管理業務主任者試験の試験科目、試験日程、合格率・難易度等をご紹介します!

独学で資格取得 - 目指せ!管理業務主任者 -
管理業務主任者の資格取得を『独学』で目指す皆さんに役立つ情報を発信します
独学で資格取得 - [土地家屋調査士] - [行政書士] - [宅建士] - [管理業務主任者] - [マンション管理士] - [賃貸不動産経営管理士] - [測量士補] - [司法書士] - 【総合ページ

管理業務主任者

独学で資格取得 - 目指せ!管理業務主任者 - 」ホーム管理業務主任者試験の概要(試験科目、試験日、合格率・難易度等)

管理業務主任者試験の概要(試験科目、試験日、合格率・難易度等)

 管理業務主任者の試験の概要(試験科目、試験日、合格率・難易度等)は、以下のとおりです。

管理業務主任者試験の内容(試験科目)

 想定される管理業務主任者試験の内容

試験項目  試験内容
(1)管理事務の委託契約に関すること  民法(「契約」及び契約の特別な類型としての「委託契約」を締結する観点から必要なもの)、マンション標準管理委託契約書等
(2)管理組合の会計の収入及び支出の調定並びに出納に関すること  簿記、財務諸表論 等
(3)建物及び附属設備の維持又は修繕に関する企画又は実施の調整に関すること  建築物の構造及び概要、建築物に使用されている主な材料の概要、建築物の部位の名称等、建築設備の概要、建築物の維持保全に関する知識及びその関係法令(建築基準法、水道法等)、建築物の劣化、修繕工事の内容及びその実施の手続きに関する事項等
(4)マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること  マンションの管理の適正化の推進に関する法律、マンション管理適正化指針 等
(5)上記(1)から(4)に掲げるもののほか管理事務の実施に関すること  建物の区分所有等に関する法律(管理規約、集会に関すること等管理事務の実施を行うにつき必要なもの)等

↑トップへ戻る

管理業務主任者試験の方法

四肢択一、50問の筆記試験(マークシート)

↑トップへ戻る

管理業務主任者試験の受験資格

年齢、学歴等の制約なし

↑トップへ戻る

管理業務主任者試験の試験日

毎年1回、12月の第1日曜日
令和元年度(2019年度)
【申込期間】 令和元年9月2日(月)から10月1日(火)まで ※当日消印有効
【試験日時】 令和元年12月1日(日) 午後1時から3時まで(2時間)
【合格発表】 令和2年1月17日(金)

↑トップへ戻る

管理業務主任者試験の受験手数料

8,900円

↑トップへ戻る

管理業務主任者試験の合格率・難易度、合格基準点等(過去10年間)

 管理業務主任者試験の合格率は、下表のとおり、おおむね20%程度で推移しており、国家資格としてはそれほど高くない難易度になっています。

年度 受験者数 合格者数 合格率 合格基準点
H21 21,113 4,329 20.5% 34点
H22 20,620 4,135 20.1% 36点
H23 20,625 4,278 20.7% 35点
H24 19,460 4,254 21.9% 37点
H25 18,852 4,241 22.5% 32点
H26 17,444 3,671 21.0% 35点
H27 17,021 4,053 23.8% 34点
H28 16,952 3,816 22.5% 35点
H29 16,950 3,679 21.7% 36点
H30 16,249 3,531 21.7% 33点

↑トップへ戻る

管理業務主任者試験の公式サイト

 指定試験機関として国土交通大臣の指定を受け、マンションの管理の適正化の推進に関する法律の定めにより「一般社団法人マンション管理業協会」が管理業務主任者の試験を実施しています。

一般社団法人マンション管理業協会(公式サイト)

↑トップへ戻る

ホーム

管理人へのお問合せは、こちら。当サイトはリンクフリーです。  
Copyright (C) 2016 独学で資格取得 - 目指せ!管理業務主任者 - All Rights Reserved.