管理業務主任者試験に独学で合格するためのテキスト、問題集等を徹底的に比較してご紹介します!

独学で資格取得 - 目指せ!管理業務主任者 -
管理業務主任者の資格取得を『独学』で目指す皆さんに役立つ情報を発信します
独学で資格取得 - [土地家屋調査士] - [行政書士] - [宅建士] - [管理業務主任者] - [マンション管理士] - [賃貸不動産経営管理士] - [測量士補] - [司法書士] - 【総合ページ
管理業務主任者のテキスト・問題集
独学で資格取得 - 目指せ!管理業務主任者 - 」ホーム管理業務主任者の独学におすすめのテキスト、問題集等【人気テキスト徹底比較!】
管理業務主任者の独学におすすめのテキスト、問題集(過去問)等【人気テキスト徹底比較!】

更新日:2019年10月2日

管理業務主任者のテキストの比較

 管理業務主任者(管業)の試験対策を『独学』で進めようとしたときに一番悩むのが、テキスト、問題集等の教材とその使用方法だと思います。

 ここでは、私が独学で管理業務主任者試験に合格した際に実際に使用した教材を含め、管理業務主任者の独学におすすめのテキスト、問題集(過去問)等とその使い方、勉強方法などをご紹介しますので、独学で学習する際の参考にしてください。

 また、管理業務主任者のテキストとしては、いくつか有名なテキストがありますので、私のおすすめテキスト以外の人気テキストについても、私が実際に購入して読み比べたうえで、その特徴などを徹底的に比較してご紹介したいと思います。

 私は、管理業務主任者試験に関しては、不動産系の資格の分野で定評があり、また、ネット上のクチコミ等でも評判の良い「TAC」のテキスト、問題集(過去問)を選択することにしました。

管理業務主任者の独学におすすめのテキスト

 管理業務主任者に独学で合格するためのテキストとしては、TACの「管理業務主任者 基本テキスト」を選びました。

管理業務主任者のおすすめテキスト!
管理業務主任者 基本テキスト(TAC)

 ネット上で、あれこれと管理業務主任者試験対策のテキストを探してみたのですが、宅建士といえば「らくらく宅建塾」のように、これだ!というテキストは存在していないのが現状のようです。やはり、宅建士に比べると、管理業務主任者は資格の人気も低く、需要が少ないからでしょうか。。

 TACの管理業務主任者 基本テキストは、2色刷りで見やすく、要所要所で「Point整理」として、重要事項を表形式でまとめてくれています。管理業務主任者試験は、暗記が中心の学習となりますので、この「Point整理」は非常に役に立つと思います。また、Point整理のほかにも囲み記事として、追加論点を「プラス記事」として要所要所で掲載するなど、メリハリの利いた文章構成となっているため、飽きずに読み進めていくことができると思います。
 なお、項目ごとに過去の管理業務主任者本試験で出題された「出題年度」が明記されており、重要なポイントがよくわかるようになっていることも特徴的です。

 ただし、不動産系の資格に初めてチャレンジされる方は、TACの基本テキストに入る前に、「マンガはじめてマンション管理士・管理業務主任者」を読んでおくことをおすすめします。正直、TACの基本テキストは、いかにも教科書的なテキストになっており、予備知識なしで読み進めるのは、かなりキツいかと思いますので。。

 また、「民法」の学習が初めての場合は、このTACの管理業務主任者 基本テキストだけで理解するのはかなり困難かと思います。そこで、民法については、宅建士のテキストとして定評のある「らくらく宅建塾」で学習するのが一番てっとり早いと思いますので、そちらをお勧めします。「らくらく宅建塾」は、完全な初心者向けに丁寧に解説されていて、非常にわかりやすいテキストです。また、暗記すべきポイントは、ゴロ合わせで覚えることができるようになっているなど、至れり尽くせりのテキストだと思います。

 法律の学習が初めての方は、上記のとおり、「らくらく宅建塾」+「管理業務主任者 基本テキスト(TAC)」で学習するという方法のほか、下記の「管理業務主任者の人気テキスト徹底比較!」でご紹介している「楽学 マンション管理士・管理業務主任者 基本書」で学習するという方法もあります。なお、宅建士等の学習経験がある方には、上記のとおり、「管理業務主任者 基本テキスト(TAC)」をおススメします。

※画像・書籍タイトルは、Amazonへリンクしています。
テキスト 管理業務主任者 基本テキスト(2019年度)

著者: TAC管理業務主任者講座,中西 伸太郎
出版社: TAC出版
発売日: 2019/1/31
サイズ: 21 x 14.8 x 2.5 cm
ページ数: 744ページ

価格:
3,080円 (送料無料)
テキスト マンガはじめてマンション管理士・管理業務主任者(2019年版)

著者: 氷見敏明(著),河野やし (イラスト) ,植杉伸介 (著)
出版社: 住宅新報出版
発売日: 2018/12/13
サイズ: 20.8 x 15 x 2.6 cm
ページ数: 505ページ

価格:
2,970円 (送料無料)
テキスト らくらく宅建塾(2019年版)

著者: 宅建学院
出版社: 宅建学院
発売日: 2018/12/7
サイズ: 21 x 15 x 2.8 cm
ページ数: 532ページ

価格:
3,300円 (送料無料)

 私は、管理業務主任者試験に向けた学習計画を立てた当初は、上記のTACの基本テキストを、2週間〜1ヶ月程度で通読した後、下記で紹介している問題集を解いていく予定でしたが、結果的にテキストの通読のみで1ヵ月半の期間を費やしてしまったため、残り2週間では、問題集をやり切ることも、また、テキストを再度通読することも不可能な状況となってしまいました。

 そこで、短期間で試験範囲を総整理できるような書籍はないかと探してみたところ、TACの「管理業務主任者 出るとこ予想 合格(うか)るチェックシート」というものを見つけました。

↑トップへ戻る

管理業務主任者のおすすめの要点整理本(まとめ本)
管理業務主任者 出るとこ予想 合格(うか)るチェックシート(TAC)

 このTACの「管理業務主任者 出るとこ予想 合格(うか)るチェックシート」は、最重要論点を50項目に分け、1週間でマスターできるように整理された「要点整理本(まとめ本)」です。印刷は2色刷りで見やすく、図表が豊富に使用されており、また、1項目が1見開き(2ページ)で完結しており、抜群に使いやすいものとなっていますので、是非おすすめします!
 この1日分は、1時間程度で読めますので、私は、試験前のラスト2週間で、このチェックシートを2回読み込みました。

 この管理業務主任者チェックシートをやってみて感じたことは、最初のテキストの通読の段階では、細々としたややこしい所には引っ掛からずに、とにかくサラサラと読み進めていくべきだったということです。テキストを1度読んだだけでは暗記することなどできないわけですから、その後、チェックシートを読む段階や問題集を解く段階で初めて暗記するということを意識すればよいかと思います。ですので、最初のテキストの通読は、「何について書いてあるのか」が理解できる程度の深さで読み進めるのがよいかと思います。

※画像・書籍タイトルは、Amazonへリンクしています。
テキスト 管理業務主任者 出るとこ予想 合格(うか)るチェックシート (2019年度)

著者: TAC管理業務主任者
出版社: TAC出版
発売日: 2019/8/22
サイズ: 25.7 x 18.2 x 2 cm
ページ数: 120ページ

価格:
1,540円 (送料無料)
↑トップへ戻る

管理業務主任者の人気テキスト徹底比較!

 それでは次に、各社から出版されている管理業務主任者のテキストで、上記でご紹介したTACの「管理業務主任者 基本テキスト」以外のテキストについて、私が実際に購入し、比較検証した記事を掲載しておきたいと思います。

 それでは、以下、順に、

  • 楽学 マンション管理士・管理業務主任者 基本書(住宅新報社)
  • 出る順 管理業務主任者・マンション管理士 合格テキスト(LEC)

について、比較してご紹介していきたいと思います。

↑トップへ戻る

管理業務主任者のテキストの比較 その1
楽学 マンション管理士・管理業務主任者 基本書(住宅新報社)

※画像・書籍タイトルは、Amazonへリンクしています。
楽学マンション管理士・管理業務主任者 基本書 上(2018年版)

著者: 住宅新報社
出版社: 住宅新報社
発売日: 2018/1/16
サイズ: 20.6 x 15.2 x 2.6 cm
ページ数: 509ページ

価格:
3,025円 (送料無料)
楽学マンション管理士・管理業務主任者 基本書 下(2018年版)

著者: 住宅新報社
出版社: 住宅新報社
発売日: 2018/1/16
サイズ: 20.6 x 15.2 x 3.4 cm
ページ数: 546ページ

価格:
3,025円 (送料無料)

 まずは、住宅新報社の「楽学 マンション管理士・管理業務主任者 基本書」です。

 このテキストは、2017年版までは、管理業務主任者試験用とマンション管理士試験用と別々のテキストとして出版されていましたが、2018年版から、マンション管理士と管理業務主任者の両試験をカバーするテキストに統合されました。このため、マンション管理士と管理業務主任者のW受験を考えている方にとっては、このテキストだけで済むため、便利かと思いますが、逆に、管理業務主任者試験だけの受験を考えている方にとっては、そこまで深く学習する必要のない内容まで記載されているため、無駄が生じる可能性があります。

 このテキストは、2分冊となっており、上巻は、民法、区分所有法といった法令関係が収録されており、下巻は、実務、建築、会計分野が収録されています。
 印刷は白黒です。

 この「楽学 マンション管理士・管理業務主任者 基本書」は、TACの「管理業務主任者 基本テキスト」やLECの「出る順 管理業務主任者・マンション管理士 合格テキスト」とは、大きな違いがあります。

 その違いというのは、「TAC」や「LEC」のテキストは、ある程度の予備知識がないと、初学者がそのテキスト単独で学習を進めることは難しいですが、「楽学」のテキストは、完全な法律の初学者をターゲットにしているという点です。このため、管理業務主任者の試験対策で初めて法律に触れる人でも十分に理解できるよう、事例をもとに、噛み砕いてわかりやすく解説してくれています。文章も、「ですます調」の講義形式となっており、読みやすいと思います。

 ただし、残念なのが、「TAC」や「LEC」のテキストのような、「表による整理」がないところです。この「楽学」のテキストは、イラストや図解も豊富に入っており、非常にわかりやすいテキストであることに間違いありませんが、複雑な制度や類似する制度があるような場合に、「TAC」や「LEC」では、それらを表にまとめて、違いを整理したうえで記憶できるように配慮されているのですが、「楽学」のテキストにはそれがないため、確かに理解はできたとしても、それらを区別したり、整理したりするという面では、劣っていると感じます。
 「楽学」のテキストに、表による整理も入っていれば、完璧なのですが。。。

 しかし、法律の初学者にとっては、まずは理解できなければ始まりませんので、「楽学」のテキストを使用した方が良いように思います。そういう意味では、上記の「TAC」のテキストを使用する場合、法律の初学者は「らくらく宅建塾」を併用することをおすすめしていますが、「らくらく宅建塾」+「TAC」のテキストで学習するのではなく、最初から「楽学」のテキストで学習するというのも、ひとつの方法かもしれません。

↑トップへ戻る

管理業務主任者のテキストの比較 その2
出る順 管理業務主任者・マンション管理士 合格テキスト(LEC)

※画像・書籍タイトルは、Amazonへリンクしています。
テキスト 出る順 管理業務主任者・マンション管理士 合格テキスト(2019年版)

著者: 東京リーガルマインド LEC総合研究所 マンション管理士・管理業務主任者試験部
出版社: 東京リーガルマインド
発売日: 2019/2/24
サイズ: 21 x 14.8 x 2.5 cm
ページ数: 1135ページ

価格:
4,180円 (送料無料)

 次にご紹介するのは、LECの「出る順 管理業務主任者・マンション管理士 合格テキスト」です。

 このテキストも、上記の「楽学」のテキストと同様、マンション管理士と管理業務主任者の両試験をカバーするテキストになりますので、W受験を考えている方には便利ですが、管理業務主任者だけを目指す受験生にとっては、無駄が生じる可能性があります。

 このテキストは、3分冊にセパレートできるようになっており、1巻は「法令編(上) 民法他・区分所有法等」、2巻は「法令編(下) 標準管理規約・適正化法」、3巻は「管理実務・会計・設備系編」となっています。
 印刷は、赤系の2色刷りです。

 この「LEC」のテキストは、「TAC」のテキストと似た雰囲気を持っており、基本的に同じような印象です。つまり、文章が「である調」で、教科書的で堅い印象です。そして、法的な整理はしっかりとされていますが、「楽学」のテキストのような事例による丁寧な解説が少ないため、初学者には厳しく、その一方で、図解は豊富で、表による整理もなされているため、違いを整理したうえで記憶できるように配慮されている、という内容になっています。

↑トップへ戻る

管理業務主任者のテキストの比較まとめ

 上記のように、各社の管理業務主任者のテキストを比較してみたところ、いずれも一長一短という感じで、これがベスト!と言えるものがない状況です。

 ですので、管理業務主任者試験用のテキストの選び方としては、受験生のタイプ別に異なってくることになるかと思います。

 まず、法律の初学者の方の場合には、噛み砕いて丁寧に解説してくれている「楽学 マンション管理士・管理業務主任者 基本書」をおススメします。

 そして、宅建士等の学習経験のある方は「TAC」か「LEC」のいずれかで、管理業務主任者だけの受験を考えている場合は、TACの「管理業務主任者 基本テキスト」を選択するのがよいと思います。

 では、管理業務主任者とマンション管理士のW受験を考えている場合は、「LEC」になるかというと、実は、TACにも「マンション管理士・管理業務主任者 総合テキスト」がありますので、そう単純な話にはなりません。

※画像・書籍タイトルは、Amazonへリンクしています。
テキスト マンション管理士・管理業務主任者 総合テキスト (上) 民法/区分所有法等(2019年度)

著者: TACマンション管理士・管理業務主任者講座
出版社: TAC出版
発売日: 2019/2/27
サイズ: 21 x 14.8 x 2.5 cm
ページ数: 336ページ

価格:
1,980円 (送料無料)
テキスト マンション管理士・管理業務主任者 総合テキスト (中) 規約/契約書/会計等(2019年度)

著者: TACマンション管理士・管理業務主任者講座
出版社: TAC出版
発売日: 2019/3/21
サイズ: 21 x 14.8 x 2.5 cm
ページ数: 324ページ

価格:
1,980円 (送料無料)
テキスト マンション管理士・管理業務主任者 総合テキスト (下) 維持・保全等/マンション管理適正化法等(2019年度)

著者: TACマンション管理士・管理業務主任者講座
出版社: TAC出版
発売日: 2019/4/20
サイズ: 21 x 14.8 x 2.5 cm
ページ数: 388ページ

価格:
1,980円 (送料無料)

 ここで、「TAC」と「LEC」の違いについて触れておきたいと思います。「LEC」は、「TAC」に比べると、メリハリに欠ける印象があります。「TAC」のテキストは、「プラス記事」や「Point整理」などの囲み記事を要所要所で使うことで、メリハリの利いた記述となっていますが、「LEC」のテキストは、確かに「TAC」同様に、表による整理が豊富にはありますが、「TAC」に比べるとダラダラとした記述になっています。このため、「LEC」のテキストは、「TAC」と似た雰囲気ではありますが、私としては、「TAC」をおすすめします。

 ということで、宅建士等の学習経験があり、W受験を考えている方の場合には、TACの「マンション管理士・管理業務主任者 総合テキスト」がおススメということになります。

↑トップへ戻る

管理業務主任者の独学におすすめの問題集(過去問)

 管理業務主任者試験の問題集は、上記のテキストと同じくTACの問題集管理業務主任者 一問一答セレクト1000」を選びました。

 通常であれば、問題集としては過去問を選択すべきところですが、とにかく勉強期間が短いため、論点が重要論点のみに絞られており、さらに、その論点について1肢のみで完結するという一問一答形式の問題集のみで勝負することにしました。

 ページ構成は、ページ見開きの左側に問題、右側に解説となっており、右側の解答(○×)や重要字句を隠すための赤い目隠しシートも付属しています。

 当初の予定では、テキストを通読した後、この問題集を解いていく予定でしたが、上記のテキストのところにも記載したように、問題集を解く時間がなかったため、結局この問題集をやり切ることはできませんでした。
 ただし、どのような雰囲気で出題されるのか、民法の最初の2ページほどを確認的に解いてみました。それと、民法の次に最重要と思われる「第3章 区分所有法・建替え等円滑化法・被災区分所有法」をスキマ時間でなんとか解いたことと、「第4章 マンション標準管理規約」を試験会場までの電車の中で半分ほど解くという形で利用しました。

※画像・書籍タイトルは、Amazonへリンクしています。
一問一答 管理業務主任者 一問一答セレクト1000(2019年度)

著者: TAC管理業務主任者講座
出版社: TAC出版
発売日: 2019/4/11
サイズ: 18.2 x 12.8 x 2 cm
ページ数: 440ページ

価格:
1,980円 (送料無料)

↑トップへ戻る

管理業務主任者の独学におすすめのテキスト、問題集等の使用方法

 私の場合は時間があまりにもなかったため、上記のような学習方法になってしまいましたが、本来の管理業務主任者試験対策としての学習方法は、以下の手順で進めるのがよいと考えています(私自身が、宅建士や行政書士の受験勉強をした際の学習方法をベースにしたものです)。

 まず、テキストを一通り読んだ後、再度、テキストを各項目ごとに読み、そこに対応する問題集を解いていきます。このとき、問題集の解説を読みながら、わからない部分についてはテキストの該当部分を確認しながら学習を進めます。
 そして、テキストと問題集の平行学習が終わったら、今度は、問題集のみを解いていきます。
 そして最後に、総整理として、まとめ本を読むというのがベストな学習方法かと思います。

 なお、私の場合は、最初のテキストの通読に時間をかけ過ぎた関係で、問題集を解く時間を確保することができませんでしたので、最初にテキストを読む際は、できるだけ引っかからずに、サ〜っと読むようにするのがおススメです。問題集を解きながら、テキストを確認する際にじっくりと理解するようにするのがよいと思います。

↑トップへ戻る

管理業務主任者の独学におすすめの法令集

 管理業務主任者試験用の法令集として一般に市販されているものとしては、公益財団法人マンション管理センター発行の「マンション管理基本六法」というものがありますが、値段も高いため(4,290円)、LECがレジュメ販売をしている「マンション管理 主要法令集」を購入しました。

 この法令集は、民法や区分所有法、マンション建替え円滑化法などの各法律をはじめ、マンション標準管理規約やマンション管理適正化指針など、管理業務主任者試験に必要となる法律、規約、指針等がすべて収録されています。

 また、横書2段組のレイアウトで、数字も算用数字で表記されるなど工夫がされていますので、使いやすいと思います。

 ただし、私の場合は、学習期間・時間があまりにも短く、法令を確認する時間がなかったため、ほとんど使用できませんでした。

 基本的に、管理業務主任者試験用の法令集が一般に市販されていないということは、試験対策として特別に法令集を購入する必要性は低いのかもしれません。しかし、テキスト内でも、「マンション標準管理規約」については原文を確認しておくように、といったことが書かれていますし、「民法」や「区分所有法」については条文を確認しておくことも理解の助けになると思いますので、余裕のある方は、法令集も購入しておくに越したことはないと思います。

法令集 マンション管理 主要法令集(2019年版)【LECオンラインショップ レジュメ販売】

著者: LEC東京リーガルマインド
発売日: 2019年

価格:
1,390円

↑トップへ戻る

ホーム

管理人へのお問合せは、こちら。当サイトはリンクフリーです。  
Copyright (C) 2016 独学で資格取得 - 目指せ!管理業務主任者 - All Rights Reserved.