賃貸不動産経営管理士試験に独学で合格するためのおすすめのテキスト、問題集などのほか、通信講座についてもご紹介します!

独学で資格取得 - 目指せ!賃貸不動産経営管理士 -
賃貸不動産経営管理士の資格取得を『独学』で目指す皆さんに役立つ情報を発信します
賃貸不動産経営管理士
はじめに


 賃貸不動産経営管理士は、賃貸マンションや賃貸アパートなど、賃貸住宅の管理を専門とする資格です。

 賃貸不動産経営管理士の資格制度は、一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会により平成19年に創設された資格であり、ここ数年で特に注目を集めるようになってきています。

 現時点では民間資格(公的資格)ですが、現在、国家資格化に向けて着々と準備が進められており、受験者数も急増し、人気資格になりつつあると言えます。

 試験の難易度としては、合格率は約50%で推移しており、比較的易しい資格といえますね。※ただし、年々、合格率は下がる傾向にあり、直近の2019年度試験では、36.8%にまで下がっています。

 不動産に関連する資格としては、賃貸不動産経営管理士のほか、宅建、マンション管理士、管理業務主任者があり、この4大資格のなかでは、宅建が最も有名ですね。

 この不動産関連4大資格は、それぞれ、宅建(合格率約15%)、マンション管理士(合格率約8%)、管理業務主任者(合格率約20%)と、合格率の面では、賃貸不動産経営管理士に比べると難易度が高いため、ひとまず賃貸不動産経営管理士の取得を目指そうという方もいらっしゃるでしょうし、これらすべてを既に取得している方が、新たに賃貸不動産経営管理士の資格も取得しようとされる場合もあるかと思います。

 私の場合は、宅建、マンション管理士、管理業務主任者の資格を先に取得してから、賃貸不動産経営管理士という資格があることを知り、約2ヶ月間の学習により、合格することができました。

【不動産関連4大資格】

 また、これらの不動産系の資格は、他の様々な法律系の資格の試験科目に含まれる「民法」という重要な科目を学習しますので、不動産系の資格を取得してから、行政書士などの法律系資格にステップアップして挑戦する方も多いようです。

【法律系資格へのステップアップ】

 このページでは、私のこれまでの学習経験を活かし、賃貸不動産経営管理士の資格に合格するための方法について調べられる限り調べあげ、これから賃貸不動産経営管理士の合格を目指すみなさんのお役に立てるような情報を発信したいと思います。

執筆者 大西雅明
市役所に22年間勤めた元公務員。在職中に、賃貸不動産経営管理士のほか、宅建士、行政書士、マンション管理士、土地家屋調査士などの資格試験に合格し、10年以上にわたって当サイトで情報発信している。

執筆者 大西雅明のプロフィール写真(宅建士、行政書士、マンション管理士、土地家屋調査士、賃貸不動産経営管理士などの合格証書)
執筆者紹介

Menu

 
運営者情報 プライバシーポリシー お問い合わせ 当サイトはリンクフリーです。
Copyright (C) 2007-2020 株式会社モアライセンス All Rights Reserved.