天台宗霊應山慈音院

                             

令和4年度の人形供養は10月9日(日)の予定です。
 人形供養をご希望の方は、この日までにお送り下さるか、当日ご持参下さい。

慈悲」の心で苦難を乗り越える

あけましておめでとうございます。 
 新型コロナの感染拡大は、私たちの日常生活を一変させました。三密回避のため、行事やイベント等が縮小や自粛、中止となり、令和3年度に奉修される予定であった宗祖伝教大師1200年大遠忌の報恩の行事にも、大きな影響がありました。
 また、外出や旅行などの行動制限は人々の生活や心にも大きな変化をもたらしました。コロナ禍は日々の生活で、人の心や人との繋がりにも大きな影響を及ぼし、不安やストレス、恐怖等を感じる人が多くなっています。
 そんな不安な中で、新年をお迎えになられたことと拝察いたします。
 この時に皆様は何をお考えになりますか?
 生きていく上で人と人の繋がりの大切さを実感されているのではないでしょうか?家族と会えない。入院した友人に面会できない。大切な人と自由に出会えない。などの経験をされたり、話しを聞かれた方は多いと思います。
 人は一人では生きていけません。家族や地域や社会の中で多くの人に支えられて生活していることを実感されるのではないでしょうか?病気になれば病院の関係者や家族に助けられ、周りの人に励まされ、克服していくことができるのです。苦しい時に、自分一人で抱え込まず、家族や友人など耳を傾けてくれる人に寄りかかることにより、力を得ている人が多くおられます。
 伝教大師は「慈はもって楽を与え、悲はもって苦を抜くなり。この心、この念を、時として憶わざることなし」とおっしゃっています。
「慈とは楽を与えること、悲とは苦を取り去ることである。この心、この念を忘れたことはない」という意味です。
「慈」とは親が子を思う気持のように、相手をいつくしむ心です。
「悲」とはその人の苦しみや悲しみを自分のことのように感じる心です。
この慈悲の心を持って寄り添うことが、人と人が繫がる基本となるのではないでしょうか?
 そして、コロナの厄難を乗り越えましょう。
 伝教大師1200年大遠忌は新型コロナの影響で1年延長されました。今年は感染防止に十分な配慮をしつつ、全国の各教区が比叡山延暦寺で報恩法要も奉修される予定です。
 現在、根本中堂は大改修中ではありますが、この勝縁に是非とも登叡いただき、伝教大師が目指された思いに触れて頂き、温かい心が通い合う地域や社会を目指したいものだと思います。

行事予定

4  月

        ・写経会
             7日(土) 本堂にて  午前8時30分から
           21日(土)   本堂にて  午前8時30分から

                   写経会について
     ・写経会は毎月第一、第三土曜日に行っています。どなたでも
     随時参加できますので、書写 の用具(筆ペン可)を持参く
     だされば結構です。皆様の御参加をお待ちしています。
          現在祖師先徳鑽仰大法会の第二期の期間中です。
             第一期では法華経全巻の写経を行いましたが、現在は観音経偈「世
                 尊偈」写経に取り組んでいます。
        初めての方も大歓迎です。ご参加をお待ちしています。
                 写経は字の上手い下手ではありません。「字を書くのは自信がない」と
               か「書道の経験がない」と言って躊躇する人もいますが、写経は古くから
               「一字一 仏」と言うように、一字書くことは一佛を造るのと同じという気
               持ちで、 心を込めて書き写すことが大切です。
           写経は自分と向き合う修業ですから、他人と比較して評価するもの
               ではません。一字一字に向き合うことによって、今の自分を冷
                 静に受け止めこと出来るようになり、「もっと、もっと」と
                 貪る心が静まります。そうすれば、日々満たされた思いの中で、幸福を
                 実感しがら生活できるのではないでしょうか。
             ・準備物は筆と墨又は筆ペン(筆は細筆)をご持参下さい。
                                        写経用紙等は準備しております。
 

 月

          ・写経会
              7日(土) 本堂にて  午前8時30分から
             21日(土)   本堂にて  午前8時30分から                     

    ■六角堂の開扉について
       毎月24日は開扉しておりますので、お参り下さい

 各種御祈祷等を執り行っています

 当山では、皆様の御希望により、

 ・安産祈願、腹帯加持、合格祈願、商売繁盛、病気平癒、交通安全、旅行安全、家内
  安全、七五三、無病息災、開運厄除(厄年祓)などの各種祈願を執り行っておりま
  す。
  お気軽に御連絡下されば、随時御予定に合わせて執り行わさせていただきます。

 ・お困りのことがありましたら、ご相談に応じます。秘密は厳守いたします。お気軽
  にお越しください。

令和4年度の人形供養について

令和3年度の人形供養は10月10日(日)に厳修しました。
   令和4年度の人形供養は10月9日(日)午後1時30分から厳修の予定です。
会場は当山 霊應山慈音院本堂にて奉修します。




令和4度は令和4年10月9日(日)に厳修の予定です 
多くの方々の参詣をお待ちしています。
ご希望の方は当日かこの日までに当山までお送り下さい。
(郵便番号、住所、氏名を明記下さい。)
法要終了後、人形供養の終了のご挨拶のはがきをお送りいたします。
 尚、お問い合わせはTel.0748-86-3011までお願いします。

 詳しくは人形供養
をご覧下さい

当山の人形供養について

 これまで人形供養の開催はNPO法人「六角ふれあいひろば」が主催され、当山が協力してまいりましたが、この度、NPO法人「六角ふれあいひろば」は都合により閉じられることとなりました。
 これまで、多くの方々にご参詣いただきありがとうございました。
 つきましては、今後は当山が引き続き、この行事を執り行っておりますのでよろしくお願いいたします。

個別に行う人形供養について

 人形供養祭とは別に、ご希望により随時個別に供養を行います。
 ご希望される方は電話にてご連絡ください。(0748-86-3011 慈音院)
 日時を調整の後、人形をご持参頂いたその時に供養祭を執り行います。




   

アクセスカウンター

                        お問い合わせはこちらまで





2015.1.1
2014.10.1
2014.9.24
2014.6
2014.5.5
2013.10.1
2013.5.26
2013.1.1
2012.9.1
2012.3.7
2012.2.29
2011.12.5
2011.9.1
2011.8.13
2011.3.17
2010.11.2
2010.9.28
2009.11.1
2009.9.25
2009.3.1
2008.12.1
2008.11.1
2008.10.3
2008.10.2
2008.10.2