水道水漏れ修理について(ハンドルの下から編)

蛇口のハンドルからの水漏れ修理方法

このページではハンドルの下からの水漏れ修理、三角パッキンの交換を説明していますのでトライしてみてください。水道のハンドルの下からの水漏れはナットが緩んでいる事や、カバーナットの内側にある三角パッキンが劣化している事が多いです。

~ハンドル下は三角パッキン~

DIY道具:モンキーレンチ(200ミリ程度)又はウォーターポンププライヤー

まずカバーナットが緩んでいないかどうかの確認をします。
ハンドルの下のカバーナットをモンキーレンチウォーターポンププライヤーを使いカバーナットを締め付けます。
カバーナットを締めても水漏れするときは、三角パッキン(水栓ハンドル内)の劣化が原因と考えられるので取り替えをします。
それでは止水栓を閉めてください。(止水栓は家の玄関前に大体あります。水道の検針で開けている所です。)
ナットを締める

止水栓を閉めたら、水が出ない事を確認し、ハンドルの上にあるビスをウォーターポンププライヤーを使って反時計回りに回して外します。
ビスを取るとハンドルを外す事が出来るので、上に引き抜きます。
カバーナットをモンキーレンチかウォーターポンププライヤーで反時計回りに回して外します。
カバーナットの内側にある三角パッキン(水栓ハンドル内)を取り外し、新しい三角パッキンに交換します。
後は逆の手順で元に戻します。(カバーナットを強く締めすぎるとハンドルが固くなるのでご注意を。)
元に戻したら、止水栓を少し開け水漏れがないか確認します。
確認ができたら止水栓を全開にします。
ナットを緩める


このエントリーをはてなブックマークに追加

~インフォメーション~

↑ PAGE TOP