Duchamp Code
▲ TOP PAGE
 
内丹術(内観法) 
 デュシャンと道教   
 ▼ 
 坎水逆流 
 
 北斗七星 
 

 七液洞流 
 

 混沌 
 

 精気神 
 

九天の気
 

 督脈/任脈 
 

 関元 
 

内丹理論
 

デュシャン・コード
 
デュシャン作品検索
 
 
 
“nei-dan” (the inner alchemy)  
マルセル・デュシャンの初期の大作、
《彼女の独身者達によって裸にされた花嫁、不二》
    La Mariée mise à nu par ses célibataires, même
 (別称《大ガラス》)1915-1923
は、北京・白雲観の 『内経図』 ( nei-jing-tu ) に依拠している。
【石川虚舟註】題名の末尾にある même は、「さえも」と誤訳されてきたが、 ロゴス(精神)とエロス(生命)は「不二」の意味。類語として「色心不二」。   ⇒ 性命双修
因に、「彼女の独身者達によって裸にされた花嫁」という言い回しは、*錬金術の図像に由来する。
  *cf. John Golding, Duchamp: The Bride Stripped Bare by her Bachelors, Even
      (東野芳明訳、みすず書房、1981、p.87)
題名の趣意は、「ロゴスとエロスの不二は、錬金術の如く アンフラマンス  (玄妙)  」。
 
  『内経図』は陰刻された縦長の碑刻であり、墨を地とするその拓本は、 ガラス絵のように地が透け、図が浮いて観える。 上部には仙山の峰々が描かれ、山中から水が麓へ流れ落ちる構図は、山水画のようではあるが、 座する身体の側面図でもある。
「泥丸宮」のある九峰山は脳であり、
「上丹田」 は両眼の間、つまり眉間の後方にある。 「中丹田」 は心臓近くに、 「下丹田」 は臍の下に位置する。
  それぞれの丹田に「気」を循環させることによって、体内に「金丹」を錬成しようとするのが、 「内丹」の行気法である。 性命双修、 つまり性(精神)と命(生命)の融合(不二)によって、 不老長生の霊薬「金丹」を錬成しようとする。
  『内経図』は、不老長生への身体的実践を促し、 デュシャンのいう「網膜的絵画」を離脱している。
     ⇒   アンフラマンス       ⇒   L.H.O.O.Q.
     ⇒   石川虚舟《石庭内経図》(僊窩)2007~?
 

北京・白雲観 『内経図』 (随風庵蔵)