本文へスキップ

ギャンプスは、ギターアンプの製作・修理・MODを専門とするショップです。

本物のエレキ・ギターサウンドを提供いたします。

お知らせ 【最新情報】

1. 店主ブログのリンクです。
ホームページに記載されない以下の情報がいち早くご覧になれます。
☆ 在庫アンプのサウンド・クリップ
☆ ギャンプスが開発した最新アンプの情報、
☆ ユーザーの立場に立った丁寧なギターアンプの技術解説

2. ギャンプス Facebook のページを作りました。
近況やブログ記事を記載しています。


当サイト内の技術解説リンク
A ) リバーブの不具合の修理方法を 5つの症例を上げて解説しました。⇒ こちら
 ユーザーで行なえる原因の絞込み方法についても解説しています。ギターアンプの修理の実例に追加しました。
B )ギターアンプのバイアス調整について解説を追加しました。 ⇒ こちら
 バイアス調整不要のアンプや調整必要な場合の方法について解説しています。
C )Trillium custom series 2x12 ギターアンプの回路を Point to Point に変更した例を追加しました ⇒ こちら
 トランスは PT, OT の両方ともにマーキュリーにグレードアップしています。
D )Fender デラックスリバーブ '68 の修理実例を追加しました。音が曇っている状態のアンプのレストア⇒こちら
E )Victoria 20112 の修理の実例を追加しました。マーキュリートランスを使った例です。 ⇒ こちら
F )ギターアンプ 修理のページを改訂し、修理の実例を更新しました。 ⇒ こちら
G )【 自分でできる真空管の交換方法とソケットクリーニング 】のページをアップしました。
 ご参考になさってください。2012 ⇒こちら

当ショップは、みなさまへの感謝の気持ちを忘れず、研究心と探究心を持ってお手伝いをさせていただく所存です。今後ともよろしくお願いいたします。

Shop Infoサービスのご案内

中古ギターアンプ販売
☆ オーバーホール済
☆ MOD 込み(下記)
ギャンプスが厳選して入手したFender アンプの中古を中心に販売します。
ギャンプスの販売するアンプは、全て、蓄積したギターアンプ技術とノウハウにより、「使えるアンプ」としてオーバーホールしてから販売します。
そのため、購入後に修理店でオーバーホールムするという二度手間が生じません。
リバーブ修理やトレモロ修理、バイアス調整もすべてオーバーホールに含んでいます。
ギターアンプ MOD
( モディファイ )
☆ シルバーフェースの場合 ブラックフェース AB763 へ変更しています。
〇 Normal Channel へのリバーブ追加は事前申し込みで無料加工
ギャンプスオリジナルの
ギターアンプ製作
ギャンプスの豊富な知識と魏出を結集し、最適なレイアウト設計を行い、最善の電気回路素子と最良の配線材を使い、最高の技術で組み立て、ハンダ付けし一台 ずつ丹精込めてポイントツーポイントをハンドワイアードして組み上げます。
外注キャビネットを使う機種もあれば、自ら一枚板を加工製作し納得のいく音響特性(レゾナンス)と耐久性・軽さを実現する機種もあります。
トランスはギャンプスの厳しい技術基準に合格する仕様のものしか対用していません。
スピーカーとスピーカーケーブルは考えうる最良のものしか採用しません。特にスピーカーはメーカー毎に採用する機種は限定されます。

ギター直でシールドを差して試奏していただければ、真空管アンプの持つ独特の暖かさ、音圧の大きさ、音の厚み、音抜けの良さ、サステインの心地よさ、レゾナンスの良さからくるリバーブ感と音質の豊かさを体感いただけます。
ギターアンプ修理
ギャンプスが販売した中古アンプやオリジナルアンプは、壊れにくく信頼性に飛んでいます。万一、偶発故障が起きたり、初期故障が起きた場合は確実に当方で保証修理いたします。無償修理の保証期間は原則1年。(真空管を除く)。補償期間後も格安実費で修理します。
技術情報の提供
アンプのポットのガリ故障の中には接点復活材では永遠に治らないケースがあります。Master Volume が付いているアンプの歪はプリ菅の歪で、パワーアンプ菅のクランチ音は出しづらい。しかし、ネット上ではそれに反した記述がたくさんあり、ギタリストを惑わせています。このため少しずつ正しい情報を記述的に解説してまいります。
その他サービス
ギターアンプ以外にもさまざまなサービスを提供いたします。。
古物商許可事業者
許可証番号: 第60103H180015号
電気用品製造事業届出
平成18年5月届出済み事業者

newsサイト情報

1993年
びわこインターネットで 「Guitar, Guitar Amp, Effects and More 」のサイトを開設
1998年
上記サイトでギターアンプ修理や MOD に関する記事を本格掲載
2006年6月30日
新たなサイトを立ち上げ
ギャンプスとしてギターアンプ修理の受注を開始
2011年10月31日
当サイトをリニューアル
アウトレット販売を開始
2012年4月2日
MercuryMagnetics のトランスの販売・取り付けを開始
2012年 JUN
技術情報に加筆し過去に多くよせられた質問・疑問への答えをまとめた  
2012年8月12日
AIW 社製 Western Electric 復刻版 スピーカーケーブル の取り扱いを開始 
2013年9月12日
ユーザーでできるギターアンプのメンテナンス情報を追加・拡充 
2020年1月       
サイト内容の変更