる。見る者は雲の如く多い。諸郡はおおむねこのようで、南郡と襄陽はとりわけ甚だしい。」

 屈原の捜索がボートレースの始まりのように書いてあるが、おそらく、祈雨の水神の祭りが起源であろうという。五月半ばなら田植えの前ではないか。


二郡又有牽鉤之戯 云従講武所出 楚将伐呉以為教戦 流遷不改習以相伝 鉤初発動皆有鼓節 群譟歌謡 振驚遠近 俗云以此厭勝用致豊穣 其事亦伝于他郡 梁簡文之臨雍部 発教禁之 由是頗息
「二郡には、また”牽鈎の戯(綱引き)”がある。講武所から出たという。楚の将は呉を伐ち、戦いを教えた。時が流れ遷っても改めず、習い相伝えた。綱が初め動き出すときは、みな鼓の合図がある。群れ騒いで歌い、振りまわして遠近を驚かせる。俗には、このことで勝ちを祈願し、用いて豊穣を招くのだという。そのことはまた他郡に伝えられた。梁の簡文帝の臨雍部は、”教”を発してこれを禁じた。このことにより、ほとんど止められた。」

 日本神話では出雲の八束水臣津野の命の国引き物語がある(出雲国風土記)。古代から神事として綱引きが行われていたと思われる。楚の軍事演習、おそらく体力強化のために行われたということであろうが、これも豊穣を祈る祭りとして行われていたものではないか。縄は蛇=水神にかかわる。


其死喪之紀 雖無被髪袒踊亦知号叫哭泣 始死即出屍於中庭不留室内 歛畢送到山中 以十三年為限 先択吉日 改入小棺 謂之拾骨 拾骨必須女婿 蛮重女婿 故以委之 拾骨者除肉取骨棄小取大当葬之夕 女婿或三数十人 集会于宗長之宅 着芒心接蘺名曰茅綏 各執竹竿長一丈許 上三四尺許猶帯枝葉 其行伍前却 皆有節奏歌吟叫呼 亦有章曲 伝云盤瓠初死置之於樹 乃以竹木刺而下之 故相承到今以為風俗 隠諱其事謂之刺北斗 既葬設祭 則親疎咸哭 哭畢家人既至 但歓飲而帰 無復祭哭也
「その死や喪の決まりは、髷を解き肌脱ぎしての踊りはないとはいえども、また、号叫、哭泣(死をいたんで泣き叫ぶこと)を知る。始め、死ぬとすぐに屍を中庭に出し、室内に留めない。ついには送って山中に持っていってもらう。十三年を期限として、先に吉日を選び、改めて小さな棺に入れる。これを拾骨という。拾骨は必ず娘婿がおこなう。蛮は娘婿を重んずるが故にこれに委ねるのである。拾骨は肉を除き、骨を取る。小は棄て、大を取り、まさにこれを夕方に葬る。娘婿や三十から数十人は部族長の家に集まる。のぎの中心部を女葛につないだものを着ける。名は茅綏(ボウスイ)という。それぞれ長さ一丈ばかりの竹竿をとる。上方の三、四尺ばかりはなお枝葉が付いている。その行くときは隊列を組み行きつ戻りつする。みな、調子をとって歌い叫ぶ。また、まとまった曲もある。伝えていう。”槃瓠は始め死んだとき木の上に置いた。それで、竹木を刺してこれを下ろした。ゆえに、相伝えて今に到り風俗になったのだ”と。そのことは隠してはばかり、これを北斗を刺すという。すでに葬ると祭りを設ける。親しい人もそうでない人もみんな哭する。哭が終わると、家の人がやって来て、ただ、にぎやかに酒を飲んで帰る。再び祭りや哭をすることはない。」

 三重県鳥羽市、神島のゲーター祭も長い竹竿で丸い輪を持ち上げ、下に落とす。太陽の復活を祈る祭りとか諸説あるらしいが、はっきりとはしないようである。
 盤瓠の子孫の「北斗を刺す」が葬儀の儀式の一環として行われているから、太陽の死にも当てはまるだろう。起源は同じかもしれない。


其左人則又不同 無衰服不復魄 始死置屍館舎 隣里少年各持弓箭 遶屍而歌以箭扣弓為節 其歌詞説平生楽事以至終卒 大抵亦猶今之挽歌 歌数十闋 乃衣衾棺歛送往山林 別為廬舎安置棺柩 亦有於村側瘞之 待二三十喪 総葬石窟
「その下層の人は同じ風俗ではない。喪服もなく、魄を呼び戻すこともない。始め、死ぬと屍を大きな建物に置き、村里の少年がそれぞれ弓矢を持ち、屍を囲んで歌い、矢で弓をたたいてリズムを作る。その歌詞は平穏に生き、事を楽しんで終わりに至ったというものである。たいていは今の挽歌のようである。歌は数十で終わる。衣とふとん、柩は送って山林へ持っていってもらう。別に仮小屋を作って棺を安置する。また村の側にこれを埋めることもある。二、三十の喪を待ち、最終的には石窟に葬る。」

 
長沙郡又雑有夷蜒名曰莫傜 自云其先祖有功常免傜役故以為名 其男子但著白布褌衫更無巾袴 其女子青布衫班布裙 通無鞋屩 婚嫁用鉄鈷莽為聘財 武陵巴陵零陵桂陽澧陽衡山煕平皆同焉 其喪葬之節頗同於諸左云
「長沙郡はまた入り混じっている夷蜒があり、名は莫傜という。自ら、その先祖に功があり、常に傜役を免ぜられたため、名にしたという。その男子は白布のフンドシを着け、はかまはない。その女子は青布の上着と縞模様のスカートをつける。男女とも皮ぞうり、草ぞうりはない。嫁入りには鉄の火のし(アイロン)を用いて結納とする。武陵、巴陵、零陵、桂陽、澧陽、衡山、煕平はみな同じである。その葬式の決まりは、諸々の下層階級とほとんど同じという。」

 莫傜(バクヨウ)とはヤオ族である。祖先の槃瓠が犬戎の房王を倒すという功労を挙げたので税を免除されたと言い伝えている。杜甫の「歳晏行」という詩にも洞庭湖周辺の莫傜が現れる。
 巴と楚の中心的な蛮はトウチャ族である。「諸蛮は盤瓠の後と伝えている。」と書いてあるから、現在よりも複雑に区別していたのかもしれない。私の調べたところではトウチャ(土家)族からヤオ(瑤)族が派生している。そのヤオ族の一部が長江南東部(浙江省、福建省)へ移動してショー族が生まれた。卑弥呼はその後裔ということになる。斑布や鬼の祭り、綱引き、ゲーター祭の形に似た「北斗を刺す」葬儀。履き物を持たないなど、日本の風俗に近いものがある。こういうことが気になって隋書地理志の一部を翻訳、公開する気になったのである。

隋書地理志 揚州