土地家屋調査士試験の合格証書交付式の私の体験をご紹介します!

独学で資格取得 - 目指せ!土地家屋調査士 -
土地家屋調査士の資格取得を『独学』で目指す皆さんに役立つ情報を発信します
独学で資格取得 - [土地家屋調査士] - [行政書士] - [宅建士] - [管理業務主任者] - [マンション管理士] - [測量士補] - [司法書士] - 【総合ページ

土地家屋調査士

「独学で資格取得 - 目指せ!土地家屋調査士 - 」ホーム土地家屋調査士の合格証書交付式

土地家屋調査士の合格証書交付式

 土地家屋調査士の試験対策という、このサイトの趣旨からは少し外れますが、めでたく合格した後はどうなるのか、知っておくと安心すると思いますので、ここに書いておきたいと思います。

 これは、平成19年のケースです。最終の合格発表がインターネットに掲載されたあと、法務局から、「あなたは合格しました。合格証書の交付式を行うので、来庁してください。」という趣旨の封書が届きました。私の場合、「原則、大阪法務局の交付式に出席してください。しかし、地方法務局での交付式を希望する場合、又は、大阪法務局も地方法務局もどちらも出席できないという場合は、申し出てください。」という趣旨の文面でした。

 どちらも出席できない場合は、郵送してくれるのかな?と思いましたが、3択の選択肢が与えられた場合、一番、相手方に失礼にあたるであろう郵送の希望というのは、心理的に選びにくかったため、神戸地方法務局での交付式を選択しました。

 合格証書交付式(会場には「合格証書伝達式」と書いてありました。)は、神戸地方法務局の1階の共用会議室で行われましたが、出席者は10名程度で、部屋の広さからは閑散とした雰囲気でした。集合時間は午前9時30分、そして簡単な説明があって、9時40分から式が開始されました。まず、交付式ということで、ひとりずつ名前を呼ばれ、前に出て、神戸地方法務局長から直々に合格証書が授与されました。その後、その局長からご挨拶をいただき、式は終了。そして、土地家屋調査士会の方から、登録関係の書類一式が配布され、解散となりました。終了時刻は、午前9時50分でした。(集合時間から、たったの20分。)

 ちなみに、神戸以外の地方法務局では、土地家屋調査士会からの説明に、1時間ほど時間がとられることもあるようです。

 とにかくこれで、2年がかりで学習を続けた土地家屋調査士試験の合格証書を、めでたく手に入れることができました。

 これが、合格証書です。(威厳を持たせるため?に、質素な印刷となっています。)

 その後、官報にも合格者の氏名が掲載されました。

↑このページのトップへ戻る

土地家屋調査士試験合格占有率 驚異の5割の実績!多くの受験生に愛用されている「合格ノート」をメインテキストに、短期合格を実現する『短期集中プログラム』!

六角脳枕

ホーム

管理人へのお問合せは、こちら。当サイトはリンクフリーです。  
Copyright (C) 2007 独学で資格取得 - 目指せ!土地家屋調査士 - All Rights Reserved.