宅建試験に独学で合格するためのおすすめのテキスト、問題集、勉強方法などのほか、独学が不安な方のためにおすすめの通信講座についてもご紹介します!

独学で資格取得 - 目指せ!宅建士 -
宅建士の資格取得を『独学』で目指す皆さんに役立つ情報を発信します!
宅建士(宅地建物取引士)
「独学で資格取得 - 目指せ!宅建士 - 」ホーム
はじめに


 このサイトでは、私が独学で取得した宅建士(宅地建物取引士)の試験に関し、独学で合格するための勉強方法やおすすめのテキスト、問題集のほか、独学が不安な方のためにおすすめの通信講座などについてもご紹介したいと思います。(当サイトは、2007年に開設して以来、2019年現在も、常に最新情報に更新し続けています。)

 宅建士は、非常に人気のある資格であるとともに、国家資格の中でも取得しやすい資格です。

 宅建士は、不動産関連4大資格のひとつであり、その難易度は、@マンション管理士(合格率約8%) A宅建士(合格率約15%) B管理業務主任者(合格率約20%) C賃貸不動産経営管理士(合格率約50%)の順になっています。

 この中で、不動産系の資格は、まず宅建士から始めるとよいと言われています。

【不動産関連4大資格】

 また、宅建士の資格は、他の様々な法律系の資格の試験科目に含まれる「民法」という重要な科目を学習しますので、まずは宅建士の資格を取得してから、行政書士などの法律系資格にステップアップして挑戦する方も多いようです。

【法律系資格へのステップアップ】

 このページでは、私の経験をもとに、これから独学で宅建士の合格を目指す皆さんのお役に立てるような情報を発信するとともに、独学の学習が不安な方のために、通信講座という選択肢についても情報提供していきたいと思います。

Menu

不動産業に関連する4大資格として、宅建士のほか、管理業務主任者、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士があります。
 
管理人へのお問合せは、こちら。当サイトはリンクフリーです。相互リンクも募集しています!
Copyright (C) 2007 独学で資格取得 - 目指せ!宅建士 - All Rights Reserved.