吟道清峰流

清峰流の創始


<創始 宗家 荒木清峰のプロフィール>
大正十年一月 北播にて出生、(1921)
 父が傾注する剣舞の稽古を見て「詩吟」と云うものを知り心打たれるに至った。
 昭和十四年(1939) 赤塚紫龍師を通じて紫州流、泰紫州宗家に出逢い、豊かな人柄と
人間性に魅了されて詩吟の虜となる。

 昭和十六年(1941) 太平洋戦争勃発の年、川崎重工に入社、当時学徒動員、言論統制な
ど厳しさに向かうが戦時下で健弾思想の高揚と広がりを持つ詩吟の普及も盛んになって
いった。戦後の焼け野原となった神戸の若宮公園野外ステジで詩吟を朗詠する機会を得
て、戦後の荒れた世相の中でも、詩吟は堂々と闊歩できることに誇りを持つ事ができた。

 昭和十三年(1938)から第一回吟士権者を生み、昭和十九年まで第七回を重ね七名の
吟士権者を生み出していましたが、昭和二十年一月(1946)兵庫県吟詠連盟が再建された後、
八年が過ぎ、昭和二十八年(1953)、第八回目の新しい吟士権者を生む時期が到来しました。

吟詠大会は其の年から現在に至る今日まで皆様のご努力で営々と継承されています。
荒木清峰宗家はこの年、昭和二十八年二部(指導者の部)で吟士権者となりました。

多くの役職を歴任、昭和二十八年吟功賞受賞他各種受賞。
 昭和二十八年(1953)------ーー二部吟士権者獲得      
 昭和四十九年(1974)ーーーーー-兵庫県吟詠盟事務局長
 昭和五十六年(1981)ーーーーー-兵庫県吟詠盟副会長  
 昭和六十年〜平成四年(1986/192)兵庫県愛国詩吟総連盟副理事長
 平成五年〜平成八年 (1993/1996)兵庫県愛国詩吟総連盟理事長    
その他
 財団法人日本吟剣詩舞振興会元老
 愛国詩吟総連盟顧問                  
 兵庫県吟連盟元老                      
 兵庫県吟剣詩舞道総連盟顧問      
平成二十年四月二十九日(2012)永眠





<二代目宗家 若原峰州のプロフィール>
 昭和十三年十二月 出生(1938)
 昭和三十八年(1963)-------荒木清峰先生に出逢い詩吟の世界に入いる
 昭和四十二年(1967)-------この年まで紫州流吟詠会に所属
 ーー-ーー-ーーーーーーーーこの間に兵庫県吟詠連盟一部吟士権を取得

 昭和四十七年(1972)-------兵庫県吟詠連盟二部吟士権取得
 昭和五十四年(1979)-------少壮吟士取得(五期生)            
 平成二年(1990)ーーーーー -吟功賞受賞                            
 平成十四年(2002)        吟道清峰流猶興吟詠会の会長に就任
 平成二十二年(2010)------二代目宗家襲名                        
 平成二十六年(2014)------吟道清峰流猶興吟詠会の会長退任
お蔭を持ちまして、吟士権を取得したこと、少壮吟士を取得したこと
何れも荒木清峰先生が、吟剣詩舞振興会・兵庫県吟詠連盟・愛国詩吟総連盟
におられ、絶えず私に寄り添って頂き、どれ程心強く思ったか知れず感謝に
堪えません。


  模範吟詠の頁へーーーーーーーーーーーーーーー          トップページへ戻る





『清峰流』
会員の皆様にはお元気にて吟詠を楽しんでいただいていることとお喜び申し上げます
さてここで 私たちの所属する 吟道清峰流猶興吟詠会 の生い立ちについて触れさせて頂
きます歴史を知る上で今は亡き荒木先代宗家の遺稿にその時代を共に過ごされた先生
方にも思い出をいただきまして、清峰流の歴史を共有頂ければと思います

 本会は昭和四十三年 紫洲流日本明吟会の許しを受けて関西吟詠会として発足。
 関係諸団体の先生方を始め、多くの先輩諸先生方のご指導ご鞭撻を賜りましたお陰様で
昭和四十五年に吟道清峰流猶興吟詠会として創流創設、以来五十幾星霜この間幾多の
試練を経て今日に至っております

 歴史の積み重ねに、皆様方のご理解と御協力に対し深く感謝を申し上げます
会員の皆様方におかれましては会歌にもありますよう『和を以て貴となす』の如くどう
ぞ初心を忘れる事なく、研鑚を積まれ当会の流風を更に伸ばしていただきますようお
願い致します皆様とよく協議協調して本会の層の発展と会員相互の円満な融和を
図って参りたいと存じます
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー--------------ー      

                                                                                     吟道清峰流猶興吟詠会総本部
                                                                                              宗範 会長  田中 峰翔




『 伝 承 』
「詩は志なり」とは、清峰流の根幹に据え伝承して行くべき精神であります 
詩歌は作者の心情表現の発露であり作者の感情の結晶であります。純真な感情を文字を
通じて端的に表現したものが詩歌であり此の詩歌の精神を読むだけでなくを通じ
て表現するのが朗吟であります

我々吟詠人また之から詩吟道を志す人誰でも自然を友とし自然を愛する心身の糧とする
吟詠道が、日常生活に深く取り入れられて行く事によって豊かな人生を得る事が出来ます

 詩歌の吟詠は他人に聞いて頂く事が主眼ではありませんが、自己の高唱する清吟は
知らず知らずのうちに熱烈なる作者の心情に接し自ら英傑志士偉人の度量に触れ
其の作者の人格高風を敬慕して、自らの精神修練の一助とすることが出来ます

従って吟法に定まった法則は無く故に其の節調の良否音声の善悪に凝り固まること
なく、作者の心情と詩歌の真意を理解しこれを意として吟調は詩歌の内容に基づき厳粛
豪壮に、また雄大豪胆清遠にして高邁にまたは悲痛に清吟して詠歌の精神を味わう
ものであります

                                                                                          吟道清峰流猶興吟詠会

                                                                                                           初 代   宗家      荒木 清峰  

                                                                                                           二代目  宗家     若原 峰洲