管理業務主任者試験に独学で合格するために必要な勉強時間や勉強方法などをご紹介します!

独学で資格取得 - 目指せ!管理業務主任者 -
管理業務主任者の資格取得を『独学』で目指す皆さんに役立つ情報を発信します
独学で資格取得 - [土地家屋調査士] - [行政書士] - [宅建士] - [管理業務主任者] - [マンション管理士] - [賃貸不動産経営管理士] - [測量士補] - [司法書士] - 【総合ページ

管理業務主任者

独学で資格取得 - 目指せ!管理業務主任者 - 」ホーム管理業務主任者に独学で合格するための勉強方法、勉強時間など

管理業務主任者に独学で合格するための勉強方法、勉強時間など

 ここでは、管理業務主任者試験に独学で合格するために要した私の勉強方法、勉強時間などをご紹介します。

 管理業務主任者試験は、合格率が20%程度で、国家資格の中でも比較的容易に取得できる資格といえますので、テキスト1冊をしっかりと読み、問題集(過去問)を複数回繰り返すだけで、短期間での合格も十分に可能な資格だと思います。

管理業務主任者に独学で合格するための勉強期間

 私が管理業務主任者試験に合格するまでに要した勉強期間は、次のとおりです。

・ 約2ヶ月間

 一般的に、管理業務主任者試験に合格するには半年程度の勉強期間が必要とされていますが、それよりも短い期間で合格できたのは、私は既に宅建士試験や土地家屋調査士試験に合格していたため、管理業務主任者の試験で重要な科目「民法」や「区分所有法」についての試験対策を軽く済ませることができたためです。

↑トップへ戻る

管理業務主任者に独学で合格するための1日の勉強時間

 私が管理業務主任者試験に独学で合格するために取り組んだ1日の勉強時間は、次のとおりです。

・約1時間/1日 (※休日は2時間程度)

 毎朝、仕事に行く前に、1時間早く起きて勉強しました。

 単純計算すると、1日1時間(休日2時間)で2か月間ですので、約80時間の勉強時間ということになります。一般的に、初学者が管理業務主任者試験に合格するためには、300時間程度の学習時間が必要と言われていますが(諸説あります)、私の場合、上記のとおり、既に宅建士試験や土地家屋調査士試験のために民法や区分所有法を学習済みだったことから、4分の1程度の勉強時間で合格することができたのだと思います。

 人それぞれ、1日に確保できる勉強時間や予備知識がどれだけあるかなど違いがありますので、300時間というのはあくまでも目安となりますが、とりあえずはみなさんも、この勉強期間・勉強時間を参考に、学習計画を立てていただければと思います。例えば、1日に3時間の勉強時間が確保できる方であれば、3か月強の期間になりますし、1日に1時間しか勉強時間が確保できない方であれば、10か月程度の期間が必要になると考えていただければよいかと思います。

↑トップへ戻る

管理業務主任者に独学で合格するための試験対策費用

 私が管理業務主任者試験対策に要した費用は、次のとおりです。

・テキスト、問題集、法令集の購入費用 : 7,732円

 独学ならではのお安さに収まっています。

 私が実際に購入したテキスト等の教材は以下のとおりですが、使用方法を含め、詳細については、「管理業務主任者試験の独学におすすめのテキスト、問題集等」のページでご紹介していますので、そちらをご覧になって、独学に最適なテキストと問題集の組み合わせで学習を進めていただければと思います。

【テキスト 2冊】

  • TAC「管理業務主任者基本テキスト」・・・メインのテキストとして使用しました。
  • TAC「出るとこ予想 合格(うか)るチェックシート」・・・直前期に知識を総整理(丸暗記)するために使用しました。

【問題集 1冊】

  • TAC「管理業務主任者 一問一答セレクト1000」・・・問題集は、これ1冊のみで済ませました。

【法令集 1冊】

  • LEC「マンション管理 主要法令集」(市販されていないため、LECのオンラインショップで購入しました。)・・・購入したものの、ほとんど使用することはありませんでした。(というか、あまりにも勉強期間が短かったため、使用する暇がありませんでした。)

↑トップへ戻る

管理業務主任者に独学で合格するための勉強方法

 それでは、管理業務主任者試験に独学で合格するための具体的な勉強方法についてご紹介したいと思います。

 私の場合は、まず、テキスト管理業務主任者基本テキスト 』を一通り読み、そのあと、まとめ本管理業務主任者 出るとこ予想 合格(うか)るチェックシート 』を2回通読しました。
 そして、最後の悪あがきとして、問題集管理業務主任者一問一答セレクト 』の3章(区分所有法等)と4章(マンション標準管理規約)を解きました。

 本来の学習方法としては、テキストを一通り読んだ後、再度、テキストを各項目ごとに読み、そこに対応する問題集を解いていきます。このとき、問題集の解説を読みながら、わからない部分についてはテキストの該当部分を確認しながら学習を進めます。
 そして、テキストと問題集の平行学習が終わったら、今度は、問題集のみを解いていきます。
 そして最後に、総整理として、まとめ本を読むというのがベストな学習方法かと思います。

 私の場合は、最初のテキストの通読に時間をかけ過ぎた関係で、問題集を解く時間を確保することができませんでしたので、最初にテキストを読む際は、できるだけ引っかからずに、サ〜っと読むようにするのがおススメです。問題集を解きながら、テキストを確認する際にじっくりと理解するようにするのがよいと思います。

↑トップへ戻る

管理業務主任者試験の独学による受験結果

平成28年度合格 : 50問中39問正解(合格ライン:35問以上)

これが、合格証書です。一般社団法人マンション管理業協会理事長の名で発行されています。
 

↑トップへ戻る

ホーム

管理人へのお問合せは、こちら。当サイトはリンクフリーです。  
Copyright (C) 2016 独学で資格取得 - 目指せ!管理業務主任者 - All Rights Reserved.