Duchamp Code
▲ TOP PAGE
 
INFRA MINCE
infra-thin

 
デュシャンと道教
 ▼ 
 玄妙 
 

 坎水逆流 
 

 精気神 
 

 混沌 
 

九天の気
 

 関元 
 
デュシャン・コード
 
デュシャン作品検索
 
石川虚舟の造形作品
 
 
  
 

 
Marcel Duchamp, NOTES         ⇒  ENGLISH
 
 
1. Le possible est un infra mince.
    La possibilité de plusieurs tubes de couleur de devenir un Sourat est 《l'explication》concrète du possible comme infra mince.
  
    Le possible impliquant le devenir - le passsage de l'un à l'autre a lieu dans l'infra mince.
    
    allégorie sur
l'《oubli》
 
Le Centre d'art et de culture Georges Pompidou, 1980.
 
 
 
  
 

 
マルセル・デュシャン  /石川虚舟訳 『ノート』 1980
 
 
1.  その可能性は アンフラマンス  (玄妙)  である。
    何本かの絵の具のチューブが一つのスーラーになる可能性は、 アンフラマンスとしてのその可能性の具体的「説明」である。
 
    生成-あるものの他の状態への移行-を意味するその可能性は、 アンフラマンスにおいて生じる。
 
    「等閑」についてのアレゴリー
 
【石川虚舟註】
    マルセル・デュシャンは、 張伯端 『悟真篇』中巻・其二 における「玄妙」を、  infra mince, inframince, infra-mince  と表記する。 アンフラ( infra ) は「玄」、 マンス( mince ) は「妙」である。
    さらに、「成変化」と「等閑」という『悟真篇』の用語が、デュシャンの『ノート』における le devenir と l'《oubli》 に合致する。
これは、デュシャンが『悟真篇』を参照していたことを証明する一例である。
 
 ⇒ 張伯端 『悟真篇』中巻・其二
 ⇒ マルセル・デュシャン 《 チョコレート挽き 》
 
 ⇒  野外工房/ 古法華の丘