賃貸不動産経営管理士試験の難易度や合格率について、不動産関連資格で比較しながらご紹介します!

独学で資格取得 - 目指せ!賃貸不動産経営管理士 -
賃貸不動産経営管理士の資格取得を『独学』で目指す皆さんに役立つ情報を発信します
賃貸不動産経営管理士の難易度・合格率
賃貸不動産経営管理士の難易度・合格率【不動産関連資格で比較!】

更新日:2021年7月26日

賃貸不動産経営管理士試験の難易度・合格率

 賃貸不動産経営管理士の資格は、「賃貸住宅管理業者登録制度」の中で、2016年度(平成28年度)に国土交通省の告示により公式に位置づけられたことで「公的資格」として認められるようになりました。

 これにより、賃貸不動産経営管理士の資格は急速に人気が高まり、さらに、国家資格化に向けて動き始めたこともあり、ここ数年、うなぎ上りで受験者数が増加してきています。

 そして、2021年度からは、ついに賃貸不動産経営管理士は国家資格になりました。

 不動産業に関連する資格としては、宅建士、管理業務主任者、マンション管理士不動産業3大資格と呼ばれますが、賃貸不動産経営管理士の人気の高まりを受けて、4大資格になりつつあるところです。

 このような不動産業における資格の中で、新たに賃貸不動産経営管理士の資格に興味を持ち、簡単に合格できる試験なのか、宅建や管理業務主任者などと比べて難易度はどうなのか、など気になっている方も多いかと思います。

 そこで、このページでは、不動産業に関連した4資格で比較しながら、賃貸不動産経営管理士試験の難易度や合格率について、ご紹介していきたいと思います。

執筆者 大西雅明
市役所に22年間勤めた元公務員。在職中に、賃貸不動産経営管理士のほか、宅建士、行政書士、マンション管理士、土地家屋調査士などの資格試験に合格し、10年以上にわたって当サイトで情報発信している。

執筆者 大西雅明のプロフィール写真(宅建士、行政書士、マンション管理士、土地家屋調査士、賃貸不動産経営管理士などの合格証書)
執筆者紹介

賃貸不動産経営管理士試験の難易度を合格率で比較

 それでは、賃貸不動産経営管理士試験の難易度を測る指標として、まずは合格率から確認しておきたいと思います。

賃貸不動産経営管理士試験の合格率の推移

賃貸不動産経営管理士試験の合格率の推移グラフ

 賃貸不動産経営管理士試験の合格率は、2018年度までは、おおむね50%前後で推移しており、比較的易しい難易度になっていました。

 ところが、国家資格化を見据えた2019年には、受験者数23,605人のうち、合格者数は8,698人で、合格率は36.8%にまで急激に下がりました。

 さらに、国家資格となる前年の2020年度試験においては、29.8%にまで下がりました。

年度 受験者数 合格者数 合格率
平成25年
(2013年)
3,946 3,386 85.8%
平成26年
(2014年)
4,188 3,219 76.9%
平成27年
(2015年)
4,908 2,679 54.6%
平成28年
(2016年)
13,149 7,350 55.9%
平成29年
(2017年)
16,624 8,033 48.3%
平成30年
(2018年)
18,488 9,379 50.7%
令和1年
(2019年)
23,605 8,698 36.8%
令和2年
(2020年)
27,338 8,146 29.8%

合格率を不動産業4大資格で比較

 賃貸不動産経営管理士試験の合格率は、不動産業関連の他の資格試験と比べると、以下のような位置づけになります。

資格名 合格率
マンション管理士 約 8%
宅建士 約 15%
管理業務主任者 約 20%
賃貸不動産経営管理士 30〜40%

 この表のとおり、不動産業関連4大資格の中では、マンション管理士の合格率が約8%と最も低く、難易度が高い資格といえますね。

 その次が宅建士の15%、続いて管理業務主任者の20%、そして、賃貸不動産経営管理士の30〜40%という順になっていますが、上述のとおり、賃貸不動産経営管理士は、今まさに合格率を下げ、難易度が上がってきている最中ですので、まだもう少し合格率が下がる可能性はあります。

 ただし、現状としては、マンション管理士や宅建士、管理業務主任者に比べると、易しくて合格しやすい資格と言えそうです。おそらく、私の予想としては、管理業務主任者よりも合格率が下がることはないのではないかと思っています。

 試験問題も、記述式問題はなく、50問すべてがマークシート方式ですので、受験対策もしやすいと思います。

 そうは言っても、実際のところ合格率30〜40%ということは、10人受験すると、6〜7人は落ちる試験だということになります。

 つまり、半分以上の人は落ちるわけです。ということで、不動産関連資格の中では難易度は低い(合格率は高い)とはいえ、十分な受験対策が必要と言えます。

賃貸不動産経営管理士試験の難易度と合格点(合格ライン)

 賃貸不動産経営管理士試験の合格点(合格ライン)は、下表のとおり、2019年度までは40点満点中21点〜29点、2020年度試験においては50点満点中34点となっており少し幅があります。

年度 合格率 合格点
40点満点)
平成25年
(2013年)
85.8% 28点
平成26年
(2014年)
76.9% 21点
平成27年
(2015年)
54.6% 25点
平成28年
(2016年)
55.9% 28点
平成29年
(2017年)
48.3% 27点
平成30年
(2018年)
50.7% 29点
令和1年
(2019年)
36.8% 29点
年度 合格率 合格点
50点満点)
令和2年
(2020年)
29.8% 34点
出典:一般社団法人 賃貸不動産経営管理士協議会

 このように、合格点に幅があるのは、賃貸不動産経営試験は、何点取れば合格するといった絶対評価方式ではなく、相対評価方式が採用されているからです。

 合否の判定基準は公表されていませんが、おおむね維持すべき合格率になるように合格ラインが決められていると考えられます。

 2018年までは、50%程度が維持すべき合格率だったと考えられますし、2019年度・2020年度は、国家資格に移行した後の目指すべき合格率への過渡期として、その中間的な合格率になっているのではないかと想像できます。

 多くの国家試験は、このような相対評価方式が採用されていますので、賃貸不動産経営管理士試験が特別なわけではありません。

 ちなみに、絶対評価方式が採用されている試験として有名なのは、行政書士試験ですね。

 いずれにしても、賃貸不動産経営管理士試験では、おおむね7割前後の正答率合格ラインになってきますので、そのあたりを目処に想定しておけばよいかと思います。

賃貸不動産経営管理士の難易度を偏差値で比較

賃貸不動産経営管理士試験の偏差値比較グラフ

 賃貸不動産経営管理士の難易度を測る指標として、偏差値を利用するという方法もあります。

賃貸不動産経営管理士試験の偏差値

 偏差値というのは、平均点を50とし、受験者全体の得点分布に基づき算出される数値ですので、本来、本試験の受験生の得点分布のデータが必要になるわけですが、残念ながら賃貸不動産経営管理士試験では、そこまでの公式なデータは公表されていません。

 ですので、「資格難易度ランキング」というサイトにおいて、公表されている合格率や合格点などの情報や傾向に基づき、推定の偏差値を独自に算出するといったことがなされています。

 ここに掲載されている偏差値によると、賃貸不動産経営管理士の偏差値は「41」とされており、偏差値40台の資格は「簡単」レベルの難易度とされていますが、おそらくこれは、合格率が50%以上あった時点の偏差値ではないかと思われます。

 ですので、国家資格となり、合格率も30%程度になってくれば、当然この偏差値はもっと上がってくるものと考えられます。

偏差値を不動産系資格で比較

 次は、不動産系資格の偏差値と比較してみたいと思います。

 「資格難易度ランキング」に掲載されている偏差値によると、不動産業4大資格の偏差値は以下のようになっています。

資格名 偏差値
マンション管理士 61
宅建士 57
管理業務主任者 55
賃貸不動産経営管理士 41
出典:資格難易度ランキング

 このように、合格率から見た難易度の順序と同様に、マンション管理士が最も偏差値が高く、次いで宅建士、管理業務主任者、賃貸不動産経営管理士の順になっています。

 今後、賃貸不動産経営管理士の偏差値も上がってくることが見込まれますが、管理業務主任者よりは低い偏差値になると予想されますので、今後もこの順序は維持されるものと思われます。

 つまり、不動産関連4大資格の中では、一番合格しやすい資格ということになりますね。 

賃貸不動産経営管理士の難易度と合格に必要な勉強時間

賃貸不動産経営管理士試験の難易度と合格に必要な勉強時間の相関グラフ

 次は、賃貸不動産経営管理士試験の難易度を測る指標として、「合格するために必要な勉強時間」から比較していきたいと思います。

賃貸不動産経営管理士試験の合格に必要な勉強時間

 まずは、賃貸不動産経営管理士試験についてですが、賃貸不動産経営管理士試験に合格するためには、一般的に100時間の勉強時間が必要と言われています。

不動産系資格の合格に必要な勉強時間で比較

 では次は、不動産系資格で、合格に必要な勉強時間を比較してみたいと思います。

 賃貸不動産経営管理士試験を含め、資格試験の難易度は、試験に合格するために必要な勉強時間と、ある程度の相関関係があります。

資格名 合格率 必要な勉強時間
マンション管理士 約 8% 500時間
宅建士 約 15% 300時間
管理業務主任者 約 20% 300時間
賃貸不動産経営管理士 約 40% 100時間

 このように、難易度の高い(合格率の低い)資格試験ほど、合格に必要な勉強時間も多くなっていますね。

 社会人が働きながら勉強することを考えると、100時間の勉強時間を確保するためには、1日に1時間ぐらいはすぐに確保できるとして、2時間もそこそこ頑張ればなんとかなるかと思いますが、3時間というのは、私自身の経験上、かなり無理をしないと確保できないかと思います。

 そこで、1日に2時間を確保するとすれば、100時間÷2時間=50日⇒1ヶ月半という計算になります。ただし、毎日確実に2時間を確保するというのは現実的ではありませんので、2ヶ月ぐらいを想定しておくのがよいのではないでしょうか。

宅建の合格者には賃貸不動産経営管理士試験は有利

 不動産業の関連資格に関しては、宅建の資格をまず最初に取得される方も多いかと思います。

 私の経験上、宅建の知識がある方にとっては、賃貸不動産経営管理士試験は、初学者の半分ぐらい(50時間)の勉強時間があれば、合格できるのではないかと思います。

 賃貸不動産経営管理士試験の試験範囲(2019年度)は、以下のとおり、「賃貸借契約に関する事項」11問があり、全体40問のうち、11問が既に学習済みという状態になります。

出題範囲 出題数
賃貸管理の意義・役割をめぐる社会状況に関する事項 2問
賃貸住宅管理業者登録制度に関する事項 6問
賃貸不動産経営管理士のあり方に関する事項 1問
借主の募集に関する事項 2問
管理実務に関する事項 6問
賃貸借契約に関する事項 11問
管理業務の受託に関する事項 1問
建物・設備の知識に関する事項 6問
賃貸業への支援業務に関する事項 5問
合 計 40問

 ですので、私の場合は、約30時間の勉強時間(1日30分で約2ヶ月)で、合格することができました。

 私は、宅建の受験勉強については、一般的に必要と言われている勉強時間と同様に約300時間の勉強をしましたので、私が特別に頭がいいとかいうわけではありません。

 ですので、合格率が30%になったとしても、宅建の合格者にとっては、もっと易しいイメージを持っても大丈夫だと思います。

講習を受ければ5問免除でさらに有利に

 賃貸不動産経営管理士試験には、「賃貸不動産経営管理士講習」を受講すれば、5問免除(問46〜50)を受けることができるという特典があります。

 この賃貸不動産経営管理士講習というのは、賃貸管理業務に必要な専門知識の習得と実務能力を高めるためのもので、「事前学習」と「講習」とで構成されています。

 事前学習というは、2週間程度かけて、公式テキストを使って自己学習を行うという内容で、講習というは、1日(9:00〜17:30)、公式テキストを使って会場で講習を受け、確認テストを受ける、という内容になっています。

 夏頃(7月〜9月)に、全国47都道府県で実施されますので、18,150円(税込)の受講料はかかりますが、この講習を受けておけば、当日の試験はかなり有利になるのは間違いありませんね。

賃貸不動産経営管理士は独学でも合格可能!

 私は、賃貸不動産経営管理士試験には通信講座を使って勉強しました。しかしそれは、「独学」の勉強方法自体を否定したわけではなく、私自身、仕事もプライベートも忙しくなり、机に向かって勉強する時間を確保することができなくなったからです。このため、スキマ時間を寄せ集めて、スマホだけで勉強できる「スタディング」という通信講座を選びました。

 しかし、独学であれ通信講座であれ、勉強する手段が異なるだけで、勉強する内容に違いはありません。

 特に、賃貸不動産経営管理士試験は不動産系の他の資格に比べても難易度は低く、合格しやすい試験ですので、独学であってもテキスト1冊をしっかりと読み、問題集(過去問)を複数回繰り返すだけで、短期合格が十分に可能な資格だと思います。

 独学におすすめのテキストや問題集については、賃貸不動産経営管理士の独学におすすめのテキスト、問題集のページでご紹介していますので、そちらを参考にしてください。

賃貸不動産経営管理士の難易度について【まとめ】

 以上のとおり、賃貸不動産経営管理士の難易度について見てきました。

 賃貸不動産経営管理士は、宅建や管理業務主任者、マンション管理士に比べると、難易度は低く、合格しやすい資格だということはご理解していただけたかと思います。

 最後に、ここまでの内容をまとめると、以下のようになります。

賃貸不動産経営管理士の難易度まとめ
  • 合格率は約30%(マンション管理士、宅建、管理業務主任者より難易度は低い)※ただし、国家資格となり難化傾向にある。
  • 合格点(合格ライン)は約7割の正答が必要
  • 偏差値は41で資格試験の中では「簡単レベル」に位置付けられる※ただし、国家資格となり偏差値は上がってくる。
  • 合格するには100時間の勉強時間が必要
  • ただし、宅建の合格者は半分ぐらいの勉強時間で大丈夫
  • 講習を受ければ5問免除で有利に
  • 独学でも合格可能

 賃貸不動産経営管理士試験は、比較的、難易度の低い試験ではありますが、10人中6〜7人は落ちる試験ですので、油断は禁物です。

 しかし、独学で挑戦するにしても、講座を受講するにしても、しっかりと計画を立てて、とにかく最後までやり切ることができれば、誰でも合格することができる資格です。

 是非、賃貸不動産経営管理士試験の合格を目指して、頑張ってください!

ホーム

当サイトはリンクフリーです。
Copyright (C) 2007-2021 株式会社モアライセンス All Rights Reserved.
 
menu