賃貸不動産経営管理士試験に独学で合格するためにおすすめのテキスト&問題集を徹底的に比較してご紹介します!

独学で資格取得 - 目指せ!賃貸不動産経営管理士 -
賃貸不動産経営管理士の資格取得を『独学』で目指す皆さんに役立つ情報を発信します!
賃貸不動産経営管理士のテキスト
賃貸不動産経営管理士の独学におすすめのテキスト&問題集【人気テキスト徹底比較!】

更新日:2020年8月8日

賃貸不動産経営管理士のテキスト9冊の写真

 賃貸不動産経営管理士の試験対策を『独学』で進めようとしたときに一番悩むのが、テキスト、問題集等の教材だと思います。

 私自身は、2019年度に、独学ではなく通信講座による学習で賃貸不動産経営管理士の試験に合格しましたが、不動産に関連する資格として、ほかにも宅建、管理業務主任者には独学で合格しましたので(マンション管理士には通信講座で合格)、これらの学習経験を踏まえて、賃貸不動産経営管理士の市販されているテキストをリサーチしてみました。

 賃貸不動産経営管理士のテキストとしては、公式テキストとして、「賃貸不動産管理の知識と実務」が大成出版社から販売されており、その内容から試験問題が作成されるものとなっていますが、1,000ページを超える分厚さで、独学で読み進めることはなかなか厳しいテキストとなっています。

 その一方で、市販のテキストは、おおむね500ページ以内に収まっており、さらに、テキストだけでなく、問題集まで1冊に盛り込んだうえで、500ページ以内に収めているものも出版されています。そしてこの「テキスト&問題集」のタイプが、現在販売されている賃貸不動産経営管理士のテキストの中でも主流になっているようですので、これだけで十分に合格することができると考えられます。

 私も、賃貸不動産経営管理士試験に合格後、これらの「テキスト&問題集」の内容を確認し、これ1冊だけで十分に合格できる内容になっていることを確認済みです。

 そこで、このページでは、この「テキスト&問題集」の1冊だけで効率的に合格できるものに絞ってリサーチしましたので、それらを比較しながら、おすすめの「テキスト&問題集」をご紹介したいと思います。

※ 最後に、テキストのみの単体テキストについても参考にご紹介しています。

執筆者 大西雅明
市役所に22年間勤めた元公務員。在職中に、賃貸不動産経営管理士のほか、宅建士、行政書士、マンション管理士、土地家屋調査士などの資格試験に合格し、10年以上にわたって当サイトで情報発信している。

執筆者 大西雅明のプロフィール写真(宅建士、行政書士、マンション管理士、土地家屋調査士、賃貸不動産経営管理士などの合格証書)
執筆者紹介
このページの目次

賃貸不動産経営管理士の公式テキスト・その他市販テキスト

賃貸不動産経営管理士の公式テキスト

 まずは、おすすめの賃貸不動産経営管理士のテキストをご紹介する前に、公式テキストから確認しておきたいと思います。

 やはり、分厚くて、重い。。

 印刷は、黒と赤系の2色刷りになっているため、思ったほど読みにくくはありませんが、これだけの分量を、ただただ読み進めるというのは、かなり厳しいと思います。

※画像・書籍タイトルは、Amazonへリンクしています。
賃貸管理士テキスト 賃貸不動産管理の知識と実務〈賃貸不動産経営管理士公式テキスト〉改訂4版

著者: 賃貸不動産経営管理士協議会
出版社: 大成出版社
発売日: 2019/3/29
サイズ: 14.8 x 4 x 21 cm
ページ数: 1,030ページ

価格:
4,054円 (送料無料)

賃貸不動産経営管理士のその他市販テキスト

 ところで、賃貸不動産経営管理士という資格自体は、2007年度(平成19年度)に創設され、当初は「講習の受講&修了試験の合格」で資格が取得できていましたが、2013年度(平成25年度)から年に1度の資格試験が実施されるようになりました。

 その後、「賃貸住宅管理業者登録制度」の中で、国土交通省の告示により公式に賃貸不動産経営管理士が位置づけられたことで、2016年度(平成28年度)から受験者数が急増し、ここ数年で、うなぎ上りで受験者数が増加してきています。

 当初は、公式テキスト以外には市販テキストはほとんど出版されていませんでしたが、受験者数の急増に伴い、各社からテキストが出版されるようになり、2018年度にはユーキャンが、そして2019年度にはLECTACからも、ついに出版されるに至っています。

※ ただし、TACについては、テキスト&問題集の形式をとらずに、「みんなが欲しかった教科書」「みんなが欲しかった問題集」のシリーズとして、テキストと問題集は別々に出版しているため、私自身、購入はしましたが、当ページでは紹介していません。

賃貸不動産経営管理士の独学におすすめのテキスト&問題集【徹底比較!】

 それでは、公式テキスト以外で市販されている、テキストと問題集が一体化した「テキスト&問題集」について、私自身も、実際に購入し中身を読んでみましたので、以下、順に、

  • ユーキャンの賃貸不動産経営管理士 速習テキスト&問題集(ユーキャン)
  • 1回で合格!賃貸不動産経営管理士 テキスト&問題集(成美堂出版)
  • 最速合格!賃貸不動産経営管理士試験 テキスト&重要過去問(実務教育出版)
  • 出る順 賃貸不動産経営管理士 完全攻略ブック(LEC)
  • 出るところまるおさえ!賃貸不動産経営管理士の合格テキスト(日本能率協会マネジメントセンター)
  • これ1冊で最短合格 賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト&問題集(秀和システム)

について、比較しながらご紹介していきたいと思います。

賃貸不動産経営管理士のテキスト&問題集のおすすめNo.1
ユーキャンの賃貸不動産経営管理士 速習テキスト&問題集(U-CAN)

※画像・書籍タイトルは、Amazonへリンクしています。
賃貸管理士テキスト ユーキャンの賃貸不動産経営管理士 速習テキスト&問題集(2020年版)新刊!

著者: ユーキャン賃貸不動産経営管理士試験研究会
出版社: U-CAN
発売日: 2020/5/27
サイズ: 21 x 15 x 1.6 cm
ページ数: 508ページ

価格:
3,080円(送料無料)

 まずは、ネット上の口コミ等でも高評価を得ている「ユーキャンの賃貸不動産経営管理士 速習テキスト&問題集」です。(初版は2018年版)

 確かに、読みやすいですね。

 印刷は、黒と赤系の2色刷りです。また、赤シートが付属しており、重要語句を穴埋めでチェックできるようになっているほか、問題の答えも隠せるようになっています。

 このテキストの特徴は、1日1レッスンで、合計35日で学習が完成するように構成されており、総ページ数は508ページですので、1日14〜15ページずつ読み進めていけばよい計算になります。

 本文の構成としては、各レッスンごとに、10問程度の一問一答形式の「〇×確認テスト」と、各章末には、2問程度の「実力チェック問題(四肢択一)」が掲載されています。

 収録問題数は、一問一答は約300問、実力チェック問題は約30問掲載されています。

 また、巻末に、予想模擬試験が1回分(50問)付いています。

 そして、各ページの欄外余白には、「用語解説」や「プラスワン知識」などが記載されています。

 ネットの口コミのとおり、合格するのに十分な内容が盛り込まれておりこれ1冊をしっかりと学習すれば、容易に合格することができるのではないかと思います。

賃貸不動産経営管理士のテキスト&問題集のおすすめNo.2
1回で合格!賃貸不動産経営管理士 テキスト&問題集(成美堂出版)

※画像・書籍タイトルは、Amazonへリンクしています。
賃貸管理士テキスト 1回で合格!賃貸不動産経営管理士 テキスト&問題集('20年版)新刊!

著者: コンデックス情報研究所
出版社: 成美堂出版
発売日: 2020/4/30
ページ数: 479ページ

価格:
2,530円(送料無料)

 次にご紹介するのは、成美堂出版の「1回で合格!賃貸不動産経営管理士 テキスト&問題集」です。(初版は2019年版)

 このテキストは、基本的には、ユーキャンのテキストと類似した構成になっています。印刷は、黒と赤系の2色刷りで、赤シートが付属しており、問題の答えや重要ポイントなど隠せるようになっています。

 そして、本文の構成としては、各節ごとに5問程度の「一問一答で確認しよう!」の〇×問題と、1〜2問程度の「過去問を確認しよう!」(四肢択一)と、1問程度の「予想問題にチャレンジ」(四肢択一)が掲載されています。

 収録問題数は、一問一答は約150問、過去問と予想問題が各40問ずつ程度掲載されています。(ユーキャンのテキストと比べると、一問一答が少なく、四肢択一が多いという結果です。個人的には、一問一答の問題数が多い方が、より多くの論点のチェックができるため、問題数の配分としては、ユーキャンの方がよいと思います。)

 また、欄外余白には「用語解説」や「プラスアルファ知識」が記載されています。

 ここまでは、ユーキャンのテキストとほぼ同様と言えると思います。

 そしてここからがユーキャンとの違いになりますが、このテキストは、図やイラストが豊富で、今回ご紹介する中では、見やすさはナンバーワンです。

 また、よく出題される箇所にアンダーラインが引かれており、欄外に「よく出る」と矢印で強調してあります。

 各ページの下端には「キーワードでチェック」という欄が設けられており、重要なキーワードの解説がされています。

 そのほかにも、各節ごとに「Point」として、その節で押さえておくべきポイントが記載されていることや、適宜、「覚えよう!」として、暗記すべきポイントが記載されているなど、随所に工夫が散りばめられています。

 構成をしっかりと考えて、見やすく、わかりやすく作られているというのがよく見て取れます。ユーキャンのテキストと、どちらをおススメNo.1にするべきか、甲乙つけがたいですね。

賃貸不動産経営管理士のテキスト&問題集のおすすめNo.3
最速合格!賃貸不動産経営管理士試験 テキスト&重要過去問(実務教育出版)

※画像・書籍タイトルは、Amazonへリンクしています。
賃貸管理士テキスト 最速合格! 賃貸不動産経営管理士試験 テキスト&重要過去問(2020年度)新刊!

著者: 平柳将人 (監修), 資格試験研究会 (編集)
出版社: 実務教育出版
発売日: 2020/6/10
サイズ: 21 x 15 x 2 cm
ページ数: 319ページ

価格:
2,420円(送料無料)

 次にご紹介するのは、実務教育出版の「最速合格! 賃貸不動産経営管理士試験 テキスト&重要過去問」です。(初版は2018年版)

 このテキストも、黒と赤系の2色刷りになっています。そして、前半はテキスト編後半は過去問編の2部構成になっていますが、その大部分が過去問編となっており、テキスト部分と問題演習部分との構成比が、他のテキストと大きく異なる点です。

 ページ数の比率は、全体のうち、テキスト編が約2割、過去問編が約8割という構成比になっており、過去問は、約120問(四肢択一)掲載されています。

 その他の特徴としては、各項目の最初に「キーワード解説」があり、図表や「写真」が豊富なところも、他のテキストと異なる点ですね。

 このテキストは、膨大な試験範囲を学習するためには、過去問をベースに基本知識を習得していくのが最適であるという方針になっているようです。

 このテキストの著者である「平柳 将人」氏は、宅建やマンション管理士などのテキストも多数執筆しており、信頼できる著者であると思います。

 たしかに、超短期間で合格レベルの知識を身に付けるには、この方法は適しているかもしれませんが、一般的な学習方法とは異なりますので、本当に超短期間(数週間〜1ヶ月未満程度)での合格を目指す方は、このテキストを選んでもよいかもしれません。

賃貸不動産経営管理士のテキスト&問題集のおすすめNo.4
出る順 賃貸不動産経営管理士 完全攻略ブック(LEC)

※画像・書籍タイトルは、Amazonへリンクしています。
賃貸管理士テキスト 出る順 賃貸不動産経営管理士 完全攻略ブック(2019年版)

著者: 東京リーガルマインド LEC総合研究所 賃貸不動産経営管理士試験部
出版社: 東京リーガルマインド
発売日: 2019/8/11
サイズ: 21 x 15 x 3 cm
ページ数: 540ページ

価格:
3,080円 (送料無料)

 次にご紹介するのは、LECの「出る順 賃貸不動産経営管理士 完全攻略ブック」です。(初版は2019年版)

 印刷は、黒と赤系の2色刷りになっており、重要ポイントは、付属の赤シートで目隠しして学習することができるようになっています。イラストや図表も豊富に使用されており、わかりやすい本文になっています。

 そして、このテキストの最大の特徴は、@テキスト、A一問一答式の問題集、そして、B予想問題集(四肢択一)の3部構成になっており、少ない時間で最大の学習効果が得られるように作成されているという点です。また、この3部については、それぞれ分冊して持ち運ぶこともできるようになっています。

 全体の構成は、@テキスト部分は、157ページ A一問一答部分は、165ページ(400問) そしてB予想問題部分は、207ページ(100問)という配分になっており、上記でご紹介している「ユーキャン」と「成美堂出版」のテキストよりも、問題数は多いものの、テキスト部分のページ数が格段に少ない構成になっており、正直なところ、こんなにテキスト部分が少なくて大丈夫なのかと不安になってしまいます。。

 しかし、長年の受験指導のノウハウが蓄積されたLECが出版しているのですから、これがベストの学習方法という考えなのでしょう。しかし、、、ユーキャンのテキストで十分に合格できることがわかっている現状では、私としては、このLECのテキストをおススメする勇気はありません。。

賃貸不動産経営管理士のテキスト&問題集のおすすめNo.5
出るところまるおさえ!賃貸不動産経営管理士の合格テキスト(日本能率協会マネジメントセンター)

※画像・書籍タイトルは、Amazonへリンクしています。
賃貸管理士テキスト 出るところまるおさえ! 賃貸不動産経営管理士の合格テキスト

著者: 平柳 将人
出版社: 日本能率協会マネジメントセンター
発売日: 2019/5/30
サイズ: 21 x 14.8 x 2.5 cm
ページ数: 472ページ

価格:
2,860円 (送料無料)

 次にご紹介するのは「出るところまるおさえ!賃貸不動産経営管理士の合格テキスト」(日本能率協会マネジメントセンター)です。2019年の発行が初版となります。

 このテキストは、「合格テキスト」という書籍タイトルですが、中身は「テキスト&問題集」の構成となっているため、このページでご紹介させていただきます。

 本文の構成としては、各章ごとに一問一答の〇×問題があり、各編ごとに過去問(四肢択一)が掲載されています。

 そして、欄外余白には過去問の出題実績と、「ステップアップ」として発展的な知識や「合格ポイント」として出題されるポイントなどが掲載されており、上記でご紹介したユーキャンや成美堂の「テキスト&問題集」とほぼ同様の構成となっています(ただ、欄外余白は割と空白のページが多い印象です)。ページ数もほぼ同等です。

 印刷は、黒と赤系の2色刷りですが、赤シートは付属していません。掲載されている問題の数を数えてみると、一問一答式が190問、過去問(四肢択一)が64問で、他の「テキスト&問題集」と遜色ない問題数が掲載されています。

 著者は、上記でご紹介した「最速合格! 賃貸不動産経営管理士試験 テキスト&重要過去問(実務教育出版)」と同様、「平柳 将人」氏(宅建やマンション管理士などのテキストも多数執筆)の執筆となっています。

 私の個人的な感想としては、悪くないテキストだと思いますが、おすすめNo.1とNo.2に類似する構成となっており、その2冊の完成度がかなり高いため、それらと比較した場合に、敢えてこのテキストを選ぶ必要性は低いように感じてしまいます。

賃貸不動産経営管理士のテキスト&問題集のおすすめNo.6
これ1冊で最短合格 賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト&問題集(秀和システム)

※画像・書籍タイトルは、Amazonへリンクしています。
賃貸管理士テキスト これ1冊で最短合格 賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト&問題集

著者: 三木邦裕
出版社: 秀和システム
発売日: 2019/6/29
サイズ: 21 x 15 x 2 cm
ページ数: 258ページ

価格:
1,980円 (送料無料)

 次にご紹介するのは、秀和システムの「これ1冊で最短合格 賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト&問題集」です。このテキストも、2019年版が初版のテキストです。

 このテキストは、今回ご紹介するなかで、ページ数が最も少ないテキストです。

 印刷は、黒と赤系の2色刷りで、赤シート対応ですが、赤シートは付属していません。

 本文の構成としては、章ごとに過去問(四肢択一)が掲載されており、問題数を数えると、113問掲載されているほか、平成30年度試験の全問40問が掲載されています。

 今回ご紹介するテキストの中では、見やすさは最も劣ります。「キーワードマップ」として、各テーマの最初に、重要ワードの関連性とレッスンの全体像が一目でわかるように図で示されていますが、それを除けばとても単調な記述で、わかりやすくするための工夫がされているとは思えないですね、、これでは、私としては、おススメすることはできません。。

賃貸不動産経営管理士の独学におすすめのテキスト&問題集徹底比較まとめ

 以上のとおり、賃貸不動産経営管理士に、これ1冊だけで合格できる「テキスト&問題集」について、比較しながらご紹介してきました。

 おススメNo.1は、「ユーキャンの賃貸不動産経営管理士 速習テキスト&問題集」を挙げています。わかりやすく、これ1冊あれば十分だと思います。

 ただ、もう1冊気になるのは、成美堂出版の「1回で合格!賃貸不動産経営管理士 テキスト&問題集」です。基本的にはユーキャンのテキストと同様の構成で、そこにさらなる工夫を加えてわかりやすくしていますので、ユーキャンと並んで、おススメNo.1にしてもよいのではないかと思っています。

 また、超短期間での合格を目指す場合には、実務教育出版の「最速合格! 賃貸不動産経営管理士試験 テキスト&重要過去問」という選択肢もあると思います。

 ということで、通常の学習期間(おそらく2ヶ月前後。1〜3ヶ月)で勉強する場合は、「ユーキャン」か「成美堂出版」のテキスト&問題集を選択しておけば間違いはないかと思います。

 それでは、このページを参考に、テキスト&問題集を選択していただき、独学での合格を目指しましょう!

賃貸不動産経営管理士のテキスト&問題集の使い方(勉強方法)

 それでは次に、これらの賃貸不動産経営管理士のテキスト&問題集の使い方(勉強方法)についてご紹介したいと思います。

 上記でご紹介したテキストは、すべて問題集と一体になっていますので、勉強方法は至ってシンプルです。あれこれと悩む必要はありません。

 とにかく、前から順に読み進めていけば、学習が進んでいきます。

 インプット学習としてのテキストがあり、続いてアウトプット学習としての問題演習がありますので。

 ただし、テキスト&問題集では、2つの収録パターンに分かれています。

 「各章ごとにテキストと問題集が収録されているパターン」と、「本の前半がテキストで、後半に問題集が収録されているパターン」です。

 ですので、この2つのパターンごとに、おすすめの使用方法をご紹介したいと思います。

章ごとにテキストと問題集が収録されているテキスト&問題集の使い方

 このパターンのテキスト&問題集は、まずは、最初から順にテキストを読み、問題集で知識を確認しながら最後まで進めていきます。

 そして次は、問題集のみを最初から解いていき、知識があいまいなところはテキストを読み返しながら、最後まで問題を解いていきます。

 そして最後にもう一度、問題集のみを解いていく、ということをやれば、合格ラインに十分達することができると思います。要するに、計3回、問題集を解くということですね。

 ただし、最初にテキストを読み進めていく際には、注意事項があります。

 とにかく、わからないことがあっても気にせずに、ドンドン読み進めることがポイントです。細かいところは気にせず、大雑把にイメージを把握するつもりで読み進めるのがいいと思います。

 細かいところを気にしすぎると前に進めなくなり、挫折してしまうおそれがありますので。。

 問題を解くことによって、テキストを読むだけでは理解できなかった部分も理解できるようになりますし、テキストには問題を解くために直接必要のない記述も含まれていますので、とにかくテキストを読む際は、余計なところで引っ掛からないように注意してください。

本の前半がテキストで、後半に問題集が収録されているテキスト&問題集の使い方

 このパターンのテキスト&問題集は、まずは、テキスト部分を一通り読みます。この際は、とにかくわからないことがあっても気にせずに、ドンドン読み進めるという注意事項は、上記と同様です。

 このようにしてテキスト部分を一通り読み終わったら、次は問題演習に入るわけですが、ここですぐに問題集をやろうとしても、テキストの最初の方に書いてあったことは、テキストを読み終わった頃にはスッカリ忘れてしまっていると思いますので、すぐに問題集を解いても挫折感を味わうだけになりかねません。

 このため、再度、テキストを章ごとに読み直してから、その項目に対応する問題を解いていく、という使い方をおススメします。

 この際、問題集の解説だけではわからない部分については、テキストの該当部分を読み直しながら学習を進めます。

 このようにしてテキストと問題集の平行学習が一通り終わった後は、次は、問題集だけを再度解いていくという流れで進めます。

 そして最後に、もう一度、問題集だけを解いていけば、十分に合格ラインに達することができると思います。

<参考>賃貸不動産経営管理士の単体テキストについて

 このページでは、1冊のみで効率的に合格できる「テキスト&問題集」の形式になっているテキストについてご紹介してきましたが、最後に、テキストと問題集がそれぞれ別々に出版されているタイプのテキストについても、参考までにご紹介しておきたいと思います。

みんなが欲しかった!賃貸不動産経営管理士の教科書(TAC)

※画像・書籍タイトルは、Amazonへリンクしています。
賃貸管理士テキスト みんなが欲しかった! 賃貸不動産経営管理士の教科書(2020年度)新刊!

著者: TAC賃貸不動産経営管理士講座
出版社: TAC出版
発売日: 2020/5/20
サイズ: 21 x 14.8 x 2.5 cm
ページ数: 277ページ

価格:
2,640円(送料無料)

 賃貸不動産経営管理士の単体テキストとしてまずご紹介するのは、宅建や行政書士などのテキストでもベストセラーを連発している、TACの「みんなが欲しかった!」シリーズの「みんなが欲しかった!賃貸不動産経営管理士の教科書」です。

 初版として出版された昨年は、2019年の8月という、試験ギリギリの時期に市場に投入されましたが、2020年は余裕をもって5月に出版されています。

 このテキストは、印刷はフルカラーで読みやすいですし、解説は端的でコンパクト、そして、図解やイラストが豊富で、図表を使った整理もとてもわかりやすいです。

 また、「みんなが欲しかった!」のシリーズの宅建や行政書士などのテキストでは評価が分かれていた、「板書形式」が採用されていませんので、その点も、私にとっては好印象ですね。(板書形式というのは、黒板にチョークで書いたようなフォントで重要事項を整理し、そこに注釈を入れていくという形式)

 なお、要所要所で一問一答式で過去問が掲載されており、知識を確認しながら進められるようになっています。ただし、これは本当にオマケ程度ですので、問題集として期待するようなものではありません。

 ということで、これは間違いなく、テキストと問題集が分かれたタイプの単体テキストとしては、人気ナンバーワンになるでしょうね。

 このあと、ライバル企業のLECからも、「合格のトリセツ」シリーズが出版される予定ですので、今後は単体テキストとしては、TACの「みんなが欲しかった!」とLECの「合格のトリセツ」の一騎打ちになってくるかと思います。

 ちなみに、このテキストに対応した問題集「みんなが欲しかった!賃貸不動産経営管理士の過去問題集」は、過去5年間の本試験問題を分野別・テーマ別に収録した問題集になっています。

※画像・書籍タイトルは、Amazonへリンクしています。
賃貸管理士問題集 みんなが欲しかった! 賃貸不動産経営管理士の過去問題集(2020年度)新刊!

著者: TAC賃貸不動産経営管理士講座
出版社: TAC出版
発売日: 2020/5/20
サイズ: 21 x 14.8 x 2.5 cm
ページ数: 433ページ

価格:
2,420円(送料無料)

 ボリューム的には、テキストと問題集を揃えた場合、テキストが277ページ、問題集が433ページで合計710ページとなります。

 ユーキャンの「テキスト&問題集」は、508ページですので、それと比べると4割ほどページ数が多いということになりますね。

 読みやすいフルカラーで4割多いテキストと問題集をこなすか、2色刷りですが分量が4割少ないテキスト&問題集をこなすか、人それぞれ、好みによって判断が分かれるところかと思います。

賃貸不動産経営管理士 基本テキスト(日建学院)

※画像・書籍タイトルは、Amazonへリンクしています。
賃貸管理士テキスト 賃貸不動産経営管理士 基本テキスト(2020年度版)新刊!

著者: 賃貸不動産経営管理士資格研究会
出版社: 建築資料研究社
発売日: 2020/6/1
サイズ: 14.8 x 2.1 x 21 cm
ページ数: 504ページ

価格:
3,080円(送料無料)

 次にご紹介するのは、日建学院(建築資料研究社は日建学院の運営会社です。)の「賃貸不動産経営管理士 基本テキスト」です。

 このテキストは、私が知る限りでは、賃貸不動産経営管理士の市販テキストとして、一番最初に出版されたものかと思います。

 おそらく平成28年版(2016年版)が初版で、当初は「賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト」という名称でしたが、2019年版から「賃貸不動産経営管理士 基本テキスト」に改題されました。

 このテキストは、かなり詳しくて真面目な正統派のテキストです。テキストのみにもかかわらず、ページ数は504ページとなっていますので、今回ご紹介しているどのテキストよりも詳しい解説が掲載されていることがわかります。

 私自身、2019年度の賃貸不動産経営管理士試験に向けた受験勉強の際に、調べものに便利かと思い、このテキストを念のため購入していましたが、実際のところ、調べものをするのであれば、公式テキストを使った方がいいですので、特にこのテキストは使いませんでした。

 やはり、これほどまでの詳しい解説書をイチから読んでいく必要性はないかと思いますので、上記でご紹介したような「テキスト&問題集」のタイプで学習するか、又は、単体テキストであっても、上記の「みんなが欲しかった!」のような、独学者向けにわかりやすく解説してくれているテキストの方が効率的だと思います。

 なお、このテキストに対応した問題集は、「賃貸不動産経営管理士 過去問題集」で、過去5年分の本試験問題を分野別に収録した過去問題集になっています。

※画像・書籍タイトルは、Amazonへリンクしています。
賃貸管理士問題集 賃貸不動産経営管理士 過去問題集(2020年度版)新刊!

著者: 賃貸不動産経営管理士資格研究会
出版社: 建築資料研究社
発売日: 2020/4/21
サイズ: 20.8 x 14.6 x 1.6 cm
ページ数: 352ページ

価格:
2,200円(送料無料)

 この過去問題集にも取り組むことを考えると、かなり大変かと思います。

賃貸不動産経営管理士の予想問題集(模試)について

 賃貸不動産経営管理士試験の受験対策としては、上記でご紹介した「テキスト&問題集」を使ってしっかりと勉強すれば、十分に合格することができると思います。

 ただし、本試験で解答する際の時間配分や、マークシートの解答形式、本試験での緊張感などに、あまり慣れていない方は、予備校などで実施されている模擬試験(模試)を受験しておいた方がよいかもしれません。

 しかし、模試を受験するにはそれなりに費用や時間もかかりますので、下記のような市販されている予想問題集や模擬試験などを購入し、本試験のシミュレーションをするということで、予備校の模試の受験に替えるという方法もあります。

  • 出る順賃貸不動産経営管理士 当たる! 直前予想模試【LEC】
  • 本試験をあてる TAC直前予想 賃貸不動産経営管理士【TAC】
  • 賃貸不動産経営管理士 直前予想問題集【日建学院】

 これらの予想問題集(予想模試)は、各受験指導校が過去の出題を分析し、その年の本試験に出題される問題を予想した問題集となりますので、直前期に解いてみて、自分の知識に穴がないか確認し、本試験に向けた最後の仕上げとして、弱点の補強をするという使い方も効果的だと思います。

※画像・書籍タイトルは、Amazonへリンクしています。
賃貸管理士予想模試 出る順賃貸不動産経営管理士 当たる! 直前予想模試(2020年版)

著者: 東京リーガルマインド LEC総合研究所 賃貸不動産経営管理士試験部
出版社: 東京リーガルマインド
発売予定日: 2020/9/14
サイズ:
ページ数: 288ページ

価格:
1,650円(送料無料)
賃貸管理士予想問題 本試験をあてる TAC直前予想 賃貸不動産経営管理士(2020)

著者: TAC賃貸不動産経営管理士講座
出版社: TAC出版
発売予定日: 2020/8/26
サイズ: 25.7 x 18.2 x 2 cm
ページ数:

価格:
1,540円(送料無料)
賃貸管理士予想問題集 賃貸不動産経営管理士 直前予想問題集(2020年度版)新刊!

著者: 賃貸不動産経営管理士資格研究会
出版社: 建築資料研究社
発売日: 2020/7/31
サイズ: 18.2 x 1.1 x 25.7 cm
ページ数: 216ページ

価格:
1,650円(送料無料)

ホーム

当サイトはリンクフリーです。
Copyright (C) 2007-2020 株式会社モアライセンス All Rights Reserved.