管理業務主任者ってどんな資格?管理業務主任者の業務の概要をご紹介します!

独学で資格取得 - 目指せ!管理業務主任者 -
管理業務主任者の資格取得を『独学』で目指す皆さんに役立つ情報を発信します
独学で資格取得 - [土地家屋調査士] - [行政書士] - [宅建士] - [管理業務主任者] - [マンション管理士] - [賃貸不動産経営管理士] - [測量士補] - [司法書士] - 【総合ページ

管理業務主任者

独学で資格取得 - 目指せ!管理業務主任者 - 」ホーム管理業務主任者の業務の概要(管理業務主任者とは)

管理業務主任者の業務の概要(管理業務主任者とは)

 管理業務主任者とはどのような業務を行う資格なのかについて、ここで紹介します。

管理業務主任者とは

 管理業務主任者は、法律の規定により、マンション管理業者の事務所ごとに、30管理組合ごとに1名以上の設置が義務付けられており、マンション管理会社の従業員として、マンション管理のマネージメントを行います。
 また、マンション管理業務のうち、管理業務主任者にしかできない4つの独占業務があるため、マンション管理業務の重要な役割を担っています。

管理業務主任者の業務

管理業務主任者の独占業務とは、以下の4つの業務です。

 管理受託契約前の重要事項説明
 マンション管理組合からマンション管理業務を受託する際の契約前に、重要事項を説明します。

 重要事項に関する書面への記名・押印
 重要事項を説明する際は、管理業務主任者が記名・押印した「重要事項説明書」を見せながら説明を行います。

 管理受託契約書への記名・押印
 重要事項の説明後、契約をする際に、管理業務主任者が、契約書の内容に間違いがないかどうか確認をして、記名・押印します。

 管理事務に関する報告
 管理業務の処理状況のチェック及び報告を行います。

ホーム

管理人へのお問合せは、こちら。当サイトはリンクフリーです。  
Copyright (C) 2016 独学で資格取得 - 目指せ!管理業務主任者 - All Rights Reserved.