もったいない水を簡単に調節

トイレの水量を簡単に節約!

このページでは簡単に水量調節が出来る方法を紹介しています。トイレの小の水量が多いと感じたことはないですか?長い目でみるともったいないですね。

~チェーンで水量調節~

DIY道具:マイナスドライバーラジオペンチ

まずは止水栓を止めます。
タンクの横から細い管がつながれているのでわかると思います。
正面の切れ目にマイナスドライバーを差し込み時計回りに回します。
(ハンドルが付いている物もあります。)
止水栓

止水が終わったら、タンクのフタを少し持ち上げて、中をのぞき、手洗い接続管がネジやクリップで接続されているので取り外します。
ロータンク内給水ホース

○を付けているチェーンをラジオペンチで外し、長さを調整します。
(チェーンを落とさないように気を付けてください。)
この時、元の長さがわかる様に印を付けておくといいです。
(長くしすぎると小では水が流れませんので注意。)
何回か小の水を流しながら調整します。
逆の手順で接続管を元に戻し、最後に止水栓を全開にしてください。
レバー裏チェーン


このエントリーをはてなブックマークに追加

~インフォメーション~

↑ PAGE TOP