土地家屋調査士ってどんな資格?土地家屋調査士の業務の概要をご紹介します!

独学で資格取得 - 目指せ!土地家屋調査士 -
土地家屋調査士の資格取得を『独学』で目指す皆さんに役立つ情報を発信します
独学で資格取得 - [土地家屋調査士] - [行政書士] - [宅建士] - [管理業務主任者] - [マンション管理士] - [賃貸不動産経営管理士] - [測量士補] - [司法書士] - 【総合ページ

土地家屋調査士

土地家屋調査士の業務の概要

土地家屋調査士とはどのような業務を行う資格なのかについて、ここで紹介します。

土地家屋調査士とは

 土地家屋調査士は、不動産(土地又は建物)の所有者に代理して、不動産の「表示に関する登記」手続を行うこと、及び、この登記手続に必要な不動産の調査や測量を行うことを主な業務とする資格です。

 この「表示に関する登記」手続の代理は、土地家屋調査士だけが行うことができる独占業務とされています。

表示に関する登記とは

 表示に関する登記とは、法務局に保管されている登記記録(登記簿)の中の「表題部」に記録する登記のことであり、この登記は、家を新築・増築した場合や、土地を分筆したり、土地の利用を変更(農地を造成するなど)した場合などに必要となる登記です。

 このような場合に、現地で必要な調査や測量を行い、登記に必要な図面及び申請書類を作成し、法務局へ登記申請を行います。

 そもそも、この表示に関する登記申請は、その所有者に義務付けられた手続ですが、高度な法律知識や測量技術が求められることから、土地家屋調査士がこの業務を引き受けて、代理で手続をすることが一般的となっています。

↑このページのトップへ戻る

土地家屋調査士試験合格占有率 驚異の5割の実績!多くの受験生に愛用されている「合格ノート」をメインテキストに、短期合格を実現する『短期集中プログラム』!

ホーム

管理人へのお問合せは、こちら。当サイトはリンクフリーです。
Copyright (C) 2007 独学で資格取得 - 目指せ!土地家屋調査士 - All Rights Reserved.