Duchamp Code
▲ TOP PAGE
 
マルセル・デュシャン
大ガラス
 
デュシャン と 『易経』

 「漸」 

 「旅」 

 「損」 

 「豊」 

 「剥」 

 「艮/震」 

 「坎」&「離」 

デュシャン・コード
 
デュシャン作品検索
 
 
 
《彼女の独身者達によって裸にされた花嫁、不二》
    La Mariée mise à nu par ses célibataires, même
 (別称《大ガラス》)1915-1923

【石川虚舟註】題名の末尾にある même は「さえも」と誤訳されてきたが、 ロゴス(精神)とエロス(生命)は「不二(同一)」の意味。類語として「色心不二」。
    ⇒ 性命双修
因に、「彼女の独身者達によって裸にされた花嫁」という言い回しは、*錬金術の図像に由来する。
  *cf. John Golding, Duchamp: The Bride Stripped Bare by her Bachelors, Even
      (東野芳明訳、みすず書房、1981、p.87)
題名の趣意は、「ロゴスとエロスの不二は、錬金術の如く アンフラマンス  (玄妙)  」。
 
 咸  Sensing
陰陽の気が感応し、相和合する「咸」では 上卦が「兌(沢)」、下卦が「艮(山)」。 <沢>から水が流れ落ち、<山>の木々が潤う。
<沢>は若き女性、<山>は若き男性。
  ⇒ ENGLISH
《大ガラス》 では、上が「花嫁」、下が「独身者達」の領域。 「花嫁」は、すでに先天的な渾淪状態に穴があき、 の補強を必要とする。 このガラス絵は北京・白雲観の 『内経図』 に依拠している。
    工業的な鉄とガラスは、西洋美術からの脱却を意味するが、 デュシャンはこの作品を「ガラス製の遅延」と呼び、タブローではないとする。 ガラスの透明性は東洋画の余白、つまり「虚」に対応する。  ⇒ 石川虚舟 《大理石製の遅延》 2011
存在者全体の間に、開かれた場が存在する。 「虚」(Lichtung)が存在するのである。それは存在者の側から考えれば、 存在者よりも一層、存在している。 この開かれた「間」(Mitte)は、したがって、存在者によって取り込まれているのではなく、 「虚」なる「間」そのものが、われわれがほとんど知ることのない無(Nichts)のように、 すべての存在者の周囲を取り囲んでいるのである。
マルティン・ハイデガー『芸術作品の根源』1935/36
 Martin Heidegger, Der Ursprung des Kunstwerkes, Reclam, Universal-Bibliothek(2010), S.51.
 
 
 

《彼女の独身者達によって裸にされた花嫁、不二》
1915-1923
フィラデルフィア美術館蔵
 
 ⇒ マルティン・ハイデガー 「間/虚」