隋書地理志 揚州


隋書地理志 揚州

揚州於禹貢為淮海之地 在天官自斗十二度至須女七度為星紀 於辰在丑 呉越得其分野
「揚州は禹貢に於いては淮、海の地となす。天官に在りては斗十二度より須女七度に至り、星紀となす。辰に於いては丑にあり。呉越がその分野を得る。」

「禹貢」は書経(尚書)の一篇。中国黎明期の地理書で、当時、明確な境界はなかった。おそらく淮水中流域の南から長江の南を含む地域で、海に至るまでを揚州としていたのであろう。夏王朝以前のことなので、長江の南といっても、会稽付近までではないか。あとは天文に関する記述でよくわからない。


江南之俗 火耕水耨食魚與稲 以漁猟為業 雖無蓄積之資 然而亦無饑餒 其俗信鬼神好淫祀 父子或異居 此大抵然也
「江南の風俗は、火で耕し、水で草切る。魚と稲を食べ、漁猟をもって生活手段としている。蓄積の資財はないが、それなのにまた飢えることもない。その風俗は鬼神を信じ、淫祀を好む。父と子は住まいを別にする場合がある。ここは大抵そうである。」

 このあたりは日本の風俗と共通する。魏志倭人伝の卑弥呼の「鬼道」は、儒者の立場から見れば淫祀になる。同じく倭人伝に「父母兄弟臥息異所=両親と男子は別の所で眠る」と記されているが、表現が異なるだけで、若者(男子)が家族と離れ、若者頭の指揮下に入って共同生活する若者組の風俗である。


江都弋陽淮南鍾離蘄春同安廬江歴陽 人性並躁勁 風気果決 包蔵禍害 視死如帰 戦而貴詐 此則其旧風也 自平陳之後 其俗頗変 尚淳質好倹約 喪紀婚姻率漸於礼 其俗之敝者稍愈於古焉 丹陽旧京所在
「江都、弋陽、淮南、鐘離、蘄春、同安、廬江、歴陽、人の性質は、地域一並びで、軽々しくて強い。気性は、思い切りがよく、災難を包み隠し、死を少しも恐れない。戦って、はかりごとを尊ぶ。これは則ち、その昔の風習である。平陳の向こうは、その風俗は非常に変化する。質素を尊び倹約を好む。規範を失い婚姻していたが、しだいに礼に従うようになり、その風俗の破れはようやく昔のように治まってきた。丹陽は昔の都があった所である。」

 最初の地名は淮河と長江に挟まれた地域のもの。呉であったり、楚であったり、越であったり、戦国時代にはすべて楚領になった。平陳郡、丹陽は長江の南にある。長江を渡れば風俗が異なってくる。


人物本盛小人率多商販 君子資於官禄 市廛列肆埒於二京 人雜五方故俗頗相類 京口東通呉会南接江湖西連都邑亦一都会也
「人、物は元々豊かで、庶民は、多くは、商売に従事し、地位の高い者は官の報酬をもらっている。市の店は並んで連なり二京(長安、洛陽)に等しい。人は五方が混じるが故に、風俗は非常に似ている。京口は東は呉や会稽に通じ、南は江や湖に接し、西は都邑が連なる。また一都会である。」


京口は長江河口部近く。江は北に接しているはずなのだが。


其人本並習戦 号為天下精兵 俗以五月五日為闘力之戯 各料強弱相敵事類講武 宣城毗陵呉郡会稽餘杭東陽 其俗亦同 然数郡川沢沃衍 有海陸之饒 珍異所聚 故商賈並湊 其人君子尚礼庸庶敦龐 故風俗澄清而道教隆洽 亦其風気所尚也
「その住民は、元、みな戦を習い、天下精兵と号した。風俗では五月五日を「闘力の戯」と為し、それぞれが強弱をおしはかって互いに敵しあい、同じくらいの相手と武術の練習をする。宣城、毗陵、呉郡、会稽、餘杭、東陽、その風俗はまた同じである。しかし、数郡は川や湿地が広がり、海陸の豊かな産物があり、珍しいものが集まる所なので、商人も同様に集まる。住民の君子は礼を尊び、一般庶民は人情が厚い。故に、風俗は澄み切って、道教が広がっている。また、その気質が尊ぶ所である。」


豫章之俗頗同呉中 其君子善居室 小人勤耕稼 衣冠之人多有数婦 暴面市廛 競分銖以給其夫及挙孝廉更要富者 前妻雖積年之勤子女盈室 猶見放逐以避後人 俗少争訟而尚歌舞 一年蠶四五熟 勤於紡績 亦有夜浣紗 而旦成布者俗呼為鶏鳴布
「豫章の風俗も呉中とほとんど同じである。その君子は部屋に居ることが多く、庶民は耕作稼ぎにつとめる。衣冠の人の多くは数人の婦人がある。顔をさらして市の店でわずかの分量を競い、その夫に与える。及び孝行で正直であることを挙げられ、さらに冨があることを求められる。前妻は積年の勤めがあり、子供や娘が家にたくさんいても、なお追い出されて後妻を避ける。風俗は訴訟ごとが少なくて、歌舞を尊ぶ。一年に蚕が四、五回成熟し、糸つむぎに勤める。また、夜浣紗があり、夜明けに出来た布は俗に鶏鳴布と呼んでいる。」

 豫章は彭蠡沢の南、かなり内陸部である。前漢、武帝の頃は東越がこのあたりまで支配していたようである。


新安永嘉建安遂安鄱陽九江臨川廬陵南康宜春 其俗又頗同豫章 而廬陵人龐淳 率多寿考 然此数郡往往畜蠱 而宜春偏甚 其法以五月五日聚百種蟲 大者至蛇小者至蝨 合置器中 令自相啖 餘一種存者留之 蛇則曰蛇蠱 蝨則曰蝨蠱 行以殺人 因食入人腹内 食其五蔵 死則其産移入蠱主之家 三年不殺他人 則畜者自鍾其弊 累世子孫相伝不絶 亦有隨女子嫁焉 干宝謂之為鬼其実非也 自侯景乱後 蠱家多絶既無主人 故飛遊道路之中則殞焉
「新安、永嘉、建安、遂安、鄱陽、九江、臨川、廬陵、南康、宜春、その風俗はほとんど豫章と同じである。廬陵の人は人情が厚く素直で、長寿が多い。この数郡は、時々、蠱(コ)を飼う。宜春はとりわけ甚だしい。その方法は、五月五日に百種の虫を集め、大は蛇に至り、小はシラミに至る。合わせて器の中に置き、自然に食い合いさせる。残った一種の生きているものはこれを留める。蛇はすなわち蛇蠱といい、シラミはすなわち蝨蠱という。それで殺人を行う。人の腹の内に食い入ることにより、その五臓を食べる。死ねば蠱主の家に生まれ移り入る。三年、他人を殺さない場合は、飼っているものが自らその弊害をあつめる。何代も子孫が伝えあって絶えない。また、女子の嫁行きに随うこともある。干宝(東晋、捜神記の作者)はこれを「鬼」だと言ったが、その実は違うものである。侯景(人名)の乱より後は、蠱家は絶えたものが多く、主人が無くなった。故に、道路に飛び遊び、当たれば命を落とす。」

 このあたりも前漢代の東越の地。会稽の西から南に広がる地名である。


自嶺已南二十餘郡 大率土地下湿 皆多瘴癘人尤夭折 南海交趾各一都会也 並所処近海多犀象瑇瑁珠璣奇異珍瑋 故商賈至者多取富焉 其人性並軽悍 易興逆節 椎結踑踞 乃其旧風 其俚人則質直尚信 諸蛮則勇敢自立 皆重賄軽死 唯富為雄 巣居崖処 尽力農事刻木以為符契 言誓則至死不改 父子別業 父貧乃有質身於子 諸獠皆然 並鋳銅為大鼓 初成懸於庭中 置酒以招同類 来者有豪富子女 則以金銀為大釵 執以叩鼓 竟乃留遺主人 名為銅鼓釵
「嶺(中国南部の山岳地帯)より以南の二十余郡は、おおむね土地は低湿である。どこもマラリアの類が多く、人はとりわけ若死にする。南海、交阯はそれぞれ一都会である。並ぶ所の近海は犀、象、タイマイ、真珠、変わったもの、珍しいものが多く、商人が来れば利益を得ることが多い。その人の性質はおしなべて軽々しくて荒々しい。簡単に立ち上がって、法に背く。槌型の髷を結い、あぐらをかく。すなわちその昔の風俗である。その俚人(土地の人間)は飾り気がなく正直で、信を尊ぶ。もろもろの蛮族は勇敢で、自立している。みな贈り物を重んじ、死を軽んじる。ただ、富むことを男らしいとする。崖になった所で鳥の巣のように(上の方に)住んでいる。農業に尽力し、木を刻んで割り符にする。誓いをたてれば死に至っても改めない。父と子は仕事を別にする。父が貧しければ、子に対し、身を質にすることがある。もろもろの獠族(現在の壮族)も、みな同様である。一様に銅を鋳て太鼓を作る。始めて出来たときは、庭中に懸けて、酒を置き同類を招く。来た者に富豪の子女があれば、金銀で大かんざしを作り、手にとって鼓をたたく。終わると主人に留めて残す。銅鼓釵と呼ばれている。」

 このあたりは前漢武帝代、南越に属した。椎髻という古代越人と同じ髪型を守っている。椎髻は、燕人衛満が朝鮮半島に逃亡して、衛氏朝鮮を建てたとき、(土地の風俗に合わせ)椎髻して蛮夷の服を着たとされていて、朝鮮半島にまで広がっている。当然、日本もそうで、「みずら」のことである。銅鼓のできあがった祝儀を、大かんざしの形で渡したらしい。


俗好相殺 多搆讎怨欲相攻 則鳴此鼓到者如雲 有鼓者号為都老 群情推服 本之旧事尉陀於漢自称蛮夷大酋長老夫臣 故俚人猶呼其所尊為倒老也 言訛 故又称都老云
「風俗は殺し合うことを好む。あだや怨みを作りだすことが多く、互いに攻めようとする。この鼓が鳴るとやって来る者は雲のようである。鼓を持つ者を号して都老となす。群衆の心理は、押いただいて仕えている。元、これは昔の事だが、(南越王)尉陀が漢に蛮夷大酋長老夫臣と自称した。ゆえに俚人は、やはり、その尊ぶ人を呼んで倒老と為した。言葉が訛っている。故にまた都老と称したという。」
 

隋書地理志 荊州