ユーキャンの行政書士通信講座の評判は?あらゆる角度から徹底レビューします!

独学で資格取得 - 目指せ!行政書士 -
行政書士の資格取得を目指す皆さんに役立つ情報を発信します!
ユーキャンの行政書士講座
ユーキャン行政書士通信講座の評判・口コミ&徹底レビュー!【安心のユーキャン!】

更新日:2021年10月4日

ユーキャン行政書士通信講座の評判・口コミ【徹底レビュー!】

 行政書士の通信講座「ユーキャン」については、「行政書士のおすすめ通信講座【比較ランキング!」のページでおすすめNo.5でご紹介している通信講座です。

 ユーキャンは、他社の講座のように、「講義」をベースとした講座ではなく、あくまでも「教材」を中心に自己学習を行う通信講座になっているということが、おすすめ順位を上げきれない理由です。

 ただし、ユーキャンは、これまでほとんど講義なしで多くの合格者を輩出してきていますので、「教材」に関しては、通信講座のなかではナンバーワンと言っても過言ではないのかもしれません

 このため、教材により自己学習ができる方におススメしたい講座です。

 このページでは、ユーキャンの行政書士講座の概要のほか、どのような点が優れているのか、また、どのような点が残念なのかについて、評判・口コミを踏まえながら、掘り下げてご紹介していきたいと思います。

【執筆者】
㈱モアライセンス代表 大西雅明

市役所に22年間勤めた元公務員。在職中に、行政書士、宅建士、マンション管理士、土地家屋調査士などの資格試験に合格し、10年以上にわたって当サイトで情報発信している。

執筆者 大西雅明のプロフィール写真(行政書士、宅建士、マンション管理士、土地家屋調査士などの合格証書)
執筆者紹介

ユーキャン行政書士通信講座の評判・口コミ

 ではまず始めに、ユーキャン行政書士講座に関する評判・口コミから確認しておきたいと思います。

 ユーキャンについて調べたところ、そこから私が感じた代表的な評判としては、以下のようなものが挙げられます。

良い評判・口コミ

  • テキストが漫画入りでわかりやすい
  • 過去問題集の解説がとても丁寧
  • eラーニング(スケジュール管理、問題演習、デジタルテキストなど)が便利
  • 丁寧に添削してもらえるのがモチベーションになる
  • 抜群の知名度で安心できる

悪い評判・口コミ

  • 動画講義が短かすぎる
  • 質問対応が遅い
  • 合格者数だけが公表されていて、実は合格率は低いのでは

 このように、ユーキャンの行政書士講座に関する良い評判も、悪い評判も存在していますね。

評判・口コミの分析

 では、上記のユーキャンの評判・口コミ私なりに分析してみたいと思います。

 まず、テキストはとてもわかりやすく、過去問題集の解説も丁寧で、eラーニングも便利といった評判があることから、”教材”に関しては、すこぶる良い評判ということがわかりますね。

 さらに、添削もしてもらえるので、モチベーションも上がります。

 その一方で、講義が短すぎるという評判があります。

 つまり、ユーキャンは、教材はとても分かりやすく丁寧で使いやすい一方で、講義がないため自己学習で勉強しないといけない。しかし、講義がない分は、添削課題でフォローしていくというスタンスになっていることがわかりますね。

ユーキャンの評判の分析
  • 教材はとても分かりやすく、丁寧で、使いやすい
  • 講義がないため自己学習で勉強しないといけない
  • 講義がない分は、添削課題でフォローしていくスタンス

ユーキャンの行政書士講座の特徴

 それでは、上記の評判・口コミを踏まえて、ユーキャン行政書士講座について、詳しくご紹介していきたいと思います。

ユーキャンの概要

 まず、ユーキャンの行政書士講座の概要について、簡単に確認しておきます。

 ユーキャンは、資格・技能・趣味・教養など、あらゆる分野の通信講座を手掛け、その講座数は約130にも上っています。

 私自身も、ペン習字講座や測量士補講座などでお世話になったことがあります。

 これほど大手の通信教育会社で、絶大な知名度がありますので、「ユーキャン」と聞いただけで安心して受講できそうですよね。

 ただし、他社の通信講座とは異なり、「講義」を中心とした講座ではなく、「教材(テキスト・問題集)」を中心にした講座になっていますので、行政書士の通信講座として選ぶ際には、注意が必要かと思います。

行政書士の通信講座
ユーキャン

ユーキャン行政書士通信講座
⇒ ユーキャン行政書士講座 公式サイト

※ 教育訓練給付金の対象講座には、教育訓練給付制度の対象講座を表示しています。教育訓練給付制度は雇用保険制度のひとつで、要件を満たす方には通信講座の受講料の20%が給付されます。詳しくは、教育訓練給付制度とは【通信講座や資格予備校の受講料がキャッシュバック!】をご参照ください。

通信講座名/受講料

教育訓練給付制度の対象講座
ユーキャン 行政書士講座
[Web] 63,000円

ユーキャン行政書士通信講座公式サイト
【関連記事】

 このユーキャン行政書士講座について、私が調べた結果、代表的な特徴は以下のようなものになるかと思います。

ユーキャン行政書士講座の特徴
  • テキスト中心の学習で、講義は補助的なもの
  • その代わり、テキストのわかりやすさはナンバーワン!
  • 圧倒的な解説量の問題集
  • 業界トップクラスのeラーニングシステム
  • 回数無制限の質問対応と丁寧な添削でモチベーションアップ
  • 過去8年の累計合格者数 1,383名の合格実績!

 それでは、これらの特徴について、以下で詳しくご紹介していきます。

テキスト中心の学習で、講義は補助的なもの

 まず、ユーキャン行政書士講座の講義についてです。

テキストを自身で読み、問題集を自身で解く学習スタイル

 ユーキャンの行政書士通信講座は、他社のように講義に基づいて学習が進められるような受講形態ではなく、基本的にはテキストを自身で読み、問題集を自身で解くというスタイルの学習となります。

 講義としては、1本当たり数分程度の解説講義が用意されているだけです。

テキスト学習が中心で、講義は補助的なもの

 この講義というのは2種類あり、ひとつは、各テキストを読み始める前に、そのテキストの学習の進め方や学習するポイントを解説した「合格ナビ動画」という、全体のガイダンス的な動画です。

 そしてもうひとつは、テキスト内の項目ごとに、テキストだけではわかりにくい部分をピンポイントで解説した「音声ガイド」です。(これは音声のみで、動画ではありません。)

 講義としてはこれだけですので、あくまでもテキスト学習が中心であり、講義は補助的な位置づけのものになっています。

 このため、教材(テキスト・問題集)により自己学習ができる方に限り、おすすめできる講座といえそうです。

【関連記事】

テキストのわかりやすさはナンバーワン!

 その一方で、ユーキャンのテキストは、わかりやすいことで定評があります。

 とにかく、ユーキャンの教材は、テキストも問題集も、わかりやすく作られています。「庶民向け」というイメージでしょうか。

 ユーキャンは、教材を中心とした講座ですので、まさにこの「テキスト」が肝になっています。

 ほとんど講義なしで、毎年多くの合格者を輩出していますので、テキストだけで言えば、通信講座の中ではナンバーワンと言えるかもしれませんね。

ユーキャン行政書士通信講座の教材(テキストサンプル画像)
⇒教材紹介ページ(ユーキャン公式サイト)

使用教材

  • メインテキスト9冊(入門2冊・応用7冊)
  • ガイドブック
  • 過去問題集(4冊)
  • 添削(8回分)
  • その他

マンガやイラスト、図解が豊富なテキスト

 「入門テキスト」では、マンガやイラストを豊富に使うことで難解な法律がわかりやすく理解できるようになっており、基礎知識を短期間で吸収できるようになっています。

 次の「応用テキスト」では、入門テキストで学んだ基礎知識をベースに、本格的な学習に入ります。

ユーキャン行政書士通信講座のテキストサンプル画像2
出典:ユーキャン 行政書士講座

 図解が豊富なテキストになっており、テキストによる独学だけでなく、音声ガイドの解説も提供されますので、理解が深められそうですね。

圧倒的な解説量の問題集

 そして、「過去問題集」については、解説が一般的な問題集の2〜3倍という圧倒的な解説量になっていることが特徴です。

ユーキャン行政書士通信講座の問題集サンプル画像
出典:ユーキャン行政書士講座

 パッと紙面を見ると、テキストなのか問題集なのかわからないぐらいです。その問題そのものを解説するだけでなく、関連知識や周辺知識もまとめて解説してくれますので、テキストに戻って確認する手間も減り、スムーズに学習が進むと思います。

 また、各選択肢のポイントとなる部分にはアンダーラインがひいてありますので、正誤の決め手となる知識を意識することができ、高い学習効果が得られそうですね。

【関連記事】

業界トップクラスの充実したeラーニングシステム

 ユーキャンの行政書士講座では、「合格デジタルサポートパック」というeラーニングシステムが提供されます。

ユーキャン行政書士通信講座のデジタル合格サポートのサンプル画像
出典:ユーキャン

Webテスト

 このシステムでは、テキストの内容の復習ができる「Webテスト」が用意されており、精選された重要な問題で確認・復習することができるようになっています。

 一問一答式の〇×問題ですので、スキマ時間に手軽に取り組むことができます。

 このWebテストには、弱点克服機能もついており、Webテストを解いた結果から苦手分野が自動で分析され、優先的に対策すべき問題が抽出されますので、効率的に弱点の克服ができますね。

学習進捗管理機能

 また、学習進捗状況の管理機能もあります。

 この機能では、自動的に試験日までの学習スケジュールが計算され、「今週の課題」が立てられますので、この今週の課題に沿って学習を進めていけば、効率的に本試験を迎えられるようになっています。

 なお、「今週の課題」に沿うような学習が進まなかった場合には、自動的に再計算してくれるようになっていますので、遅れた場合も安心ですね。

デジタルテキスト

 さらに、冊子版のテキスト・問題集は、すべてデジタルテキストとして、スマホなどでも参照できるようになっていますので、外出先などでもスマホが1台あれば、テキスト学習が可能です。

 その他、解説動画(各ポイントごとに数分程度の解説動画)も、このシステム内で視聴できるようになっています。

 このように、ユーキャンのeラーニングシステムは、他社と比べても、トップクラスの充実したものが備えられていますね!

10年間で3,046名の合格者を輩出!

 ユーキャンの行政書士通信講座では、2019年度試験において215名の合格者を輩出するなど、過去10年間で3,046名の合格者を輩出していますので、確かな実績があります。

(2019年:215名、2018年:272名、2017年:323名、2016年:282名、2015年:370名、2014年:265名、2013年:393名、2012年:398名、2011年:223名、2010年:305名)

 さすが、ユーキャンですね!とにかく広く知られたブランドですから、受講者の数がもの凄く多いんだろうと思います。

 しかしその一方で、受講生の何割が合格したといった合格率は公表されていません。

 参考に、行政書士通信講座の主要5社が公表しているそれぞれの合格実績をあげると、以下の表のようになります。

合格実績の比較
通信講座名 合格実績
アガルート 受講生の67.2%が合格(2020年度)
(全国平均10.7%の6.28倍)
フォーサイト 受講生の41.3%が合格(2020年度)
(全国平均10.7%の3.86倍)
ユーキャン 215名の合格者を輩出(2019年度)
スタディング 57名の合格者の声を掲載(2020年度)
クレアール 67名の合格者の声を掲載(2020年度)

 このように、”合格率”を公表しているところと、”合格者数”を公表しているところ、そして”合格者の声”を掲載しているところに分かれています。

 ユーキャンの場合は、合格率よりも合格者数の方が、公表するに相応しい数字になっているから合格者数を公表しているのだと推測されます。ですので、例えば、合格率を公表しているフォーサイトと比較した場合は、それよりも低い合格率になっていることが想像できますね。

 そうはいっても、ユーキャンは、ユーキャンというブランド名だけでも安心できてしまうスゴさがあります!

 これだけの大企業が長年にわたり開発を続けてきた行政書士講座ですから、きちんと勉強すれば合格できないわけはない!と思いますよね。

回数無制限の質問対応と丁寧な添削でモチベーションアップ

 次は、 ユーキャンのサポート体制についてです。

回数無制限のEメール、郵便による質問対応あり

 ユーキャンの行政書士講座では、質問回数無制限の、Eメール・郵便によるサポートが受けられます。(ただし、1日に3問までという制限はあります。)

 「学びオンラインプラス」という受講生専用サイトから、Eメールにより質問を送信できるようになっているほか、郵便による質問も可能です。

 ただし、”質問に対する回答が遅い”という評判もあるようです。この点に関しては、大抵の通信講座では、おおむね1週間程度の期間が必要とされていますので、他社と大差ないのではないでしょうか。

添削課題はモチベーションアップに効果的

 また、ユーキャンでは、8回の添削課題が用意されています。

 課題を提出すると、経験豊富な講師陣が解答を分析し、苦手分野などについて、コメント・アドバイスを添えて返送してくれるようになっています。

 通信講座では、基本的に自分ひとりで勉強することになりますので、モチベーション維持というのが一番のネックになってきます。

 そこの部分をユーキャンは、添削課題を使ってサポートしてくれるというわけですね。

ユーキャン行政書士講座のカリキュラム・価格

 つづいて、ユーキャン行政書士講座の受講コースとカリキュラムについてご紹介したいと思います。

 受講コースとしては、「ユーキャンの行政書士講座」の1本のみが用意されており、そのカリキュラムと価格は以下のようになっています。

入門テキスト→応用テキスト→過去問題集

 この講座では、まず、主要科目である民法・行政法について、マンガで解説した「入門テキスト(2冊)」を使って基礎知識を学び、全体像を把握します。

 そして、メインテキストである「応用テキスト(7冊)」を使って、各科目ごとに合格に必要な知識を習得していきます。

 その後、「過去問題集(4冊)」を解くことで、合格レベルまで理解を深めていくという流れで学習を進めるカリキュラムとなっています。

科目ごとの添削課題+実力診断テスト

 また、「添削課題(全8回)」が用意されており、応用テキストの各科目ごとに(7回)知識の定着を確認しながら学習を進めることができ、最後の添削課題(1回)は「総合実力診断テスト」になっています。

 なお、一般知識に関しては、別途カリキュラムが設けられているわけではなく、各テキスト(法令科目)の中に一般知識も含めて収録されているため、自然に学んでいくことができるよう工夫されています。

カリキュラム表と価格

 これらのカリキュラムを表に整理すると、以下のようになります。

カリキュラム 内容
(1)入門テキスト 入門テキスト1「民法」
入門テキスト2「行政法」
(2)応用テキスト 応用テキスト1「民法T」⇒添削課題1
応用テキスト2「民法U」⇒添削課題2
応用テキスト3「民法V」⇒添削課題3
応用テキスト4「行政法T」⇒添削課題4
応用テキスト5「行政法U」⇒添削課題5
応用テキスト6「行政法V」⇒添削課題6
応用テキスト7「憲法・商法」⇒添削課題7
(3)過去問題集 過去問題集1「民法」
過去問題集2「行政法 他(上)」
過去問題集3「行政法 他(下)」
過去問題集4「憲法・商法」
(4)総合実力診断テスト 添削課題8
受講料 63,000円

教育訓練給付金の対象講座

 なお、ユーキャンの行政書士講座は、 教育訓練給付金の対象講座になっています。

 教育訓練給付制度というのは、雇用保険制度のひとつで、被保険者の期間が3年以上などの要件を満たす方には通信講座の受講料の20%が給付されるという、とてもお得な制度です。

 詳しくは、教育訓練給付制度とは【通信講座や資格予備校の受講料がキャッシュバック!】のページでご紹介していますので、そちらをご参照ください。

【関連記事】

ユーキャンの行政書士通信講座 徹底レビューまとめ

 以上、ユーキャンの行政書士講座の評判・口コミや、特徴などについて、ご紹介してきました。

 ユーキャンは、あくまでも「教材」を中心とした講座となっているため、テキストを補足するためにポイント解説動画を提供するというスタンスになっています。

 このため、講師に引っ張っていってもらうような講義ではなく、淡々とポイントを解説する講義です。

 しかし、ユーキャンのテキストはわかりやすさには定評があり、これまでも数多くの合格者を輩出してきた実績があります。

 テキストだけで言えば、ナンバーワンと言っても過言ではないと思います。

 「ユーキャン」というブランド名だけで安心できてしまうというのもユーキャンのスゴさですね。

ユーキャンがおすすめな人

 以上から、ユーキャンは、解説講義を必要としない人、つまり、テキスト学習を中心とした自己学習ができる人におススメです!

ユーキャンがおすすめな人
  • 解説講義を必要としない人
  • テキスト学習を中心とした自己学習ができる人

ユーキャンがおすすめできない人

 一方、ユーキャンは、解説講義を聴きながら勉強したい人にはおススメできません。つまり、テキストで自己学習ができない人ですね。

ユーキャンをおすすめできない人
  • 解説講義を聴きながら勉強したい人
  • テキストで自己学習ができない人

 例えば、市販テキストを使って独学で勉強したけど挫折したような人は、ユーキャンではまた同じことの繰り返しになってしまいますので、しっかりと講義が付いたフォーサイトやアガルートなどの通信講座を選ぶべきです。

まとめ表

ユーキャン行政書士通信講座
⇒ ユーキャン 公式サイト
受講料 教育訓練給付制度の対象講座
行政書士講座
[Web]
63,000円
カリキュラム 入門テキスト、応用テキスト、過去問題集
講義時間数・スタイル ポイント解説動画
教材(テキスト・問題集) オリジナルテキスト(2色刷り) その他教材の詳細は、以下のとおり。

・メインテキスト9冊(入門2冊・応用7冊)
・過去問題集(4冊)
・添削(8回分)
・ガイドブック、その他
eラーニング Webテスト、学習進捗管理、デジタルテキスト、ポイント解説動画(1本あたり数分程度)
サポート体制 Eメール、郵便による質問対応
合格実績 合格率の公表なし。ただし、2019年度試験において、215名の合格者を輩出(過去10年間で3,046名の合格者)
セールスポイント! ★あらゆる通信講座を手掛ける大手。安心のユーキャン!
★マンガやイラストを豊富に使ったわかりやすいテキスト
★「合格デジタルサポート」システム内で、テキスト参照から講義視聴、問題演習、進捗管理まで全てに対応!
★2019年度では215名の合格者を輩出!
ウィークポイント ・講義ベースではなく、テキストベースでポイントのみ解説
総合評価

行政書士通信講座おすすめ総合評価70点 70点

ユーキャン行政書士通信講座の総合評価レーダーチャート(講義講師:10点、教材:15点、実績:15点、サポート体制:15点、受講料:15点、合計:70点)
公式サイト ユーキャン行政書士通信講座公式サイト

ホーム

当サイトはリンクフリーです。
Copyright (C) 2007-2021 株式会社モアライセンス All Rights Reserved.
 
menu